オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月19日
at 2017-10-20 03:07
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
外部リンク


<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2015年10月30日

f0275876_5312793.jpg


朝、ひさしぶりの友だちとカフェDe Doelenへ。


f0275876_534152.jpg



早口、しかも声が小さい。

もうちょっとゆっくり喋ってくれよ〜と思いながら、

慣れるだろう、とそのまま会話をつづける。

(実際、慣れた。)


彼女オススメの本が日本で興味をもってもらえて

偶然にもちょうどきのう

出版の可能性があるとわかったので、

盛り上がってその話をする。


「もし実現したら、ぜんぶあなたに質問できるね!?」

「もちろん! もしそうなったら

舞台になった場所にツアーに行こう!」


実現してもしなくても、話してるだけでも楽しい。


おたがい忙しいので、ブローチェ食べるか誘ってくれたけれど

今日はコーヒーだけで帰ることに。


そろそろお開き、というときに彼女が

「そうだ、最近、ネットで日本のショップを見つけてね、

あなたも知ってると思うよ」と言うので

「うん? 知らないと思うけど…」

「ウニクロウ!」

「ユニクロ!? それ、わたしのお店!」と2人で笑った。


「これも、これもユニクロ」というわたしに

「わたしのパンツも!」という彼女。


ドイツから取り寄せていて

息子くんにもクオリティがいいからユニクロで買うよう

すすめているのだそう。

いつも友だちや近所のおばさんにおみやげに買ってきてるから

あなたにも買ってこれるよ、と話す。


ユニクロ、

オランダにはまだないのに良さが知られているなんて。

ちょっと得意になってしまった。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-31 06:28

2015年10月28日

f0275876_561865.jpg


楽しみに待っていた遠くの友だちからの手紙を

どうしてもカフェで読みたくて

一晩、読むのをガマン。


夕暮れのスタバで滞在時間が10分しかなかったけれど

ボリュームたっぷりのお便りとミルクティーの

至福の時間。


やっぱり手紙は非日常の空間で

じっくりと読みたいもの。


『おねえちゃんにあった夜』の感想を

たくさん書いてくれていて

こういうふうにも読めるんだ! と新鮮な気持ちにさせてもらった。


わたし自身は文字がなによりも好きで、

ひたすら字を読み、頭の中でその世界をくりひろげて

浸るのが好きだったのだが

絵本はまたちがう豊かな世界を見せてくれるもの。

大人も子どももそれぞれの受け取り方ができる。


絵本の楽しみ方をわたしに示してくれるような

濃厚なお便りでした。


どうもありがとう!

お返事、気長に、楽しみに待っててくださいね。



スタバに10分しかいられなかったのは

トラムのせいでもある。

今日は事故で迂回するとアナウンスがあった時点で

もうチェックアウトしておいて

迂回先のトラム停から行くはずだったトラム停まではタダ乗りしました。

それが当然なのに、

習慣で無意識にチェックイン・アウトをしてしまいがち。

今日は機転が利いてよかった。


晩ごはんはーー

f0275876_5212198.jpg


アルバートハインでオーガニックのかぼちゃを安売りしていたので

鶏手羽でとったスープでパンプキンスープ。

夫と合作(ほぼ夫作)。


ソーセージやハムなど肉の加工品と赤みの肉は

大腸ガンになる可能性を30%高める、というニュースを

きのう見たところ。

気になりつつもやっぱりおいしくて食べてしまう。


ほんとうに体にいいものを選ぶのはむずかしいけれど

できる範囲で気をつけたいもの。



* * * * *


そういえば……


手紙をくれた友だちに

彼の近くでやっているイベントを知らせたくて

ものすごくひさしぶりに

アドレスを探すことからはじめてメールをしたら、

ちょうどその日、図書館から

「『おねえちゃんにあった夜』が入った」と

連絡があったところだったそうで

おたがいそのタイミングにビックリしたのだった。


お知らせしたイベントのことも

前日、ネットのニュースで見たところで

やっているのがわたしの友だちと知ってビックリ、

わたしのほうも送ってくれたリンクでイベント中の友だちを見れてビックリ。


なんだかいろんなことがつながっている……

というかむしろ、

『おねえちゃんにあった夜』がつなげてくれているような気がしている。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-29 05:51

2015年10月25日

f0275876_0235639.jpg


朝、床に座って見た空。


今日から冬時間で1時間、いつもより長かったので

早起きして色んなことを済ませた。


気持ちのいい天気で、おさんぽを兼ねて

marqt → アルバートハイン → Jumboとスーパーを回る。

(リンゴはmarqtのオーガニックを皮のまま丸かじり、

オレンジはJumboがおいしいと息子が言うので。)


