オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
映画 ガーンジー島の読書会
at 2018-06-22 03:13
2018年6月19日
at 2018-06-20 04:01
2018年6月16日
at 2018-06-17 03:27
2018年6月14日
at 2018-06-15 03:58
2018年6月13日
at 2018-06-13 23:18
外部リンク


語り合う

きのうは女友だち3人の夜でした。

f0275876_1847208.jpg


写真がうまく撮れなかったけど

おいしいパエリャや鶏手羽をごちそうになった。

(コラーゲンたっぷりだったようで

今朝は寝不足にもかかわらずお肌の調子もいいです。)


人並み外れた忙しさなのなか

いつも心のこもったおもてなしをしてくれて感動。



f0275876_18514895.jpg


もってきた材料で、テーブルの上でちゃちゃっと作ってくれたあんみつ。

(この後、もっと蜜をかけました。)


ジム帰りのわたしは日本から買ってきたソフトさきいか持参で

申し訳なかったのだが

とても喜んでもらえてよかった。


大爆笑からちょっとしんみりする話まで

午前様になるまで途切れない会話。

縁があってこんな深い仲になれたんだよなぁ、と

ふと心のなかで思っていた。


いつもありがとう!



ジムでは先週のどんよりした自分とは

ぜんぜんちがう、朗らかな自分に戻れていた。


逆にトレーナーはプライベートの問題で

ちょっと落ち込んでいたので励ましてくる。


ホームシックだとか、外国に住んでいるとか関係なく

大変なことは誰にだって起きるんだ。

そんなあたりまえなことも自分がどんよりしていると

気づかなくなる。

でも、誰でもまたそこを抜け出すこともできる。

自分の力と他人のちょっとしたやさしさで。


さて、今日もがんばろう。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-17 19:24

新しい窓!

工事前:

f0275876_17514241.jpg


右の窓の下側、

くもって、白いカビが生えている。

f0275876_17522639.jpg



2メートルくらいの男の人が2人きて、

1時間くらいでちゃっちゃっと取り換えてくれた。

f0275876_17541115.jpg


ブログ用、とお断りして写真を撮らせてもらう。

「僕が落ちてるところは撮らないでよ!」と言って

みんなで笑う。


コーヒーとクッキーも飲んでってくれたし、

家の外の廊下の水まで拭いていくと言ってくれた、

いい人たちでした。


工事後:

f0275876_17575922.jpg


きのうはどしゃぶりだったので、

気持ちのいい天気でよかった。


新しい窓はちょっぴり新しい人生のよう。

嬉しい朝です。


ちなみに、

二重窓のなかがくもってかびてしまうのは

老朽で仕方のないことで防げない、とのこと。


「あと20年はもつといいね!」と

朗らかに引き上げていきました。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-15 18:01

コラーゲン補給

今夜はコラーゲン補給メニュー。

f0275876_3521736.jpg


アルバートハインのオーガニックの鶏手羽の塩鶏を

1晩もどしたオーガニックのひよこ豆と煮て、

具だくさんの味噌汁に。


わたしはいままで東京でも神戸でも

ウィークリーマンションで鶏手羽を茹でて

コラーゲンを摂ろうとしていたのだが

今回はこれにした。

f0275876_356431.jpg


セブンイレブンでたまたま

「おでんなんでも70円になってますよ~」と声をかけられて

試してみたら、

牛すじからすばらしいコラーゲンが摂れたので。


ポイントは、汁を入れてもらうとき、

「ちょっとでいいので、すじの入ってるお汁を入れてもらえますか?」と

お願いすること。


(年配の女性がレジにいるときには

「コラーゲンね?」

「この間入れてもらったらすごいコラーゲンだったんです!」

とコラーゲン談義をしながら。

おばさん丸出しだけど、お肌のためならいいのだ~。)


ほんとうに、冷蔵庫に入れておくと

それは見事なプリンとしたゼリーになるくらい

すばらしいコラーゲンだった。


ウィークリーマンションにしょうゆなど

使いきれないものを買ってきて料理するより

これにかぎる。

新しい、旅の知恵でした。


ちなみに、おでんの横のおにぎりは

菊乃井で残ったものをおにぎりにしてくれた

ブリの炊き込みごはん。

おでんとともに至福の晩ごはんでした。


今夜は息子がアルバイトなので

夫と2人の晩ごはん。

そういえば、味噌汁には先日のパスタで残った

刻みアンチョビーをさらに細かくして

隠し味にした。

おいしいね~と何度もいいながら食べる。


食事中、突然、頭のなかに

これからの方向性について

どんどん新しい、面白いアイディアが浮かんできて

夫と2人で盛り上がる。


人生はまだまだ可能性に満ちている。

すぐには実現しないことでも

出会いを大切にしていれば

何十年かたって形になることもある。

いままでそういうことがたくさんあったから。


これからのことがず~っと楽しみだ。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-15 04:16

楽しい

わたし、オランダでいったいなにやってるんだろう?!

