オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
2017年11月11日
at 2017-11-12 04:30
外部リンク


アントワープ、翻訳者の家

時間がたって、どう書けばいいのかわからなくなってきたので

簡単に。


アムステルダム同様、アントワープにも〈翻訳者の家〉というのがあって

1ヵ月、住ませてもらえて、生活費ももらえる、というシステム。

文化関係の予算が削られていくなか、

贅沢なことだと思う。


アムステルダムには5人の翻訳者が同時に滞在できるのだが

アントワープは2人。

不思議な共同生活で、

まったくの他人だった2人が突然、

ディープな会話をしていたりすることになる。

いろんなことがありました。


自室にトイレとシャワーがあるのだが

f0275876_421853.jpg


いちばん奥がわたしの部屋。

f0275876_4233165.jpg


手前のドアの外が共同のキッチンなので

トイレやシャワーのとき、バスルームのドアがないのが

ちょっと恥ずかしい感じ。


部屋には鍵がかかるから

そんなには気にならなかったような、

相手のいる前で鍵を閉めるのも気まずくて

やっぱり気になったような。


朝のトイレタイムはなるべくなら

相手が起きる前に済ませたいのだが、

起きてきてしまってキッチンにいる場合には

さりげなくYou Tubeで音楽を流したり。

(ぜんぜんさりげなくないか 笑)


そんなには気にならないけど、

やっぱり気になる――

何十年ぶりかの他人との共同生活は

まさにそんな感じで

自宅にもどってきたときには

正直、ホッとしました。


気になる相手はスペイン人50歳男性。

気楽な独り者。

あちらの食事時間が

4時にランチで10時に夕食だったので

数回しかいっしょに食事はできなかったのが

ちょっと残念だった。


まぁ、いろいろあったけれど

めったにできない面白い経験でした。

(ここに書けないのが残念!!)



仕事面ではわたしは他の翻訳者がドタキャンした

ピンチヒッターで呼んでもらったので

現在、フランダース文学を翻訳中、というわけではなかった。

でも、ちょうど、

『残念な日々』のなかの1章が

クレストブックスのアンソロジーに入れてもらえることになったのが

不思議な偶然でした。


会いたかった作家の方たちにも会わせてもらったし

ぜひまた面白いフランダース文学を紹介したい。

たくさんの文学基金の方たちに

熱心にフランダース文学について語ってもらったり

とても親切に対応してもらったりしたこともあるし

自分自身、おもしろいと思える作品にも出会えたので

これから形にしていきたいと思っています。


f0275876_564888.jpg


オランダ1,2,3がふつうに見られるので

家と同じ番組やニュースを見ていた。


スペイン人ともう1人の翻訳者と話をしていて

「ぼくはオランダの重要なニュースはすべてフォローしている」とか

「小説のなかに出てくる場所はかならず実際に行ってみる」とか

言っていたのだけれど

それではけっして知ることのない

日常のこと――

近所の人とのつきあい、

トラブルがあって対処しないといけないこと、

子どもの学校のことなど、

ニュースの画面からは出てこないし

短期の滞在では体験しない

楽しいこともわずらわしいことも

いっぱいあるのだ……

ということも話させてもらった。


f0275876_5204350.jpg


屋上テラス、ステキでした。

f0275876_5224593.jpg


友だちと語りながら過ごしたり

f0275876_5254920.jpg


1人でフィットネスルームで走ったあと

きれいな夕日を見たりしていた。


長くなってしまったけれど

いろんな偶然の上に成り立っていたアントワープでの時間。

ラッキーだったよね、で終わってしまわぬように

縁をたいせつにがんばっていこうと思っています。
[PR]
# by orandanikki | 2013-08-03 05:35

ただいま!

