オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
秋のアムステルパーク 2017
at 2017-11-20 04:16
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
外部リンク


<   2017年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2017年6月30日

f0275876_23403531.jpg


ひさしぶりに文学基金で話し合い。

(このあいだ行っていたのはフランダース、

今日はオランダのほう。)


ハリネズミのことをとっても喜んでくれた。

(偶然、刊行からちょうど1年の日に!)


「いままで訳した本のリストがすごい」と言ってもらえたのがものすごく嬉しかった。


なんでわたしはこの本が訳せないのかな?! と思うことが多々あったけれど、あれは神さまが止めてくれていたような気がする。

リストはとてもだいじで、あとから消し去ることのできないものだから。


そして、とっても嬉しくて楽しみな話になった。

ワクワクしながらまた次のステップに向けてがんばろう。


まずはテレヘンさんの新しい本!

その先も1歩ずつ進んでいこう。


お祝いしたい気持ちでケーキを買ってかえってきたら、ちょうど息子がミルクティーを淹れてくれていた。


f0275876_23505661.jpg


このあいだアルバートカイプで買った

このテーブルクロスが気に入っている。






[PR]
by orandanikki | 2017-06-30 23:39

2017年6月29日

ゲラを取りに来てもらう予約を

メールで入れたら、

あちらの手ちがいで

速攻取りに来たのでビックリ。


気のいいおじさんで

明日届けられる約束だった封筒だけ

置いていってもらう。


メールの相手に事情を説明し、

実際のアポが消えていないことも確認。

これで安心してゲラに集中できる。


晩ごはんは--


f0275876_03055808.jpg


今年初のハーリング(塩漬けニシン)。


今年のはぷりっとしてて、

生臭さがなくてとてもおいしかった!


