オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年3月24日
at 2017-03-25 03:17
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
外部リンク


<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2015年7月28日

毎日、地味~に暮らしてます。


ジムでベンチにあおむけになって脚の体操をしていたら

横に人の気配がして……

前にコンセルトヘボウで会ったおじさんが

「最近はコンサートに行ってる?」と話しかけてきた。


今度、自分が聴きにいくという曲を

「これだよ」とイヤホンを差し出されたのには引いたが、

聴こえてきたのはモーツァルトのステキな曲だった。


その横には何年か前に「キミは27歳くらい?」と言ってくれた人がいた。

元気? と聞かれて「年取った」と白髪を隠すわたし。

白髪だけでなくいっそう丸くなった顔も恥ずかしい。


でも、おばさんの姿かたちなんて、

実はそんなに相手は気にしていない。

外見でなく中身を見て話のできる人はたくさんいる。


ちょうどヨガクラスがはじまるところで

昔とおなじように「いっしょにヨガやらない?」と誘ってくれた。


確実に年は取っていって

正直、ジムに行くのがはずかしいときもあるのだが

それでもこうして体を鍛えるだけでなく

みんなと交流することで若さが保てるのだと思う。

だいじにしたい世界。


* * * * *

さて、晩ごはんのあと、また夫と先日、紹介したインドのルポルタージュと

おなじ人、Jelle Brandt Corstiusのルポルタージュを見た。


インド編の後にオリンピックに向けて作った

De bergen achter Sotsji (ソチの裏の山々)という番組。

今日、見たこの回De wandelende grens(動く境界線)が

とても面白かったので(こちらよりどうぞ)。



目が釘付けになったのがこのグルジア人のおじいさん。

f0275876_4435842.jpg


ベストがとてもステキだったので。

お客さんを歓迎する歌をうたっている。

f0275876_4451226.jpg


帽子もおしゃれ。


山のなか、なにもなくても心が豊かな人たちがたくさん出てきた。


生徒が13人の寄宿舎学校の校舎もおしゃれで

生徒の教育に熱心な校長先生もとてもよい顔をしていた。


墜落したチェチェンの軍用機のなかで

チーズを作っている人もいて、

山では神に近く、だれもいないときには神と対話をしているのだと言っていた。


とてもむずかしいことだけど、

少ないもので心豊かに暮らすこと、

彼らから学びたいと思った。


歓迎してくれる人々の人柄もさることながら

人々の心を開くイェレさんのコミュニケーション力もすごい。


肝心のメインテーマはロシアが勝手に

境界線をグルジア側に広げてくるという現状について。


ひとり、鉄条網のロシア側に取り残されてしまい、

娘を訪ねることも、グルジアの年金で買い物をすることもできないという

悲惨な状況に追い込まれたおじいさんもいた。


オンボロの車で落ちそうに細い山道を

ここまで出かけていったのもすごい。

毎晩、19時35分、NPO2で再放送中です。


今日の地味ごはん。

f0275876_5105355.jpg


サバの燻製が残っていたので、ブルグルとリゾット風に。

黒くて大きいのは切り忘れた韓国のワカメ。

とてもおいしかった。


f0275876_5115673.jpg



グルジアの山の人たちがみな

自分たちがここにいるのは祖先のおかげと言っているのを聞いて

わたしもやっぱり祖先のおかげでいまここにいるのだと思った。


さまざまな雑念でなかなかあんなふうに心穏やかにはなれないけれど、

自分にできることをしっかりやろう。
[PR]
by orandanikki | 2015-07-29 05:24

2015年7月18日

今日はチーおじちゃんの屋台にチーズを買いに。

(息子が子どものとき、チーズ屋のおじちゃんを

チーおじちゃんと呼んでいたので、いまだに。)


日持ちするよう、塊をいくつかバキュームしてもらう。


秋に父にお別れにいくときチーズをおみやげにもっていったのだが

そのとき、はじめてチーおじちゃんの奥さんと話をした。

(チーおじちゃんの屋台は21年前からあったけど、

奥さんはわたしより若くてまだそんなに長くはいっしょでないよう。)