f0275876_22481974.jpg


ワッフルの国から帰ってきました。

f0275876_22491431.jpg


翻訳者の家で使っていたマグカップ2つ。

デルレイのチョコレート。

なつかしのスーパー、デレーズのクッキー。

帰った日の夜、みんなでお茶。


f0275876_22544097.jpg


文学基金の人たちと何度か行ったカフェ・ワットマン。

トラム広場にあって、

昔、トラムの運転手のことをこう呼んでいたそう。


f0275876_2258657.jpg


迎えにきてくれた夫と日曜のブランチ。

心がのびのびして、ホッとして、なにもかもが楽しかった瞬間。


翻訳者の家のことや、

楽しかったことや大変だったことについては

また時間のあるときに

書いてみたいと思います。


f0275876_234911.jpg


ときどき、1番上の丸いところでお茶を飲んでました。

ほんとうに貴重な体験でした!
[PR]
# by orandanikki | 2013-07-30 23:08

小旅行

帰りの日が近づいてきたので、

行きたかったところへ。

f0275876_314543.jpg


まずは腹ごしらえ。

こんなところに座れてしまうのも、ツーリストだから。

ソーセージとトマトとケチャップをはさんで

つぶして焼いたパニーノが

ぱりっとしていて、とてもおいしかった。


f0275876_3192033.jpg


「昔はマルグリットのシュールレアリズムの世界みたいに

現実の生活もシュールで、そんなベルギーのことが好きで

誇りに思っていたのに……」


いまは社会が変わってしまって残念だ、と

ベルギー人の友だちが話していたのを聞いて、

大学生のころにシュールレアリズムが大好きだったのを

思い出したのだ。


行き先はブリュッセル、マルグリット美術館でした。

マルグリットの作品のなかにはめこまれた雲や自分。

いろんなものが幾重にもかさなるこの1枚が、

忘れてしまっていても自分のなかに残っていた

シュールレアリズムを

象徴しているような感じがした。


f0275876_3232861.jpg


雨のあとの、ぽっかり浮かんだ雲たちが

マルグリットを思わせた。


f0275876_325176.jpg


今朝、新聞を取りにいって

ステキな男性や女性が颯爽と出かけていくなか

管理人さんとスッピンで長々と立ち話をしているとき

ブリュッセルに行きたいんだけど暑くて迷ってる、と言うと

「腕にさわるとしあわせになる像があるの。

いまの世の中、みんな、そんな恩恵にあずかりたいものよね。

ぜひいってらっしゃい」と言ってくれて。

その言葉で踏ん切りがついたのだ。


「なんだかややこしい名前の女性」と言っていたのだが

〈セルクラースの像〉だった。

大切な人たちのことを考えながら

なでなでしてきました。

(昔、家族みんなでやったのを思い出した。)


f0275876_3323011.jpg


小便小僧くんも健在。

服を着せるのはやめたのだろうか?


こんなにおもいきり観光客というのも気持ちいい。

旅人の気持ちになるのも楽しい。


いろいろ、大変だったことから距離を取ることができて

リフレッシュできた。

貴重な小旅行になりました。


もうすぐ帰ります!
[PR]
# by orandanikki | 2013-07-27 03:47

いってきます!

さいごはやっぱりー―


f0275876_1582946.jpg


メルセデスと。

(興奮して喋っていたので、写真、撮り忘れるところだった。)


スペイン語で自己紹介できるように

教えてもらった。

(スペインに行くわけではないけれど。)



さいごの晩ごはん。

f0275876_2422099.jpg


胃の調子があまりよくないので

きのうと今日はポトフにさせてもらった。

今日はオーガニックのひよこ豆とミートボール、

生しいたけをプラス。


いただきもののレトルトのお赤飯の賞味期限が迫っていたので

息子が大学2年に上がれることと

わたしの旅立ちを祝うような感じで

3人で少しずつ食べました。



明日はどうやら2人で滞在先まで送ってきてくれるよう。

3人でランチするのが楽しみ。


今日は息子に「さいごのランチだから

2人で冷やしうどん、食べようか?」と言ったのだが

彼女とパタット(フライドポテト)を食べるほうをえらんだ。

「パタット、ひさしぶりだから楽しみ」と言って。

そんな息子に育ってよかった!