……そんなことを考えて途方に暮れていた

オランダに帰って最初の数日。


夜中に日本を思い出して寂しくなっていた。


ジムでは「すごい疲れてるし

オランダに帰ってきてぜんぜん嬉しくない」と

情けないことを言い、

笑われてなぐさめてもらった。


ようやく今日、

〈楽しい〉と思えた。

自分のなかの〈日本〉が薄れて

あきらめて、

やっぱりオランダもいいよな、と思う。


26年も住んでいて情けないかもしれないけれど

この気持ちの変化にいつも正直でいたいと思う。


日本も大好きでオランダも大好きで

なんと贅沢なことだろう――

そう思いたい。


f0275876_326075.jpg



f0275876_3274038.jpg

[PR]
# by orandanikki | 2013-11-14 03:29

回復中

時差ボケはこれまで日本のみで

オランダに戻ったらならないものだったのに

1週間たってもまだヘンな時間に眠くなる。


50歳を超えたせい?

あきらめて、体も心もゆっくり整え中。


晩ごはん、きのうはお好み焼き。

f0275876_371080.jpg


昭和のお好み焼き粉でふわふわ。

(ちなみにこれはさいごに焼いた

豚肉の切れたもの。エビが入ってます。)


東京駅の大丸のイノダコーヒーで

今回もまた小学校の友だちと

ご主人の会社の看板を見ながらお茶したのを思い出す。

f0275876_3131750.jpg


f0275876_314910.jpg



優雅そうに見えるけど、

この日は朝から編集者の方とお話し、

別の編集者の方とランチ、

雨のなか、増上寺にお参り、

東京駅でJRパスを使えるようにして

帰りの成田までのすべての切符を手配したあとで

しかも前夜は安楽死のお話会だったので

実はヘロヘロ、

おなかをこわしそうでケーキもクリーム系は避ける状態だった。


そんなこともすべていい思い出。


わたしは天ぷらはニガテであまり食べないけれど

昭和のお好み焼き粉は

〈仕上がり、もっとふっくら〉のキャッチフレーズどおり

感動的にふわっと仕上がる。

オススメです。


今日はひさしぶりにツナ缶とチェリートマトのパスタ。

f0275876_3363421.jpg


ふつうのトマトも入れて酸味をアップ。

トッピングのアンチョビーは細かく刻んで。

好評でみんな2杯ずつ食べてくれた。


「これ、さきちゃんが考えたパスタ」と自慢すると

「そんなことない」と息子に言われる。


たしかに。

「……ヤニーのおにいさんがこんなの作ってた」

仕事で関わりのあった

小学校の校長のおにいさんが

こんなパスタを何度か食べさせてくれたのだった。


「ほらね?!」と息子にニセ自作を咎められる。


わたしが日本に行っている間に

バジルの水やりが息子の役割になっていて

勝手にバジルを使ったことも不満そう。


「ぼくのだいじなバジルなのに

さきちゃんはplantをだいじにしない」

なにかとわたしを悪者にしたがる。


さて、体がなまっているので歩いてこよう。

もうすぐまたジムの20%割引の日に

半年分払うべく、

この2週間はトレーナーのいる土曜日のみ

もぐりで行かせてもらっているので。


しばらく家にこもって仕事しなくてはならないので

精神・肉体両面でタイヘンだけど

(日本もまだ恋しいし)、

ちゃんとそれができるようになろうと思っている。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-13 04:14

前を向いて

朝から、日本の写真を見て

涙ぐんでる自分(笑)


年とともにホームシックはひどくなるんだよなぁ。


いっそ日本に住んじゃおうか?!