父の病気のことから、ちょうど彼女が読んでいた

腸内のバクテリアに関する本の話になり、

チーズ屋さんをしながらむずかしい本を読んでいるのに感心して

はじめてとは思えないくらい色んな話をしたのだった。



4月に日本に行くときは

屋台に寄ってチーズを買う気力がなくて

アルバートハインで真空パックになったものを

買っていったのだが、

やっぱりチーおじちゃんのもののほうがおいしいから。


注文をしてから買い物へ。

もうだいぶ前のことだから奥さんは覚えていないかもしれない。

注文したときも特に話はしなかったし、

受け取りにいってもべつに話さなくてもいいかなぁ、と思いながら

時間をつぶして戻った。


支払いを終わって帰ろうとしたとき

チーおじちゃんと言葉を交わしていたわたしはやっぱり……


「この前、チーズをバキュームしてもらったとき、

奥さんととても興味深い話をしたの」と言って、

その後の話をはじめていた。


それまで距離を取るように背中を向けて

チーズを削る作業をしていた奥さんが

「覚えてる。胃腸の話だったよね?」とこちらを向いた。



父とわたしの関係性について

まるでカウンセラーのような話をしてくれるので

「なんでそんなに知ってるの?!」と聞くと、

「スピリチュアルなことに対する興味」とのこと。


そこから一気にディープな会話になっていった。

「わたしのだいじな数字は◎なの」という彼女に

「わたしのは☆!」


日常のなかの数字(日付とかレシートに並んだものとか)を

自分と同じように眺めたり足し算したりして

〈しるし〉を探そうとする人にはじめて会った。


占星術と干支に詳しくて

わたしの誕生日を書きとめて、わたしについて話してくれた。

卯年だけど1月生まれだから寅で…というのもスラスラ出てきてビックリ。


「老人と深いつながりがあるでしょう?」と言われて

毎月の勉強会の話をした。


「外国人はわたしだけなんだけど、

みんなが喜んでくれるからかならず行くようにしている」と言うと、

チーおじちゃんが「ぼくにとってキミは外国人ではないよ」と言ってくれた。


ほんとうに、心が開いていれば外国人とか関係ないんだ。


奥さんとチーおじちゃんとわたし、

話をすることの大切さに共感しあって

名前で呼び合う間柄に変わっていた。


父のことはふだんは落ち着いているけれど

ふと予想もしないときにさまざまなことが浮かんできてしまう。

わたしにとってチーおじちゃんの屋台もそういう場所なのだが

(父がいつもチーズを楽しみにしていてくれたから)