さてさて、明日からしばらく日記はお休みです。

せっかくの機会だから

なるべく多くの時間を

やりたかったこと、そこでしかできないことに費やしたい。


もしかしたら書きたくなって書くことがあるかもしれないし

早めに帰ってくるかもしれないけれど

基本的には7月いっぱいはいない予定です。


メールは毎日、チェックするので

なにかあればぜひ。


50歳の冒険に

いってきます!


f0275876_256935.jpg

[PR]
# by orandanikki | 2013-07-02 03:05

夜の運河

土曜日。

出発前、さいごのジムのあと、スタバへ。

f0275876_23351148.jpg


ジムではさいごのマッサージ。

ゴブレットスクワットの効果が出て、

腰の状態がよくなっていた。


2週間前に話したとき。

いっしょうけんめい仕事をした結果としてではなく

降って湧いたようにラッキーなことがあるのは不安、と言うと、

いままでの仕事全体を評価してもらったからだろう?

と言ってくれたトレーナー。


体もメンタル面も彼のおかげで

随分、たくましく成長させてもらった。


* * *

その後、友だちとレバノン料理へ。

f0275876_2351174.jpg


色んなものが並んで、楽しくておいしい。

f0275876_23522990.jpg


f0275876_23531977.jpg


デザートまでがっつりと。

料理もおしゃべりも満喫しました。


* * *


帰り道に彼女がちょっと歩こうと言って

夜の運河を見ながら歩く。

「ここが好きなの」とお気に入りの風景を教えてくれる彼女。


その声にべつの友人の声が重なる。

「ほんとうにキレイな街だよねぇ」……

20年以上前のこと。

おたがいに仕事だったり恋愛だったり

大変なことの連続で

明るい気分ではなかったのだが、

いっしょにインド料理を食べて

毒を吐いたあと、

運河沿いを歩いていて

思わず、彼女の口から漏れた言葉だった。


走馬灯のようにいろんなことが駆け巡るなか、

昨夜、わたしは言っていた。

「わたしたち、アムステルダムに住んでるんだよね!」

一瞬、きょとんとしたあと

「そうだよね~!」と言ってくれた友だち。


あたりまえだけど、あたりまえじゃない。

アムステルダムに住んでるって……

いったい人生、どうなってこうなったんだろうね。

不思議で楽しいこと。


ちょっと疲れていて、もっと話せたらよかったな、と思ったけれど

彼女とはおばあさんになるまで

きっとアムステルダムで何度も何度も話せるはず。


昨夜、彼女にプレゼントしてもらったステキなカップで

ミルクティーを飲みながら書きました。

f0275876_012271.jpg


ありがとう!

おばあちゃんになっても運河沿いをいっしょに歩こうね。
[PR]
# by orandanikki | 2013-07-01 00:05

ドキドキした~

きのうはビジネス上の気の重い話し合いだった。

f0275876_18264956.jpg


ホテル・アメリカンへ向かう。

f0275876_18274897.jpg


ハリー・ムリシュさんがいつもいた場所。

苦しいときの神頼みのように

ムリシュさんに(どうかわたしを護ってて!)とお願いしつつ。

f0275876_18294971.jpg


相変わらずキレイだな。

f0275876_1830389.jpg


相手を待ちつつドキドキしながら飲んだミルクティー。


話し合いの結果。

どちらもわだかまりが一切なくなった、とは言えないけれど

笑顔で抱き合い、気持ちよく別れられる状態にもっていけた。


は~っ、よくがんばった。

ポルダーモデルの精神。

話し合いはほんとうにだいじ。


* * *

精根、使い果たして、友だち宅へ。


f0275876_18361971.jpg


写真がうまく撮れていないけど

またまた心のこもったおいしいごはんをごちそうになった。


サーモンのホイル焼き。

昔、鱈とかでやったことはあったけれど

脂が染み出るサーモンのほうが格段、おいしい。

下に敷いたタマネギが甘くて、

上に載せたキノコとサーモンがよく合って

とってもおいしかった。


子どものころに実家で定番だった、というマヨネーズを載せると

またちがったおいしさが広がった。


いつもほんとうにありがとう!