いやいや、わたしがここでがんばってるから

みんな、年に1度、

わたしに会うのを楽しみにしてくれているんだ。

勘ちがいしちゃいけない。


でもね、

f0275876_1845698.jpg


帰りの成田エクスプレスのなかで

この写真を撮ったときには

日本のよさをしみじみと感じて

これからはもっと日本のことを

だいじにしていきたい、と思った。

それがどういう方向に向かうのかは

まだわからないけれど。


今朝、誰もいない家で

1人、オランダ語の発音の練習をしていた(笑)

まだ唯一できないやつ。

そんなこともやりつつ、

もっとレベルを高めつつ、

日本のこともたいせつに。


f0275876_1874137.jpg


感動した駅弁。

実家のすぐそばで製造されていた。


あぁ、日本がなつかしい!

いまからオランダ語にどっぷり漬かります。

5分日記でした。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-11 18:09

落ち込みのなか、ちょっと嬉しかったこと

Ondernemersgids.nlというインターネットサイトに

無料でわたしの翻訳会社の名前を載せておいて

(タダで載せていいか、電話がありオッケーした記憶が

薄っすらある)

あとで電話をかけてきて、

〈ノー〉という内容の録音を作成しないと

来年は有料(600ユーロくらい)になるから

録音してもいいか? と言われたのが

アントワープに行く前(6月)。


早口にまくしたてるので内容がはっきりわからないのだが

どうもヘンで納得がいかなくて

何度か録音を中断して説明を求めていたら

しつこいヤツだな、という感じに

電話を切られたのだ。


来年、600ユーロも払うなんてとんでもないから

速攻でOndernemersgidsをネットで探し出して

いますぐ無料掲載をやめるよう、メールしておいた。

「請求書ナンバーを教えてくれ」と返事がきたので

無料の掲載だから請求書なんてない、と返したきり

なにも言ってこなくなった。


ずっと気になっていたのだが

どうせ落ち込んでいるのだから、と

グーグルで会社名をチェックしてみたら

Ondernemersgidsでは出てこなかった。


グーグルでOndernemersgidsで検索すると

詐欺、と出てくる。

見てみたら、同じ手口でひっかかってる人が大勢いた。


以前、テレビで見たことがあるので

録音で安易に「イエス」と言ってしまうと

不本意な請求をされて困ったことになると

知っていてよかった。


録音を作成しないと、来年、請求書が届くことになるから、と

二重のひっかけをしてくるのだから

悪質極まりない。


「イエス」と言ってしまった人たちには

来年といわず即座に請求書が届いたそうで

ちょうどバカンスシーズンをねらい

料金滞納になるようにさえしている。


この手の方法はここだけではないらしい。

ほんとうに油断も隙もありゃしない。

とりあえず、ぜったいに「ヤー」と言わない。

そしてこれからは無料掲載もお断りしよう。


参考までに、被害にあった人たちの話(こちらから

気をつけましょう!
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-10 23:05

落ち込み

どんより、落ち込み中。

仕方ない、こんなときもあるさ。

f0275876_22352994.jpg


中庭はきれいで気持ちいい。


おやつは実家そばのコープで買ったカステラ。

f0275876_22371750.jpg


牛乳をたっぷりかけて。


さて、あれこれ考えず

やらねばならないことをどんどんやっていこう。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-10 22:39

ユニクロのおみやげ

息子の彼女におみやげ。

f0275876_22424931.jpg


ユニクロのフリース。

これは彼女の色だなぁ、と思ったとおり

よく似合ってうれしかったので写真を撮らせてもらう。

息子がふざけて変顔でピースするので

笑いのとまらない彼女。

f0275876_22465833.jpg


ごはんと味噌汁を食べる2人。

(散らかりすぎなのは見逃してください。

ちなみに、日本から買ってきたものを

手洗いして干しています。)


「ゴメンね、わたしヘンで」と言いながら

後ろから忍び寄ってまた写真を撮るわたしでした。


息子のものより彼女のほうが好みがわかる。

母とえらんだポーチも

まちがいなく彼女の好みと思ったソックスも

増上寺の天然石の御守りも

みんな喜んでくれてよかった。


マテアにもユニクロの長袖Tシャツを

色の注文を聞いて買ってきたので

届けなきゃ。


自分や家族のおみやげも含めて

ユニクロでの買い物は大きな袋にいくつも。

それでもダウンジャケット1着分の値段くらいなのがすごい。


手持ちのジーンズではけるものがほとんどなくなっていたので

(太りました!)