キベリング(白身魚の揚げ物)は残り少なかったので、「いまあっちで揚げてるの?」と聞いたら、揚げたてを出してくれた。

こちらも大満足でした。


「昔はよく食べていたのにね」と

息子が言ってたように、

最近あまり食べなくなっていた。


今年はおいしいハーリングを

何度も食べよう。


ライデンに住んでいたころは

お寿司なんて売ってなかったから

中華のお店で買った中華っぽい匂いの

ごはんを炊いて、

貴重な海苔でハーリングを巻いて食べるのが

わたしにとってのお寿司だった。


よくオランダ人の友だちにも

その食べ方を味わってもらったし、

1人で食べるときは

目を閉じて集中して味わうくらい

好きだった。


いま書いていて、その感覚がありありと浮かんできて、ぐんとライデンの部屋に戻っていくような感じがした。



さて仕事がんばろう。



さいごに、

かわいいウサギ。


f0275876_03194982.jpg




[PR]
by orandanikki | 2017-06-30 02:59

2017年6月28日

テープおこし終了。

明日からはゲラ、がんばって読もう。


晩ごはんに近所のベトナム料理屋から

夫にテイクアウトしてきてもらった。


f0275876_04471485.jpg

フォーがかたまってて

食べづらかったが

(おなかペコペコだったので

とりあえずこの状態で食べはじめ、

徐々に汁に沈めていった)、

焼きめしや豚の角煮や揚げ春巻きなど

いろんな味を堪能した。


今日はジムで汗びっしょり、顔真っ赤で

ミッキー(いちばん最初のトレーナー)に

「ここでこんなになるんだから、

あっち(トラムで行くほう)の暑さに

堪えられるかわからない」と言うと

「ぼくが涼しい風になるよ」と言ったのが面白かった。

「あっちでぼくを見たら、

涼しい風だ、って思って」って。


さらっと冗談としてこんなことが言えるところ、楽しくていい。





[PR]
by orandanikki | 2017-06-29 04:44

2017年6月24日

今週はひたすら翻訳。

あと4ヶ月で訳し終えるところまでたどり着いた。

今日はトラムに乗って行くほうのジムへ。

昔から知ってるおっさんにいっしょにトレーニングしようと絡まれる。

「前にいっしょにトレーニングしていた彼女とは完全に終わったんだ」って言われても、まったく興味ないし。

トレーナーにおしゃべりのついでに話したら、きっぱりと注意してくれた。

まったく自分のことが見えてなく、他の女性にも声をかけているらしい。気の毒な人。



トラムでそのままベートーベンに出て、スタバでお茶。1度、試してみたかったダンキンドーナツを買って帰ってきた。


f0275876_02500083.jpg


ナイフで切り分けてぜんぶ食べてみた。

ミスドのようにおいしかった。

右上のチョコのが世界でいちばん売れているそう。


晩ごはんは久しぶりに夫がステーキを焼いてくれた。

f0275876_02520519.jpg


たっぷりキノコをのせて。

おいしかった。


ものすご〜く忙しい6月もあと1週間。

7月もまだまだ忙しい。

来週はまずテレヘンさんインタビューのテープおこし、がんばらなくては。



[PR]
by orandanikki | 2017-06-25 02:39

2017年6月22日

f0275876_16375138.jpg


アントワープのランチ。

このとき、イタリア人のエヴァと心のかよいあう会話ができた。

とつぜん、「いまイタリア語で話しちゃった。可笑しいよね……きっと気持ちがつうじたから、ふつうにイタリア人と話してる気分になったんだと思う」と言ってくれて、嬉しかった。

わたしも、オランダ人や外国人の友だちと話していてふと日本語が出ることがあるのでよくわかる。


f0275876_16425819.jpg


空港にりえさんを送っていく前に

さっと2人で食べたワッフル。

こんなに何度もアントワープに来てるのに、実はブリュッセル風ははじめてで、感動的なおいしさだった。

(温かくて、とっても薄くて軽い。)



いつも食べている屋台のものも、せっかくなのでりえさんに食べ比べてもらった。

そのとき前に並んでいた移民の女の子がお母さんを助けて、オランダ語でハキハキと注文している姿が2人ともとても印象に残った。

文学のことだけでなく、社会の何気ない一面も見てもらえてよかった。





f0275876_16500925.jpg


ちょっとちがう話なのだが、FBの本好きの友だちが『檸檬』の感想を書いていたので探してみたら、17歳のときの読書日記に当時の自分の感想が見つかった。

〈りぼん〉の付録のノートに綴りはじめて、オランダに留学するまでつづけてた。

『檸檬』の前は『プールサイド小景』。

ほんとうに純粋に読むことが好きだったなぁ。


りえさんともアントワープで色んな人と面談して実感しあったことーー

やっぱり、ほんとうに本が好きな人でなければ、編集者も版権担当者も文学基金のスタッフも翻訳者も務まらない。


いま、アントワープの面談をきっかけに、たくさんの本が手元に届いている。

情熱をもって勧めてもらった本を紹介できるように少しずつがんばろう。


『檸檬』も何十年も前にたいせつにオランダにもってきて本棚で眠っていたので、また読んでみたいと思う。






[PR]
by orandanikki | 2017-06-22 16:35

FLANDERS LITERATURE

パブリッシャーズツアーは各国の出版社の方をご招待して開かれるものなので、わたしはりえさんの通訳として特別参加させてもらった。

(フランダースとオランダの各出版社との個別面談はオランダ語にしてもらったが、みんないっしょの英語でのプログラムはなかなか自分でも理解しきれず、ぜんぜん通訳の役を果たせず申し訳なかった。)