昨夜は特別なカレーでした。

f0275876_0284181.jpg


前日、わたしと夫は外食だったので

彼女が作ってくれたもの。

ていねいにタマネギが炒めてあってとてもおいしかった。


息子たちは彼女宅だったので、夫と2人で。

彼女の味のカレーを楽しみたかったので、

自分で作るつもりで買ってあったカレー用のナスは

ショウガ炒めにして別に食べた。


きのうの朝はみんなそれぞれ好きなものを食べたのだが

息子はカクテルウィンナーで彼女は……

大好物の納豆ごはん(笑)

面白いな。


今日の2人は彼女宅 → 街 →

我が家に自転車を取りにきて、森へ →

そしていまうちでJumboのオレンジとミルクティー。

今夜は彼女はアルバイトなので

また3人で晩ごはん。


そういえば、カレーを彼女が作るとき

ごはんのとぎ方を伝授したのだが、

息子がBGMで「オイヨ~」と文楽かなにかの声真似をしていた。

「ピッタリでしょ?」と言って。

それからYoutubeの動画を流しはじめたので

お米をとぎながら笑ってしまった。


それをきっかけに興味がわいたのか、

さっきはオレンジを食べながらまたYoutubeの文楽の声が聞こえてきた。

面白い2人。


* * * * *

今朝、BNL Op Zondagを見ていたら、

Heel Holland baktという、おいしいケーキを焼くコンテスト番組の

審査員、Janny van der Heijdenさんが

ステキなことを言っていた。


いまの難民の問題に結びつけて――


食事は人と人を結ぶ完ぺきな手段、

いっしょにテーブルを囲んで食事をする機会をつくれば

その人たちがたがいに闘おうとする気持ちは減るもの。

おたがいのことを理解するためにも

まずはおたがいの料理を知ることが

小さな1歩となるのでは――

というようなことを言っていた。


番組の影響でオランダ中で

ケーキを焼くのがブームになっているが

次のトレンドはなんだと思うか? という質問で

この答えだったので、

予想していなかった男性陣も感心していた。

(彼女の前の話は聞いていなかったので、

後で見てみよう。)


シンプルな言葉で自分なりのメッセージを伝えていて、

一気に高感度アップ、でした。

よければこちらからどうぞ。WNL Op Zondag(43分過ぎから)



つなぐ、ということにワクワクする。

料理で異なる文化の人とつながれるのもステキだし、

わたしの翻訳もおなじことだなぁ、と思う。

……彼女がカレーを作ってくれたことも。


うれしい気持ちの日曜日でした。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-26 01:00

2015年10月23日

ひさしぶりにライデンのお父さんとお母さんのところへ。

f0275876_19313190.jpg


ブロッコリーのスープ。(白っぽいのは削ったチーズ)

f0275876_1936886.jpg


ローストポークと野菜のキャセロール。

f0275876_19374512.jpg


大好きなカボチャがいっぱいで

シナモンの香りがマッチしてとてもおいしかった。

豚肉もジューシー。


f0275876_1940419.jpg


手作りアップルムースとvla(フラー、カスタードのようなもの)、

生クリームを添えて。


心のこもったごちそうでおなかも心も満たされた。



帰りに「来てくれてありがとう!」と

2回もあいさつのキスをしてくれたお父さん。

ありがとうと言ってもらえることに

ほんとうにありがとうと思う。


いつもどおり駅まで送ってもらいながら

お母さんがめずらしく「ロウィーを見てどう思った?」と聞いてきた。


不意をつかれて、まごまごしつつ

前回よりも元気になってると伝えたけれど、

ほんとうはお母さんも老いが見えてきて不安な気持ちもあるのだろう。

わたしも気づいていること。


ああ、いつかこうやってライデンに来れる日も

なくなってしまうのだなぁ、とはじめて思う。

なにもかもを受けとめてもらえる場所。


彼らだけでなく、自分も年を重ねて

当然あると思っていたことの終わりを感じるーー

そういう時期に入っているのだ。


せつないけれど、これからはますます

ライデンでの時間をたいせつにしよう。


f0275876_19524011.jpg

[PR]
by orandanikki | 2015-10-23 19:55

2015年10月21日

昨夜はひさしぶりにお客さま。

f0275876_5304065.jpg


いつもおいしいものをごちそうになっている近所の友だちに

夫の焼いたステーキを食べてもらうことに。


きのうはアイルランド産がかためで、

アルゼンチンのほうがおいしかった。

(右下、左上がアルゼンチン)