出発までにもう1回、彼女と子どもたちに会いたい――

そう伝えたいと思っていた数日前。


韓国の店で床にかがんでうどんを選んでいるとき

(あ、後ろにいるのは彼女だ)と思って

立ちあがって振り向いたら

ほんとうに彼女だった。


「わ~っ、いま、気配がしたの…」
「え~っ、ゾクッとするね」

と笑い合ったのだが

またしても、メールいらずのテレパシー、

しかも気配まで感じられて

アンテナの感度が高まっている感じ。


この状態をキープして、

滞在先でもいいものをたくさん引き寄せてこよう。
[PR]
# by orandanikki | 2013-06-29 18:57

寝る前の短い日記

f0275876_6243588.jpg


リルヤの花の絵が祖母のチューリップの絵と

カフカの絵はがきの間にぴたりとおさまった。

額縁を買わないといけないところだけれど

目の前が心地よい空間に。


f0275876_6272442.jpg


きのうの鍋の残りの味噌汁、サバの燻製、卵焼き。

緑の野菜がなかったけど、具だくさん味噌汁なので。


「もうすぐパパの卵焼きが食べられなくなる。

寂しい……」


夫はきっとわたしが望めば、

滞在先に卵焼きを作りにさえ来てくれるだろう。

(ちょうど夫もバカンス中なので。)


まさかいくらなんでも

「卵焼き、作りにきて」とまでは言わないけれど、

来てくれるはず、と思うだけで心が温かい。


* * *

ちょっと仕事でトラブル。

理不尽なことを言われて

ブルブル、ワナワナなところを

日本人の頼もしい方が今日、何度も

大丈夫、こちらに落ち度はない、と励ましてくれた。

おかげで冷静に話し合いに向かえそう。

ありがとうございます。


きのうもリルヤと話したのだが、

どうすることもできない事や人間関係は

誰の人生にも形を変えて

エンドレスに現れるもの。


そういうことを気にするのはもうおしまい……

リルヤとそう決めた。


卵焼きとあたたかな励ましで

嬉しい気持ちになれた1日でした。
[PR]
# by orandanikki | 2013-06-28 06:42

オランダでいい歯医者さんに出会えた

タイトルどおり、すばらしい先生でした。

若い男の子、マタイス先生。


前回の女性はわたしと目を合わそうとしなかった。

マタイス先生はきちんと話を理解してくれ

8月に予約を入れていた中国人のチャン先生がするはずの治療を

今日してくれ、8月の予約はその場で取り消してくれた。


自分ならば料金は必要ないが、ここはチャン先生の歯科医なので

彼の判断はわからないけれど、

最悪のシナリオで前回の仮の詰め物に払った113ユーロ、

そうでなければ一部を払えばいいはず、とのことだった。


とてもていねいに治療してくれているのが感じられたし

説明もわかりやすかった。

デンタルフロスもいい感じでできるようになり

長年の苦渋から一気に解放された。


(1000ユーロ自腹で出したクラウンと

その手前の歯の間の隙間が大きすぎて、

どうしても食べたものが詰まってしまったから。

クラウン自体の出来も悪く、

2度、タダで取り換えてもらわねばならず

余分な時間とエネルギーを奪われた。)



考えてみたら、他の先生がもっとひどくて

チャン先生がマシだっただけだったのだ。


帰りに受付のおばさんに「うまくいった?」と聞かれ

「マタイスにとてもよく治療してもらった」と言うと、

「マタイスがいいのよ~」と打ち明けるようにしみじみと。


だったら最初から教えてくれたらよかったのに! と思ったけど、

言われても、実際に治療してもらうまでは信じられなかっただろう。


オランダ人は体が大きいから細かい作業には向いていない、

中国系の先生のほうがいいはず――

そう信じていた。


マタイス先生、すばらしい。

「じゃあ、マタイスに替える?」と聞かれて

「うん、お願い!」と答えていた。


これから、年に2度、マタイス先生に会えると思うと

大嫌いな歯医者が少し楽しくなりそう。


よかった!