替えのパンツをもたずに日本に行って

早朝の成田のユニクロで

友だちがはいていたのと同じようなパンツを

まず買って、ホッ。


銀座のユニクロで

自分のダウンや息子に頼まれていたジャケットを買い、

元町のユニクロで夫と息子のルームウェアを買い、

自分のジーンズも買い、

さいごの成田でもやっぱりユニクロで

ヒートテックのキャミソールを1枚、買った。


帰りの飛行機を降りて薄着だったRくんに

「ユニクロでジャケットとか買わなかったの?

あっ、ロンドンにはユニクロあるもんね」と話していると、

前を歩いていたおばさんが振り返って

自分のダウンを指さして「ユニクロ!」

「わたしも!」と言って、笑い合った。



今日のおやつは――

f0275876_22581824.jpg


味噌煮込みとともに名古屋の友だちのくれたういろう。

勿体ないので栗のほうだけをだいじにおいしくいただいた。


今夜は息子は彼女宅泊りなので

わたしはさっとある集まりに行き

そのあと、夫とまったりするつもりだったのだが、

疲れがピークなので

家でゆっくり体を休めようと思う。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-08 23:12

味噌煮込みを食べていたら、

今日はそうじの日なのだが、

まずその前にウォルフレンさんに電話。

おじいさんの本のことを報告したらとても喜んでくれて

「嬉しい知らせで今日1日、元気でいられる!」と

こちらが嬉しくなることを言ってくれた。


おじいさんの本はウォルフレンさんとのプロジェクト。

わたしの日本行きで進めることができてよかった。

がんばらなくては。


お昼ごはんは味噌煮込みうどん。

5年ぶりに会った名古屋の友だちがくれたもの。

f0275876_224416100.jpg


はふはふと味わいながら食べていたら電話が鳴って……

なんと、窓ガラス屋さんがいまから30分後に

窓を取り換えにきてくれることに。

だいたい食べ終わっていたからよかったけれど、

大急ぎで味噌煮込みの匂いを部屋から消すのに苦労した。

(たぶん、消えてなかっただろう。)


そんな苦労も持ってきた窓のサイズがちがっていて

無駄になってしまった。

このあたりのアパートの窓が老朽化で

よく取り換えているのだが、

この通りのものだけがサイズがビミョウに異なるのだそうだ。


ちゃんと測ってから持ってくるのではなく、

持ってきてから測るっていうのが

オランダらしいなぁ。


「ゴメンね」って言ってくれたけど、

めったにない味噌煮込みうどん、

ゆっくり味わわせてくれよ~、と思った。

(ちなみに、講義が3時過ぎからの

息子も、窓を取り換える彼の部屋で

味噌煮込みを食べていて、

30分後に来ると聞いて焦っていた。)



おやつはマークス&スペンサーのダージリンで

成田空港のタリーズのワッフル。

f0275876_22515040.jpg


前夜は2時ごろまでスーツケースを詰めては重さを量り

タイヘンだったのだが、その甲斐あって

23キロまでのところを22,9キロでチェックインでき、

ようやくホッとできた時間。

f0275876_22585726.jpg


アボガドソースののったホットドッグ。

このあと、ウォールナッツのドーナッツまで食べて

おなかが苦しくなってしまった。


それでもわたしは機内での2度の食事のあいだに

アイスクリームだけではおなかがすいてしまうので

非常用にワッフルを買っておいたのだ。


行きの機内でも夜中におなかがすいて、

ロンドンから朝早く出てきたRくんは

わたしよりひもじい思いをしていた。


「わたし、すごくヘンなものをもってるんだけど……

タヒニっていう練りゴマとハチミツを塗ったパン。

息子にはピーナッツバターの匂いがニガテな人もいるから

そんなもの飛行機で食べたらメイワクだって言われたんだけど

よかったら食べる?」と聞いたら

素直に食べる、と言ったので、

出会ったばかりのRくんといっしょに食べることに。

おいしい、と喜んでくれた。


そういえば、別れるときには

エルテンスープが1箱、残っていたので

それもプレゼントしたのだった。

ロンドンでエルテンスープ、

飲んでくれたかなぁ。


ちなみに、Rくんは昔、

日本の小学校と中学校で英語の先生をしていたそうで

日本語がペラペラ。

楽しい会話はすべて日本語でした。


飛行機を降りておしゃべりしながら歩いていたら

「もう日本語が下手になってきた!」と

言っていたのがかわいかった。

そして、その感じがよくわかる! と思った。
[PR]
# by orandanikki | 2013-11-07 23:29