わたしは鶏手羽でだしを取り、

しょうゆ味のステーキがおいしく食べられる

薄味の混ぜごはんを作った。

鶏は骨からはずしてニンジン、しいたけ、こんにゃくとともに甘辛く煮て、

鶏のスープ少しとしょうゆ日本酒を入れて炊いたごはんに混ぜて。

いい感じの薄味にできた。


スープは思いつきで作った鶏スープに

絹ごし豆腐とマッシュルームを入れたもの。

豆乳も入れたかったのだが、これだけでもおいしかった。


お肉を堪能しているみんなに

「食べ過ぎないようにしようね」と声をかけて

デザートは……


f0275876_539016.jpg


王室御用達のSimon Meijssenで買ってきてくれたレモンタルト!

濃厚なおいしさで、小さな1切れで大満足。


f0275876_5414629.jpg




実はこの3人で集まったのはこれがはじめて。

友だちがなにげなく言ったひとこと(忘れてしまったけど)で

「なんか、かもめ食堂みたい」とふと思った。


わたしは彼女の家のおでんメンバーに入れてもらっていて

おじゃましてごはんを食べていると

「またおでんも食べたいね!」と

わたしが参加することを想定して息子くんが言ってくれるのが

とっても嬉しいのだが、

この3人で話すのも新たな楽しい感じだった。

かなり年齢の開いている彼女と夫が

子ども時代の駄菓子屋さんの話で盛り上がっていたりして。


ちょっとだけ真剣な仕事の話も

本をいっぱいもってきて聞いてもらった。


別れ際に「また急に聞いてほしいことができたら

行ってもいい?」とカクニン。

もちろん、いつでも駆け込み寺だよ、と言ってもらう。

こういう友だちがいてくれるとほんとうに心づよい。

ありがとう!
[PR]
by orandanikki | 2015-10-22 06:02

2015年10月18日

Gouden Televizier-Ringというオランダのテレビ番組の

最優秀番組賞の受賞スピーチがとてもよかった。


ジョニー・デ・モル(Johnny de Mol)さんは

メディア王の息子で親の七光りで仕事をしている人という印象だったし

今回、受賞した〈SYNDROOM〉(シンドロームとドローム(夢)をかけている、

ダウン症の人たちと接する番組)
も見たことはなかったけれど、

いまの難民問題に触れていたのが好感だった。


「この番組は社会のなかの少数の弱い立場の人たちのために作っている。

愛とリスペクトと、たくさんのユーモアで。

それらはいまの社会ではなかなか見つけられないものだ。

ぼくはこの賞を互いへの思いやりと愛、リスペクトのシンボルにしたい。

それが自分のおばあさんに対するものでも、

自国から逃げてきた家族に対するものでも、

孤児院で忘れられた孤児に対するものでもいい。

みんなでそれを実現できると思う……

ぼくたちが互いに少しでもやさしくすることができれば」というような内容。


発表後、大喜びで舞台に駈け上がるのではなく

他のノミネート者にあいさつをしたのもよかった。


よければ見てみてくださいね。




VVDの党首ハルベ・ザイルストラが

オランダに難民が来たがらなくなるよう、

ギリギリまで受け容れの質を下げようと言っているのが

とても卑しく感じられるので、

難民のことを自分なりに考えている人を見るとよけいに嬉しくなる。


難民の滞在している施設の寒さ、不衛生さ、プライバシーのなさを見るにつけ

オランダはこんな国じゃなかったのになぁ、と思う。


それにしてもヨーロッパじゅう、ものすごい難民の数で

どこの政府もお手上げ状態。


これは歴史的な状況なのだろうな、といままで以上に

〈いまを生きる自分たちも将来の世界から見たら歴史の舞台にいるのだ〉という

ヘールト・マックさんの言っていたことを実感している。


『ヨーロッパの100年』のあとがきを開いてみた。


「我々は後の観客として劇の結末を知っているが、

劇の只中にいた我々の祖先は知らなかったのだ。

そして我々はまた自分たち自身もいま現在、

劇の舞台に立っており、後に孫たちに不様さを見られ、

あの人たちはいったいなにをやっていたのだ、と

呆れられることを忘れがちだ」


自分も歴史のなかの小さな点のような存在で

その点がつながって線が延びていく。

よい線を延ばさなくては。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-19 06:18

2015年10月12日

移民のギムであるオランダ語の試験を受けていなかったため

罰金200ユーロ、の件で市役所の支所に行ってきた。


過去5年の確定申告や商工会議所の登録証明などの他に

