オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2018年12月14日
at 2018-12-14 18:50
2018年12月5日
at 2018-12-06 01:18
2018年12月1日
at 2018-12-02 04:38
2018年11月28日
at 2018-11-29 01:47
2018年11月26日
at 2018-11-27 00:56
外部リンク


Vienna

f0275876_04564998.jpeg


忙しかったのと暑かったのとで、2週間ぶりにジムへ。

やっぱり気持ちいい!

大学が休みでガラガラなのも嬉しい。


帰りにちょっと寄り道がしたかったのだが、汗をかいて顔が恥ずかしいくらい真っ赤だったので、結局、森のベンチで休憩。


この時間になにをしよう? と思って、Youtubeで大好きなビリー・ジョエルを聴いてみた。

Honesty1曲のつもりだったのだが、つづけて出てきたViennaも聴いたら、やっぱりとてもよくて、途中からいっしょに歌っていた。





やっぱり、こういう若者の気持ちを忘れずにいたい!

(リラックスできてなくて、必死でがんばって尖ってる感じが新鮮に感じられた。)


ウィーンに2日くらい言っちゃおうか?!

……と思って聴いていたが、わたしにとっては〈ここ〉も十分、〈Vienna〉なのだ、と思った。


旅人(留学生)としてオランダに来て、まだ旅をしている。

大人になって、親にもなれて、翻訳者にもなれたけど、やっぱりこの気持ちを忘れたくない。(歌とちょっとずれてても、自分にとっての〈Vienna〉は青春そのもの。)


***


家に戻って、もう1度、歌詞を読んだり、この歌の背景について調べていたら、この歌をビリー・ジョエル自身もとてもだいじに思っている、とあった。

(2008年7月のニューヨーク・タイムズ紙で、いちばん好きな2曲のうちの1曲と言っている。)

ドイツからナチスを逃れて移住してきたユダヤ人のお父さんもピアノを弾いていた。お父さんは、ビリーの幼少時に離婚して家を出て、再会したのは20代になってから。

お父さんが住んでいたウィーンでの再会。

街をいっしょに歩いているときに、おばあさんがそうじの仕事をしているのを見かけて、なんであんな年をとったおばあさんがまだ働いているのか、尋ねたら、お父さんが「彼女はまだ自分が社会の役に立ててると感じられるから、これでいいんだ」というようなことを言ったことにインスピレーションを得たとか。

だから、Vienna waits for youというのは、年をとるのも悪くない、という意味にも取れるーー

調べているうちに、そんな解釈も見つかった。


じゃあ、この歌はわたしのこれからのテーマソングにしよう! とも思った。


なんだかまとまらない話だけれど、世界中にこの歌を愛している人がいることがよくわかった。


ウィーンでそうじをしていたおばあさんについてお父さんが言っていた話について確認したかったのだが、見つからなかった。


でも、こんなすてきな動画を見つけた。





子どものときにドイツ・ユダヤのバックグラウンドをどう体験し、どう感じていたか、という話をとても面白くドイツの学生たちに語っています。ぜひどうぞ。


(写真はベンチで見ていた空。)







[PR]
by orandanikki | 2018-07-19 04:54
<< 2018年7月21日 2018年7月17日 >>