オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
映画 ガーンジー島の読書会
at 2018-06-22 03:13
2018年6月19日
at 2018-06-20 04:01
2018年6月16日
at 2018-06-17 03:27
2018年6月14日
at 2018-06-15 03:58
2018年6月13日
at 2018-06-13 23:18
外部リンク


<   2018年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

家宝

f0275876_21304704.jpeg


『ハリネズミの願い』10万部突破の記念に、去年から作ってくださっていた特装版が届きました。

ありがとうございました!


革装本(山羊革だそうです)で、天(上の部分)が金。

見返しの紙はイタリア製で、好きなのを選ばせてもらいました。



嬉しいので写真を何枚も撮ってみた。



f0275876_21424743.jpeg


f0275876_21432752.jpeg


f0275876_21440498.jpeg



いまは14万部。


ひたすら地味〜に仕事をしてきたので、自分のことではないみたい。


あきらめずにつづけてきてよかった。


今度、トルコ語版も出るそうなので、となりのトルコ人にも読んでもらえるのが嬉しい。


ベストセラーではないけれど自分がぜったいおもしろい! と思ったものを、日本や他の国で読んでもらえるようになるーー


その喜びをかみしめ、テレヘンさんさいごの直し、がんばろう!


この本は家宝にします。





[PR]
by orandanikki | 2018-03-30 21:30

2018年3月25日

f0275876_23362349.jpeg


スタンバイしてた仕事が朝届いていなかったので、思いきって映画に行ってきた。


仕事上、観ておきたかったものなのだが、ポップコーン食べながら楽しめた。


いまは仕事上、早く読まなければならない本を読みにスタバへ寄り道。


晩ごはんはマカロニを作ろうか?! と提案したけれど、息子と彼女が作ってくれるそう。


感謝してがんばらなくては!



南駅のスタバに歩いてきたら、ちょうどスタバ帰りのティンカにばったり。


「ありえないね!」と2人で笑い、夏時間忘れてて1時間損した(ティンカ)、映画を観てきた、
じゃあまたジムで、あるいはどこか別の場所で、と言い合って、楽しい気分でお別れした。




[PR]
by orandanikki | 2018-03-25 23:35

2018年3月24日

f0275876_19121058.jpeg


昨夜はライデンへ。


わたしの大好きなYvette van Bovenさんの料理本から、イタリア風煮込みを作ってくれていた。


留学してきたときからずっと温かな居場所があったことにあらためて感謝。

彼らもわたしも年をとって、いつまでこの時間が過ごせるのかな、という問いが現実味を帯びてきた。


嬉しさは寂しさとともにあるものだとしみじみ思う。



いっしょにやりたいね、という計画をいろいろ話したので、少しずつ実現できるといいな。



f0275876_19243979.jpeg









[PR]
by orandanikki | 2018-03-24 18:58

オニオンスープ

f0275876_07001541.jpeg


今夜は息子が本格的なオニオンスープを作ってくれた。


牛肉でブイヨンをとり、タマネギをていねいに炒め、白ワインやバターの風味を効かせて。


チャバタにガーリック風味のオリーブオイルをかけてオーブンで焼いたのとともに。


お酢やしょうゆも隠し味に入っていて、とても深い味わい。


夫と「おいしいね!」と何度も言いながら食べた。


この〈オニオンスープ〉もたいせつに心の中の宝箱にしまっておこう。



夕方、コーヒーを買いにいったSimon Leveltでプレゼントを包装してもらう間、店員のおにいさんとお互いの家の食事事情についておしゃべりしていたので、「今夜は息子のオニオンスープ」と聞いてもらった。

めずらしく、チョコも1つ試食させてくれて、シールもおまけしてくれた。






[PR]
by orandanikki | 2018-03-23 06:59

2018年3月21日

f0275876_22080851.jpeg



朝からホームドクターへ。


亜急性甲状腺炎になって2年が経ち、半年ごとの血液検査ではじめてFT4とTSHの数値が正常になった!

なにも治療をしなかったし、2月に病気だったので、きっと悪くなってると思っていたのでビックリ、嬉しかった。

ドクターも過去の数値と見比べて「治療のあとに……」と言っていたので、「治療はしなかった」と指摘。


治療せずに治るって嬉しい。


このまま検査は打ち切りにしたいところだが、もう少し確実に安定するまでは半年に1度、検査をした方がよいとのこと。


いつの日か、ホームドクターと深刻な話をして、笑えなくなることがある。

老いていく中でそれはたしかな事実。


でも、よい関係を築いておけば、そのときにもきっとなにかを笑いに変えられるはず。


半年後にまた! と気持ちよく診察室を後にした。



それから南駅で久しぶりの友だちと会い、帰りに市会議員・区会議員選挙を済ませてきた。


結構混んでいたが、外国人でsleepwetの国民投票ができないのは、その時間帯にはわたしだけだったので、事情を知らない投票委員にもう1枚、紙をもらえそうだった。


個人情報の監視と安全性、どうなんだろう?!