図書館や博物館を案内してもらったり、作家たちとの出会いの場があったり。

フランダース文学基金の方たちの熱意がとてもよく伝わってきた。

プロモーションが仕事なのだからあたりまえといえばそうだけど、ほんとうに本が大好きだということがほとばしり出ていた。

そしてフランダースの土地柄なのか、細やかで、気品があって、彼ら個人の人間性がほんとうにすばらしいと、りえさんと感動した。


f0275876_19043610.jpg


ミヒールさんとエリーゼさん。

ミヒールさんは本の内容を情熱的にとてもわかりやすく、興味がわくように話してくれるのが以前から印象的だった。彼のすばらしい語りをりえさんにも聞いてもらえた。

ミヒールさんのジョークがわたしにはツボ。

「あなたたちにとってはじめてのフランダースの作家との出会いですね……そう、彼らはこんな姿をしています」と言うと、作家の方たちも爆笑。

揚げ物の夜、なかなか減らないフライドポテトの山について。「これが前菜でこれからメインが出てくるから、前菜を食べきるように!」


f0275876_19050628.jpg


若いスタッフのリンさんとヨーさん。

いろいろ大変なのに常に笑顔で気持ちのいいおもてなし。

この2人の存在は大きかった。


百聞は一見に如かず、とはほんとうで、やっぱりその場に行き、実際に作家の方たちとお話しすると印象がぜんぜんちがってくる。

事前にパンフレットではそれほど興味がなかった作家に会って、がらりと印象が変わったこともあれば、楽しみにしていたのに実際に会って残念ながら興味が薄れた、ということもあった。

わたしがお目にかかりたかった方には「この本がいつか私たち2人の本になることを願って」という言葉をサインとともにいただいた。

もうこれはがんばるしかない!!


オランダ語から日本語に、大人の文学を翻訳できる人の絶対数がまったく足りていない現状をどう変えていくか、ということも話し合った。

少しずつ、将来、変わっていくように。

わたしはとにかく、わたしが訳した本を読んで自分も訳してみたい! と思ってもらえるように、たいせつに翻訳をつづけることがいちばんだいじ。


各国の参加者と、ニュースとはちがうその国の実情について話し合えるのがとっても楽しかった。

参加者全員が気持ちのいい人ばかりだったのも、みんな〈文学〉という共通のパッションをもっているからだろうか。

もっともっと世界の色んな人と話がしてみたい気持ちになった。

また将来、こういう機会があるといいな。そのためにも仕事がんばっていこう。


フランダース文学基金の英語版サイトがリニューアルして、すばらしく充実しているので、ぜひご覧になってくださいね。










[PR]
by orandanikki | 2017-06-18 19:03

2017年6月16日

f0275876_22101607.jpg


アムステルダムでテレヘンさんにインタビューをしてから、りえさんとともにフランダース文学基金主催のパブリッシャーズツアーに参加してきました。

ハードスケジュールだったけど、ほんとうに楽しかった!

またあらためて書きたいと思います。


f0275876_22124372.jpg


ステキなレストランのディナーとは別に、これだけはみんなに食べてもらいたい! とプログラムに組み込まれていた揚げものの夜。

各国の方たちがビックリしている中、自分にはふつうで、日常のたまのお楽しみであることにもビックリ。


いま強く思っているのが、この英語のフィーリングをキープしたい! ということ。

息子と英語で話してみたり、BBCを見てみたり。

まだ頭の中に英語が残っていて、ちょっと外国に行くと英語脳になる、と日本で色んな人が言っていた気持ちがわかった。

30年経ってもオランダ語で完璧に自然に話せるわけではないので、そんなことないでしょうと思っていたのだけれど、突然の外国語のインパクトというのはやっぱりある。

ものすごく英語が習いたくなっている。短期留学もしてみたいな。

「わたしの英語、ヘタでごめんなさい」という枕言葉ではじめて、「あなたの英語はとってもいいよ!」と言ってもらえるのも楽しかった。

オランダ語でそんな言い訳はもちろんできないし、「あなたのオランダ語はとってもいいよ!」って言われたらビミョウな気持ちになるから。


楽しい体験をさせてもらったことに感謝。

これからますますがんばりたい気持ちになって帰ってきた。





[PR]
by orandanikki | 2017-06-16 22:09

2017年6月1日

f0275876_15502261.jpg


きのうは若い方と食事。


〈オランダに住んでるから〉とか〈翻訳をやってるから〉という理由だけでは人とつながれない。

つながるとしたら、〈楽しいことをやって生きている者どうし〉ということだけ。

住んでる場所も年齢もやってることも関係なく、つながれる人とはつながれる。

ーーということがすっとつうじて、楽しい話がいっぱいできた。


6月はものすご〜く忙しいので

しっかりがんばろう、と思う朝。







[PR]
by orandanikki | 2017-06-01 15:49