オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
小川洋子さんとのトークイベント
at 2017-04-26 21:07
2017年4月23日
at 2017-04-24 02:16
2017年4月19日
at 2017-04-19 18:39
本屋大賞 翻訳小説部門
at 2017-04-12 17:16
2017年4月6日
at 2017-04-06 23:30
外部リンク


<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2016年5月5日

f0275876_2292283.jpg


解放記念日。

近くの公園から音楽が聴こえてきたので、

ジムからもどって買い物・ランチをすませて

ちょっと行ってみることに。


いろいろ読んだり、ひとりで書いたりするよりも

解放記念日をみんなといっしょに祝いたい気持ちだったのだ。


それは昨夜の戦没者追悼記念日の演出がうまくて

涙がでたことにも関係している。


花輪を世代のちがう2人がいっしょに飾るようになっていて、

その人たちがスタンバイするあいだに

あらかじめ撮ってあった動画がスクリーンに映される、というもの。


「わたしの父は……」「わたしの祖母は……」と

のちの世代の人がパートナーの戦争体験を手短かに語るのが

とてもインパクトあった。


ダム広場にはいろんな人種の人たちが

真剣な顔で集っていた。


いろいろあるけれど、やっぱりいい国だと思った。


「だからわたしも解放記念日をいっしょに祝いたい気分で

来てみたの」と、ベンチでとなりにいたおじさんと話す。

戦争や現在の難民問題について

しばし見ず知らずのおじさんと語り合ってきた。


ほんとうはもっといろんな人と話がしてみたかったし、

帰ってきてから、オーガナイザーや歌手の人にも

「いいね!」と伝えたかったと思ったけれど、

いまはとにかく忙しいのだ。


それでも、たった1人でも話ができてよかった。

いつか必要なときがくれば、

宇宙人の通訳でもできるように

ひそかにコミュニケーションの練習を積んでいるのだ。


さあ、いろんなこと、準備してがんばろう!
[PR]
by orandanikki | 2016-05-05 22:39

2016年5月1日

f0275876_3291595.jpg


やっと春らしい天気になったので、

ひさしぶりに出会った場所=バーガーキングで晩ごはんにした。


コマーシャルで見た3ユーロのセットにしてみることにしたのだがーー


f0275876_331676.jpg



小さっ!

でも3ユーロだからいいや。


やっぱり野菜たっぷりのヴォッパーが

満足度が高い。


f0275876_3343167.jpg


窓際は暑すぎて座れなかった。


f0275876_3364679.jpg


いつもどおり、ミュージアム広場をとおって帰る。


f0275876_3381553.jpg


コンセルトヘボウにももうすぐまた行ける。



イチゴとクルミをアルバートハインで買ってかえり、

日本で買ってきた本の勧める

老けない体のためのデザート。



f0275876_3402110.jpg



豆乳ヨーグルトとオーガニックのハチミツで。


〈老けない体〉……

そんな言葉につられて本を買う年齢なんだ。


ジャンクフードを食べたあとに、

罪ほろぼし? 往生際が悪い?


体にいいものと楽しんで食べるもの、

自分なりにバランスをとりたい。



わたしは仕事で頭がつかれていたので、

打てば響かない夫との会話に

「ぜんぜん話がつうじないよね〜」と

悪態をつきながら歩いていたのだが……


そういえば、ご主人への不満がたまると

鬱憤ばらしにクッションを投げるのだ、と

話してくれた人がいた。

険悪なのに高いお金をかけて

夫婦で旅をするのも苦痛だそう。


それを思えば、

バーガーキングで3ユーロのセットを食べるのは

勿体ない感がゼロでいい。


結婚25周年の記念に

ご主人がリムジンでホテルに連れていってくれたと

聞かせてくれた人もいた。


わたしたちならば

さしずめリムジンでバーガーキング?!


わたしはリムジンなんて乗らなくたっていい。

25年に1度、豪華に祝ってもらうより

日々、おいしいものを食べさせてもらったり、

マッサージしてもらったりするほうが。


クッションを投げる話をしながら歩いていたら

「うわ〜、さきちゃん、そんなふうにならないでね」と言うので

「ならないよ、

思ったこと、ためこまないでぜんぶ言ってるから!」

あはははは、と笑う声が道に響く。


夫がクッション投げることにならないよう、

気をつけなくては。
[PR]
by orandanikki | 2016-05-02 04:27