(写真は最近のさんぽ、いちばん好きな道)




[PR]
by orandanikki | 2018-03-21 21:43

孤独は永遠のテーマ

f0275876_19000824.jpeg


仕事が忙しいのであまり人に会わずにいたら、すごく寂しくなった。


昨夜、眠れず、母に借りてきた『孤独のすすめ』(五木寛之著)と母にプレゼントして自分にも買った『孤独を生きる言葉』(松浦弥太郎著)をパラパラと読んでいた。


これから年をとるにつれ、寂しく思うことが増えるだろうから、そんなふうに感じないようになりたい、と思っているのだけれど、それはとってもむずかしい。


結局、ライデンのお母さんに電話して、電話だけのつもりだったが、あそびに行かせてもらうことになった。


「わたしは(物理的には)1人じゃないけれど、突然すごく孤独を感じた」と正直に話した。


日本語でもこんなにストレートに言えるかな?

オランダ語のほうが言いやすいことがたくさんある。


ハリネズミ刊行時の谷川俊太郎さんとのトークイベントで、「奥さんがとなりに寝ているのに、理解しあえないのがいちばん孤独だった」とおっしゃっていた。


そのときには(えぇっ?! そんなことが……)と驚いて、谷川さんはとても恵まれた方で、真の孤独はご存知でないのかと思ったのだが、それがブーメランとなって自分に返ってきたような感じ。


夫も息子も義理の娘(とオランダ語ではいつも言っている)もいて、笑いの絶えない家庭でも、それはまたべつのこと。


孤独について、まだまだわからないことばかり。


まあ、脳とか遺伝とかもあるので、わたしの気持ちを変えていくことはむずかしい。

一生のテーマだろう。



『孤独を生きる言葉』の28番目〈不安は友だち。寂しさも友だち。〉、29番目〈レシピをシェアする。〉に共感。


この日記はその〈シェア〉の意味合いで残します。



本と写ってるかわいいハリネズミくんは親友が日本でプレゼントしてくれたHarris Tweedのもの。

わたしがここのバッグを愛用しているのを知って選んでくれた。(おにぎりくん、と命名)



孤独を感じなくなる修行は長期戦なので、とりあえずライデンを楽しみにしている。



[PR]
by orandanikki | 2018-03-20 18:59

2018年3月19日

f0275876_17210819.jpeg


きのうのジムの帰りの空。

真冬並みの寒さだけれど、夕方がずいぶん明るくなった。


晩ごはんはーー


f0275876_17241070.jpeg


ごはんと味噌汁の用意をしてからジムに行った。

塩豚は前夜漬けて、夫が焼いてくれた。

おいしい手作りのコロッケはいただきました。

サプライズ、嬉しかった。


今週はまたあとがき書き。

がんばらなくては!




[PR]
by orandanikki | 2018-03-19 17:19

2018年3月16日

f0275876_00303236.jpeg


父が亡くなって、きのうでちょうど3年だった。


きれいなお花が見つからなくて、なにかお供えしたいとイースターエッグを買ってみた。


ぜんぶちがう味で楽しみだったけれど、ちょっと期待はずれだった。



f0275876_00333478.jpeg


きのう、息子が作ってくれたアーリオオーリオペペロンチーノ。

オーブンで焼いたタラをのせて。



最近ほんとうに晩ごはんを作ってなくて申し訳ないやら恥ずかしいやら。

(ごはんと味噌汁とか青み野菜ぐらいはやってます。)


「得意料理はなんだったの?」と息子に聞かれ、「えっ……煮物とかかな。あんまり評価されなかったけど」という母。


〈おふくろの味〉という概念が息子にはないから、おいしい煮物がむずかしいことはわからない。


罪滅ぼしに、と台所に立っていても、「卵焼こうか?!」などと夫が声をかけてくれるもので、つい丸投げしてしまう。


毎日、夫と息子にお礼を言ってばかりだ。



きのう訳校直しを送り返したので、今日は久しぶりにフィジオテラピーに行ってきた。


この後もまだまだ忙しいので、メンテナンスが必要。



とりあえず今夜こそ罪滅ぼしに、夫と2人でカンタンに食べられるよう、EkoPlazaで買い物してきた。





[PR]
by orandanikki | 2018-03-17 00:29

2018年3月14日

f0275876_00313616.jpeg


すご〜く忙しいのだが、ジムで汗流して、ティンカとお茶。


人生についていっぱい話して気分スッキリ。



帰ってまたがんばろう!




[PR]
by orandanikki | 2018-03-15 00:30

2018年3月11日

東日本大震災から7年、という記事を書いたのだが、ちょうどネットの接続が悪くて投稿できなかった。


ちょっとためらいながら書いたものだったので、このままにしておこう。


毎年同じことばかり書いているけれど、命あるかぎり自分にできることをきちんとつづけなくては。



……これも投稿できず、月曜の朝。

保存されていたので、アップします。



今週半ばまでの直しのあとの予定が詰まった。

なんだかパズルのよう。


ギックリ腰は3日間イブプロフェンを飲んで体操は控えたら、4日目にはふつうにジムに行けた。


今週もがんばろう。












[PR]
by orandanikki | 2018-03-12 07:35