* * *


帰りに手術したばかりのリルヤのお見舞いに。

といっても歯医者からリルヤ宅が近くて寄ったので、手ぶらで。

f0275876_005069.jpg


チキンスープをごちそうになり、

療養中に描いた絵をもらい、

f0275876_02799.jpg


きのう焼いたというおいしいケーキとおいしいコーヒーをごちそうになる。


2人とも夢があって楽しいし、

夫にだいじにしてもらっているし、

人生、嫌なこともあるけどいいこともいっぱい、と話す。


ちょうど先週、『ノルウェーの森』を読み終えたところだそうで

ワタナベくんについて熱く語っていて、

嬉しくなってしまった。


歯の問題が解決し、

リルヤにも会え、

少しずつ出発が近づいている。
[PR]
# by orandanikki | 2013-06-27 00:15

オランダのヘタクソ歯医者に困る

朝一で歯医者に電話。

先週、仮に詰めてもらった詰め物が

超調子悪くて。


そのときは夫のコントロールについていき、

ゴリ押しでやってもらったので

文句言えなかったのだが、

113ユーロの請求書が来て。


まぁ、それでもアポなしで行ってやってくれたし

帰ってくるまでの仮詰め物、ということで

ガマンしようとしたのだが

なにか食べるたびに

そこで噛まなくても

隙間に食べ物が詰まって

とっても調子が悪い。

歯茎も疼いてきたような。


とりあえず、夜間のテープが回ってる早朝から電話して

一番乗りで午後1時にアポを入れてもらうことに成功。


前回はアポなしだったので遠慮したが

今日は自分のフロスを持参して

自分でその場で試させてもらおう。


怒っても無駄だから

(なんでこんなに下手なのか、と思うけど)

冷静に状況を説明して、

とにかく自分の意向が通るように。

めんどくさくてもクリアしていかないと。


また113ユーロも払わされたら困るので

「修正に行きたい」と明確にし、

「修正ですね?」と確認。


いつもの中国系の先生だと月曜日まで

待たないといけなかったので

オランダ人の先生。

前回やってくれた下手くそな人よりは

マシなことを祈りつつ。
[PR]
# by orandanikki | 2013-06-26 16:10

Nothing but literature

f0275876_319268.jpg


アルバートハインでサクランボが2e gratis (2つ目タダ)。

2,79ユーロでたっぷり1キロ分、おいしいサクランボが買えた。


マークス&スペンサーのジンジャークッキー、やっぱりおいしい。

ミルクティーは最近、また買うようになった

Simon Leveltのアンブーシア・セカンドフラッシュ(夏摘みダージリン)。

やっぱりわたしはダージリンのミルクティーがいちばん好き。


f0275876_327624.jpg


コッテージパイとなにを合わせようか、と

とりあえず冷凍食品のコーナーでグリンピースをえらんでいたら、

となりにジェイミー・オリバーのフィッシュケーキがあったので

イギリス特集にすることに。


f0275876_3302848.jpg


コッテージパイはなんと、

紙箱の中にむき出しで、イモが干からびた状態で入っていてビックリ。

オーブンで焼いたら汁けがたっぷりなのに不思議な感じ。


f0275876_3342719.jpg


どちらもおいしかった。

コッテージパイは機内食っぽい感じなのだろうけど、

わたしはふつうにおいしく食べました。


フィッシュケーキもおいしかった。

ジェイミー・オリバーはアルバートハインと提携していて

消費者は名前に乗せられてる感じだが

あまり馴染みのないイギリス料理っぽいものが

手軽に楽しめていい。


何年もヨーロッパ大陸から撤退していた

マークス&スペンサーも戻ってきてくれたし

イギリス好きには嬉しいかぎり。


ちなみに、マークス&スペンサーは

カルファーストラートのV&Dの前あたり、ムントの塔近くにあります。


コッテージパイが3,85ユーロ、

フィッシュケーキが4個で4,85ユーロでした。



* * *

f0275876_3504182.jpg


2年前にプラハで買ったカフカの絵はがき。

数日前に壁に貼ってみた。


もう文学なんて、と絶望していた時期もあるけれど

やっぱりここに戻ってくる。


いま、まわりに文学がいっぱい集まってきている。

ほんとうに好きなものは一生、だいじにしよう。



(故郷の芦屋川の絵はがき、

祖母が亡くなる1年前に描いた

わたしの送った球根から咲いたチューリップの絵、

母がいつか置いていってくれた御守りとともに。)
[PR]
# by orandanikki | 2013-06-25 04:02