それも正直に話したことで

深い話ができてよかった。


お店で客商売をしている人たちのなかには

大学で学んだ心理カウンセラーよりもずっと

色んなことのわかったすばらしいカウンセラーのような人もいる。


自分がだれかのためのカウンセラーになっていることもあるし、

みんながおたがいそういう役割を果たせばいいんだ。



ただチーズを買いにいっただけなのに、

ワクワクするすばらしい時間を過ごすことができた。

そしてそれは毎日、どこででも起こりうること。

わたしはそれで元気をもらって生きている。



昨秋の日本でのこと――

渋谷で何十年ぶりかの小学校の同級生と待ち合わせているとき

スクランブル交差点で腰が90度近く曲がった

小さなおばあさんがすぐ近くに立った。

このおばあさん、どうやってひとりでここを渡るんだろう、と思ったわたしは

「おばあちゃん! いっしょに渡りましょうか?!」と声をかけていた。

すぐに笑顔で気持ちよく返事をしてくれて、

手をしっかりとつないで、

ゆっくりゆっくり交差点を渡った。


あの時間も特別だったなぁ。



色々な場所での人とのふれあいをたいせつにしていれば

きっとまちがいのない方向に進んでいけそうだ。




(ちなみに、今回のチーズはわたし用ではありません。)
[PR]
by orandanikki | 2015-07-19 00:20

穏やかな誕生日

夫の誕生日。

朝、だいじな仕事を済ませてから

家じゅうのそうじ。

感謝の気持ちでいつもよりも少していねいに。


昨年は中華に行ったけど残念な味だったので

今年は家で――


f0275876_5181175.jpg



最高においしく焼けたステーキ(もちろん夫作)。


ワインは息子からのプレゼントのボルドー。



関係性がギクシャクしたあと、

そのことも笑いにできるようになり、

こうしておいしいものを共に食べられるのが

なによりも喜ばしいこと。


なにも特別なことはないけれど

よいお誕生日でした。


* * * * *


きのうも暑いなか、がんばってジムへ。

いつも以上に汗をたくさんかき、

体が熱くなっているのを実感して、

これも健康の秘訣かとあらためて思った。


「体温が上がると血液の流れが良くなり

免疫力が高まる」といった言葉をネットでも見つけた。


体も心もスッキリして

自作の歌をうたいながら(笑)森の道を歩いていると、

この間とおなじかと思われるリスくんに遭遇。


2メートルの距離で歌を聴いてくれていたかのように

目が合った。

その後、木をのぼりながらもう1度、こちらを見てくれたのだが

写真は――


f0275876_5424075.jpg


残念ながら間に合わなかった。



そのうれしい気持ちのままアルバートハインに行って

魚のコーナーでえらんでいると

横から「これはサキかな?!……サキ!」という声がして、

顔を上げたらデヴィとミタがいた。


「さっきヒサノリにも会ったところ!」と笑うミタ。

なんだか、この2人とはやっぱり不思議な縁があるみたい。


国際会議で台湾から帰ったばかりのミタと

最近のおたがいの話をひととおりできた。


デヴィのほうはしばらく前にわたしが途方に暮れていたとき

HEMAで抜群のタイミングでばったり会えて、

話を聞いて助けてくれたところだったので、

きのうはミタとわたしを2人にしてくれた。



そういえばいまインドのとても興味深いルポルタージュを

夫と毎晩、テレビで観ているのだが(月~金NPO2で19時30分より)

その話を彼女たちとするのを忘れていたね、と

あとで夫と話した。


いちばん面白かったのがこちら。

Van Bihar tot Bangalore, Het heilige water



インドに興味のある方はどうぞ(半分は英語です)。

自分の内にある原点につうじるものをたくさん感じて興味深かった。

西欧の人とちがい、感覚的に理解できることがある。

デヴィがいままでに話してくれたこと、

地蔵菩薩のしおりをくれたときに唱えるといいよと

教えてくれた呪文、

そして昔、自分がインドに興味をもって調べていたこと……

それをヨーロッパの人の視線で見てみるのが面白く

ワクワクした。


そして今日、Facebookで観たこちらもとても面白かった。





すばらしいアイディアがいっぱい詰まっていて、

シェアをしあって共感しあえたのも嬉しかった。



それとはべつにわたしにとっては

インドのルポルタージュと対のような感じで

インドと日本のちがいが興味深く描かれてもいた。

風土によって同じものが形を変えていくということも

昔、学んだこと。


わたし自身は日本だけでなく、その背景のインドが

ふつうの日本人より強く残っているから

インドに惹かれたり縁があったりするような気がする。


いまでも行ってみたいけれど

胃腸が弱いから無理そうだな。


ちなみにインドのルポルタージュのJelle Brandt Corstiusは

ガンジス河の水を入れたコップを差し出されて勢いよく飲みほしていたので

思わず、きゃ~っと声を上げてしまったが

番組のさいごにおなかは無事だったと言っていた。


* * * * *

今日はあれもこれもで、なんの日記なのかよくわからないけれど

この間からのつかえが取れて、

母とも神さまの思し召しだね、という話ができて、

よい1日を過ごせた。


明日からもまた色々あるだろうけれど

感謝の心で日々を過ごしたい。


f0275876_6443971.jpg

[PR]
by orandanikki | 2015-07-18 06:45

2015年7月14日

あきらめること、あまり人に求めすぎないこと――

心の断捨離をしようと書いたところだけれど、

結局、いつもどおり、

話し合って理解しあうほうをえらんでいた。


息子との関係がどん底になったとき、

この20年間は楽しかったにしても

結局のところは父とわたしの関係と同じになってしまうのかもしれない、

将来は仲たがいしたまま死んでしまったりするのかも、とまで思ったのだが。


そのまんま話してみたら、

「それは(父とわたしが)もとから仲が悪かったから」と

即否定された。

「20年間ではじめてこんなことがあるなんて

◎◎家(彼女の家族)よりずっといいよ」とも。


息子に言われなければ自信がもてないのが情けないけれど

自分の親との関係が響いてしまう。


でもマイナスではなくプラスに反映して

自分がやられて嫌だったことを変えてこれたのはよかった。

(自分が悪かったときにはきちんと子どもに謝る、とか。

何度も書いたことだけど。)


あとは息子が親になったとき

わたしにされて嫌だったことをまた変えていけば

世代が変わるたびに少しずつよい関係になっていけるはず。

(これも何度も書いた。)


