オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
韓国ラーメン鍋
at 2017-12-11 05:03
嬉しかったこと
at 2017-12-11 04:22
2017年12月9日
at 2017-12-10 04:26
2017年12月7日
at 2017-12-08 03:45
2017年12月3日
at 2017-12-04 05:21
外部リンク


<   2017年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オランダの教育の問題点

*12歳から、教育レベルのちがう子どもどうしの交流がないこと。

(フランスでは14歳、フィンランドでは16歳まで

レベルのちがう子どもたちが同じクラスで勉強。)


*小学校から職業訓練校に進学すると、

14歳で職業を選択せねばならないこと。

途中で進路を変更するのは本人にとっても大変だし、

学校側には財政的に得にならないので

より高い教育を受けることが奨励されない。


*小学校の担任が教育レベルのアドバイスをするが

親の教育レベルで判断されがち。



12月に紹介した番組の続編。

とてもわかりやすく問題点について解説されているので、ぜひどうぞ。

Het onderwijs: Ze denken dat ik dom ben, Deel 2



middenschoolという、ギムナジウムから職業訓練校までの

あらゆるレベルの子どもたちが同じクラスで学ぶ中学もあるそう。

レベルの高い子が低い子の学力に下がってしまうより、

低い子のレベルが上がるという利点が見られるという。


でも、これをオランダ中のギムナジウムの親が望むかが問題。


遅咲きの子どもとか、親の教育レベルの低い子どもの中に

才能あふれる子が大勢いるはず。


12歳、14歳で人生が決められてしまうなんて

個人にとっても社会にとってもものすごくもったいない。


〈オランダの子どもが世界でいちばんしあわせ〉と聞くたびに

そのあとでしあわせでなくなるのなら、ただ残酷なだけだと思う。


これからどうすればこのまちがったシステムを正して

よりよい教育、よりよい社会に変えていけるのだろう……?
[PR]
by orandanikki | 2017-01-03 22:51

2017年1月2日

向かいのトルコ人一家に

1月に2人目の男の子が生まれる予定だったのだが……


きのう、ドアにかわいい飾りつけがしてあって

あ、もう産まれちゃったんだ、とわかった。


まだお知らせのカードとかもらってないし

どうしよう……


ここはうちとあちらだけのフロアなので

「まるでわたしたちに産まれたアピールしてるみたいだよね?」と

息子の彼女に言うと、

たしかにそうだね、と笑っていた。


花束でも買ってきて、

プレゼントはあとで、ってことにしようかな、と

思っているところに

あちらのドアが開く音が聞こえたので

いまだ! と思って

とりあえず先におめでとう、だけ言っておくことにした。


外に出てきたのは

トルコから来ているお父さんと

もうすぐ3歳の長男。


英語のできないお父さんが娘さんを呼ぼうとするので

あわてて「呼ばないで!」と言ったのだが

授乳中の姿で玄関まで出てきてくれた。


なんと、きのう産まれたわけではなく

もう12日も前だったそう。

1ヶ月も早産で、なんの準備もできていなかった、と

笑顔で教えてくれた。


トルコ人の団結力が強くて

しょっちゅう親戚の誰かがトルコから泊まりにきている。


わたしたちは必要に迫られて

オランダ人の友人たちに助けてもらったけれど

これじゃあなかなか社会に溶け込めないよね、と

となりで見ていてちょっと心配になる。


トルコ語ではとってもかわいくおしゃべりする長男くん、

わたしたちがオランダ語で話しかけても

なかなか心を開いてくれない。


幼稚園の前後も大泣きしていることが多くて

オランダ語を教えさせてもらいたくなる。


でも、頭のいいパパとママの選択だから

きっと最終的にはうまくいく、と思って

声だけはかけつづけよう。


今日は「おめでとう!」と長男くんにも手を差し出したら

握手はしてくれた。


お父さんがガラスの容器に入った

ターキッシュディライトを

夫とわたしに持たせてくれた。

本場トルコの、と思うと

なんだかいつも以上においしかった。


ご両親は1ヶ月滞在するそうなので

なにも必要はないだろうけれど一応、

なにかあったらなんでも言ってね、と伝えておく。


実はきのうは赤ちゃんが喉を詰まらせて

救急車が来ていたそうなので、

元気な親子の姿を見れてよかった。


日本のアニメ好きな彼女が

「日本風でしょう?」と言ったとおりの

ステキな名前だった。


いつか日本で名前入りのプレゼントでも

買ってきたいな。


f0275876_1221064.jpg


息子の彼女のくれたマークス&スペンサーのクッキーでティータイム。


わたしもこの間、行ったので

いつオランダから撤退するのか聞いてみたら

とりあえず夏まではまだあって

それ以降は未定、とレジの人が教えてくれた。


イギリスの紅茶とか、買えなくなるのが残念。


クッキーはレモンの香りのショートブレッドで

サクッとおいしかった。
[PR]
by orandanikki | 2017-01-03 01:32

2017年1月1日

f0275876_641865.jpg



あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


去年とおなじく夫と

1時間ひたすら歩くさんぽで

1年を始めた。


冷たい雨が降っていたけれど

気持ちよかった。


久しぶりに息子と彼女と4人の年越しも

楽しかった。


今夜は夫の数の子とわたしのお雑煮。

(ぜんぶ食べかけですみません。)

f0275876_645392.jpg


「また来年もお願いね!」といまから数の子、頼んでおいた。


夜は息子と彼女が3年間、楽しみにしていたという

字幕なしのシャーロックを観ているので

めずらしく夫が観たあとの

クリスマスの約束2016を部屋でひとりで観た。


秋にFantomeを買ってきてもらって

歌詞のすばらしさに驚いて聴いている宇多田ヒカルさん。


小田和正さんとの共演はもちろんすごすぎるけれど、

用意していたティッシュは使わずに済んだ。


それよりも、ときどき映るお客さんたちの

真剣なまなざしに何度も泣きそうになった。


それからミュージシャンたちの

〈うまくなりたい〉というエピソードを聴いて

みんな分野はちがってもおなじ気持ちなんだな、と思った。


自分の専門分野ですこしでもうまくなりたいーー

その気持ちだけで毎日が、人生が楽しい。



大晦日のおきまりの1年を振り返る漫談。

今年はClaudia de Breijさんの喋りがとっても聴き取りやすくて

いつも以上に楽しめた。


シリアから来ている人が2人も

実際にバンドの一員として舞台に立っていたのにも

共感した。


みんな仲良く楽しい年明けになってよかった。

今年も精一杯がんばろう。



(オリボレンもおいしかった。)


f0275876_724666.jpg



f0275876_751355.jpg

[PR]
by orandanikki | 2017-01-02 07:06