文学基金の会長からのお褒めのメールや

ヘールト・マックさんからのメールなども印刷してもっていった。

これらが会社に勤めている人と同じように

ちゃんとオランダ語で仕事をしていることの有効な証明となる。


こちらもーー

f0275876_0151168.jpg



ハリー・ムリシュさんからのお礼の言葉も

本ごと見せてコピーを取ってもらった。


帰りにありがとうと言ったら

こちらこそありがとうと言ってくれた。


大きな声を出したりケンカ腰になったりしなくても

ちゃんとした対応をしてもらえるのは

ほんとうに気持ちのいいこと。


これでもまだ規則により罰金を免れない、ということになったとしても

腹は立たないと思う。


もう十分揃ってるし必要ないよ、と言われて

見せなかったなつかしい写真。

ブルブル震える手で撮ったセルフィー。

テレビで知っていたムリシュさんとはちがう

やさしい顔でいてくれたことに

写真を見てはじめて気づいたのだった。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-13 01:06

2015年10月9日

f0275876_574397.jpg


打ち合わせのあと、夫と待ち合わせの時間まで

通りかかったお茶の飲めるギャラリーcloudにて。


f0275876_510384.jpg



壁にもたれて外を見ながら、

まだまだやりたいことがたくさん、と思う。


とても落ち着いたので、

そのとおりお店の人に伝えて出た。




その後、ひさしぶりに出会った場所へーー


f0275876_5274471.jpg



ちょうど結婚記念日の1ヶ月前だったので

コーラで乾杯。


22回目の結婚記念日で

その4年前、ベルリンの壁が崩壊しているときに

ここで出会ったのだ。


f0275876_5304770.jpg



風景がぜんぜん変わらないね、と言いながら。


ここから、父とはたちのときに泊まったホテルも見えるし

ハリー・ムリシュさんの家もすぐそこ。

たいせつな場所がぎゅっと集まっている。


いつまでもいっしょに来れるといいけれど

限りがあることはわかっているから。

今日、なつかしく、おいしい時間を過ごせたことに感謝。


さあ、やりたいことを少しずつ実現させていくために

まずはいま、やらねばならないことに集中しよう。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-10 05:42

2015年10月4日

f0275876_4555547.jpg


この道がとても好き。


f0275876_4564467.jpg


土曜日のアムステルパーク。

年季の入ってきた"鳥おじいさん(と栗鼠おばあさん"、ドリカムより)。


f0275876_562540.jpg


小さい秋、見つけた。



のどかそうだけど、頭のなかは色々いろいろタイヘン。

少しずつ、がんばって形にしていけますように。


晩ごはんは――(また写真が回ってるけど)

f0275876_510390.jpg


おいしい鮭があったのに

ごはんが足りなくてジャガイモをプラス。

キムチジャガイモも意外とおいしかった。

(プラスチックに入ってるのがキムチ)



食後に……

f0275876_512149.jpg


プレゼントの秋らしいキャンドルにほっこり。

ありがとう!


きのうは彼女がとってもおいしいパンケーキを焼いてくれた。

f0275876_5154672.jpg


ブランチに、粉もんの気分だった息子のために

ミックスでなく小麦粉から。

息子がミックスを使って焼いたチヂミもおいしかった。


彼女に「お母さんに習ったの?」と聞いたら

困ったような顔で首を振っていた。


料理のできないお母さんに代わって

家族に作りながら覚えた、えらい彼女の味……

そんなことを想いながら今日も1枚、いただいた。



* * * * *


ショッピングセンターのアルバートハインの近くに

大きなオーガニックのスーパー、marqtができた。

アルバートハインも近くのEkoPlazaも大打撃だなぁ。


チョイスが増えるのは嬉しいけれど、

素朴だったショッピングセンターがハイカラになり

ニューリッチ(成金)がうようよしてるのは

なんだか寂しい光景。


幼稚園の帰りに日本から来ていた母と

息子と3人でカフェでランチをしていたら

息子のあこがれの女の子とお母さんが声をかけてくれたり、

そんなローカルな場所だったのに。


ああ、なんか昔をなつかしんでて

栗鼠おばあさんみたいだ。
[PR]
by orandanikki | 2015-10-05 05:43