なんだかちょっと世代を超えた伝言ゲームみたいだ(ぜんぜんちがうけど)。


まったく笑えなかった2日間、

これは体に悪い、と実感したので

脳に錯覚をおこさせるため

わざと笑ってみたりもした。


息子とまた心から笑い合えただけで

自分の体も家も喜んでいる感じがした。


息子が作ってくれた焼き飯で晩ごはん。

f0275876_2251958.jpg



焼き飯だけは誰よりもおいしく、ぱらっとできるようになった。



息子とわたしがギクシャクしても自分のスタンスを変えなかった夫。

実はその前に夫ともギクシャクしたところだったので、

なんともどこをとってもギクシャクだらけだったのだが、

ディスカッションはわたしと息子の得意分野(遺伝により脳が似ている)、

夫はちがうタイプの人として、

そこはいつまでも思いどおりにしようとしないように。


最近は仲がよすぎて依存気味だったので

ちょっと精神的な距離ができてよかった。


……ということで、落ち着きました。



f0275876_22143084.jpg


すっかり緑が深まりウサギたちが見えにくいけれど

昨夜はめずらしい鳥が来てるなぁ、と見ていたら

コツコツ木をたたくしぐさをしていて、

ググってみたらまさしく特徴ある羽根のキツツキだった。


昔ほど生い茂ってはいないけれど、やっぱりわたしにとっては

トトロのようなだいじな木。

我が家の3人をじっと見守ってくれてる気がする。
[PR]
by orandanikki | 2015-07-14 22:56

Ruth and Alex

f0275876_1919197.jpg


ひさしぶりにふらっと映画を観にいった。

HaarlemmerdijkのThe Movies。

f0275876_19233489.jpg


この通りのはずれ、中央駅(この写真の右手)から徒歩20分。


f0275876_19251020.jpg



古くて趣のある映画館だけど

ちゃんとクーラーが効いていた。

ポップコーンは売ってなくて、

コーラライトに氷をいっぱい入れて、とお願いしたら

ビン入りだと言われたのだが、

グラスに氷をいっぱい入れて差し出してくれた。


ダイアン・キートンとモーガン・フリーマン。

この2人ならまちがいないと思われるとおりの

フィールグッドな映画で、

のんびり楽しめた。

f0275876_19283042.jpg


ニューヨークの街を観てるだけでも楽しかった。


老いていく夫婦について共感するような年齢に

自分がなっていることにひそかに驚きもした。


でもーー

映画から帰ってきても家のなかがギクシャクしているのはかわりない。


友だちが「コントロールできないことのほうが多くてあたりまえなんだから

リラックスして!

それも断捨離だよ」という言葉をくれた。


気持ちの断捨離はむずかしいからまずは物から、と

思ったのだが、

お気に入りだった服がまだ捨てられない。

日記を1冊だけ捨ててみた。


小雨のなか、ゴミ出しに行って

薄い部屋着のまま近所の人と立ち話。

でもこのタイミングで会えてよかった。

ちょうど話したいことがあったのだ。


近所のおばさんも家のなかのギクシャクもきっと、

自分に必要なタイミングで現れたり生じたりするものなのだろう。
[PR]
by orandanikki | 2015-07-13 19:49

勉強会 2015年7月

4月は日本に行っていたので欠席。

5月はなかった。

6月は悪天候のせいか参加者が少なく

仲良しのおばさんたちは誰も来ていなかった。

父が亡くなって…という話を色んな人が聞いてくれて

何度も話した。


きのうは本年度さいごの会。

会場のドアを開けて「こんばんは!」と言うと、

主催者のおじさんがみんなに聞こえる声で

「この女性は特別なんだよ」と

今日の講師にわたしのことを説明しだす。


終わりの言葉でも「我々の日本人の友だちが

『今日の話がいままででいちばん興味深い』って言ってた」と

みんなにわざわざ報告。

気に入られてるわたし。


肩書きとか関係のない市民の交流の場で

自分の居場所をつくるのはわたしなりのチャレンジ。

めんどくさければ行かなければいいだけの話だけれど

これだけはつづけようと心がけている。


きのうもちゃんと質問もした。

我ながらなかなかいい質問だった。


外国人なら仕方のない小さな文法のまちがいとか

気にしてしまうし、もともと緊張しぃだし……

でも少しずつ進歩していることを実感できた。

52歳、色んな意味でまだまだ勉強中。


来年はもっと、冗談が言えるくらいになりたいものだけど、

無理はしなくてもいい。


とにかく、わたしがいることをアプリシエイトしてくれているのがうれしい。

オランダ語が母国語でない参加者はわたしだけ。

いつか他の人が参加したいとき、

少しでも入りやすくなっているといいな。


小さな、等身大の、ちょっとだけがんばる交流。

秋からの新年度もみなに会えるのを楽しみに

つづけていこうと思う。
[PR]
by orandanikki | 2015-07-08 22:38

2015年7月6日

f0275876_0534516.jpg


やっと猛暑がおさまったのでひさしぶりにジムへ。


顔がいつまでものぼせてるくらいがんばってトレーニングして

帰り道にのんびりと考えていた。


人間関係は不毛だけど、

時として、勝手に自分で問題を大きくしてしまうこともある。


今回はわたしが深読みしすぎていただけで

だいじょうぶだったんだ……


そんなことを想いながら、のんびり歩いていたら

リスくん、発見。


写真を撮ろうとかまえた瞬間、耳元で

「ユンボウはどこか知ってる?」というおばさんの声が。

このタイミングで?!


「ちょっと待って! いまリスの写真を撮ってるから」と言いながらの1枚。

小さいけど、ちゃんと写ってた。

(左下の地面の光のなかにしっぽと体が見えてる。)


どうぶつが姿を現してくれるときは

フィーリングのいいときだとやっぱり思う。


少しベンチでのんびりしてからEko Plazaに向かっていると

おとなりのアイチャがバギーを押して歩いていて、

彼女もEko Plazaに行くところだった。


わたしは豆腐だけだったので先に払って

「待ってようか? バギー押してようか?」と言って

突然、ひさしぶりにバギーを押すことに。

バギーの感覚がなつかしくて楽しいひとときだった。


よく大声で泣いているのが聞こえてきて、

息子はあんなふうに泣くことはなかったので

大変そうだと思っていたのだ。


いつもはEkoPlazaでもぐずるところだけど

あなたがいたからおりこうにしていた、と言ってもらった。


アイチャは大学で心理学を学んだそう。

理論上の人間心理は理解していても

実際の、自分の子どもの子育てには

ぜんぜんちがう大変さがある。


異国での子育てでオランダ語もできずに

親子関係が煮詰まっているのが伝わってきたから

仲良くなっていけたらいいな。


どうやってきっかけをつくろうかと思っていたので

ばったり会えてよかった。

これもやっぱりフィーリングがいいときに起こること。
[PR]
by orandanikki | 2015-07-07 01:19

2015年7月2日

f0275876_22542947.jpg


昨夜は史上最高の夜間の気温だったそう。

そのわりには汗もかかず涼しく寝ることができた。


右端に写っているのが取り付けられたばかりのとなりのサンシェード。

「うちにも付けてくれるかな?」と冗談で言う息子に

「盗んでこようか?」と冗談で言う母。


* * * * *

気がついたら……

f0275876_2363384.jpg


チビちゃんが生まれていた(道の右側)。

おとうさんはクロちゃんではないようだ。


しばらく書けないあいだも青空ミーティング。

f0275876_2381038.jpg



やっぱりいちばん頼りになる夫と。

f0275876_23104388.jpg



いつか振り返って書ければ、と思う。


* * * * *

この間、家族で見ていた8年前の日本旅行の動画で

母との旅行中に息子がなにげなく言ったひとことが

心に突き刺さるようだった。

それは「おじいちゃんと行ったホテルにはなにもなかった」という言葉。


翌日、息子にそれを聞いて悲しかった話をしたら

おじいちゃんと行ったホテルもいいホテルだったよと言っていたし

とっても楽しい思い出だったのはまちがいないのだけれど、

せっかく父が連れてってくれたのにな、と悲しくなったのだ。


そうして唐突に自分の子どものときのことを思い出した。

いつも伊勢や軽井沢で夏休みを過ごしていたのだが、

1度だけ、父が国民宿舎に家族4人と祖母を連れていってくれたときのこと。


長く歩いて着いた宿にはなにもなくて

「1つしか部屋がないの?」と聞いたら

母がシーッと言って……


みんな黙りがちでへんてこな1泊旅行だった。


さいごに父を訪ねたとき、

父は母方の家が嫌いだった話をわたしに怒りながら話していた。

(わたしもその一員として怒りの対象だった。)


なにをしてもいつも格差を感じるのは嫌だっただろう。

(それを怒鳴り散らして子どもにやつあたりしなければ

父のことがもっと好きでいられたのにな。)


わたしがオランダにいることも

自分がスペイン・ポルトガル旅行に連れてきてくれたのがきっかけだったけれど

母方の祖父や大叔母たちがすでにヨーロッパで学んでいたので

半分うれしくて半分嫌な感じだったのかも。


まちがった結婚の結果が自分だと思うと悲しくなるが、

そのなかでなにができるか、

まちがっていても正しくても、いまここに自分がいるのは確かなのだから、

そこからベストなものを生み出すしかない――


そんなことを考えているあいだに

出版社からビックリするほどおもしろい本をもらって

一気に2日で読み終えた。

ボ~ッとしてしまうほどの面白さ。

これを多くの人と共有しないなんてもったいない!


さっそく編集者と版権担当者に連絡をして

シノプシスを作りはじめた。


なにがあっても情熱をもってつづけられること。


きっと父も喜んでいてくれるはず。


がんばろう!
[PR]
by orandanikki | 2015-07-02 23:45