オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
外部リンク


<   2015年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ウサギ


カメラに望遠鏡をつけると大きく撮れるよ、と息子が撮ってくれたウサギたち。



f0275876_23341439.jpg



まるで月にいるみたい。



ウサギといえば、父からもらったウサギたちもいた。



f0275876_23302781.jpg




裏にはこんなメッセージ付き。


f0275876_23483423.jpg



〈気ぃつけておきばりやす〉


面と向かっては、どうしてそんなことが言えるのかと思うような傷つくことを言ったり、

「さきは今日、いい服を着てますね」という褒め言葉は

わたしがトイレに行ってる隙にこっそり夫に言うので

伝わらなかったりしたけれど……


でもこうして、卯年生まれのわたしのことを

旅先で思い出してくれていたんだな。
[PR]
by orandanikki | 2015-05-10 00:14

図書館

日本に行く直前に市から手紙が来て、

移民がもっとオランダ語に親しむように、との意図で

図書館の年間パスをタダでプレゼントしてくれるとのこと。

(年間35ユーロのもの。)


大喜びで夫と取りにいったものの

思ってた以上に登録などに手間取り、

わたしのパスはブロックされてしまった。


カウンターで聞いているときには

だれにでもできるような印象だったが

登録するために入力する番号が

どこからどこまでなのか、とか

もっとていねいな説明が必要と思う。

図書館の人も実はよくわからないまま

とりあえず渡している感じを受けた。


日本滞在中にぜひ借りた電子書籍を読みたかったので

夜8時まで開いていた近所の図書館にもう1度、行き、

図書館員にマンツーマンで教えてもらって

(教えてくれるほうも図書館のサイトで調べながら)

ようやく借りることができた。


でも日本から戻って、あらたに借りようとしたら

またうまくいかず、ふたたび図書館員さんのお世話になることに。


移民に図書館――

すばらしいアイディアだけど、

登録できずに宝の持ち腐れになっている人が

たくさんいるような気がする。


おかげさまでまた電子書籍を借りて、

あとはデータバンク(図書館でのみ使用可能)で

書評をたくさん集め、

ついでに紙の本も借りてきた。


図書館ライフ、楽しい!

移民に年間パスを、と考えてくれた人に感謝。



f0275876_3112275.jpg



ジムの途中の大好きな木が少しずつ桃色になってきた。


いちばん最初のトレーナー、ミッキーがいて

いつもどおり人生について、的確な意見を聞かせてくれた。

話をするだけで穏やかになれるありがたい存在。



晩ごはん3日分。

f0275876_3162934.jpg


2日目ポトフのカレーとベジタリアンボール。

なんでもないベジタリアンボールがなぜだかおいしく感じられた。

ブロッコリーとともにマヨネーズをつけて。



f0275876_3183391.jpg


燻製サバのせスパゲティ。

ひさしぶりのレタスのサラダがおいしかった。

(流行に敏感な息子はジャムの空きビンで豆乳を飲んでいる笑)


f0275876_3194674.jpg


ポークチョップのソテー。夫がこんがり焼いてくれた。



遠くにいてもかわいいウサギたち。

f0275876_3243983.jpg


「クロちゃんが…」と言うと、息子に「やめて、ヘンな名前つけるの」と言われる。
[PR]
by orandanikki | 2015-05-08 03:46

エールフランス

今回はエールフランスでパリ経由でオランダに戻ってきたのだが、

機内安全ビデオが斬新でビックリ。

こちらからぜひどうぞ→✈️

(下のほうに動画があります)

リリースされたばかりだったよう。



でもビデオとは裏腹に

客室乗務員の方たちはキリッと紺の制服を着て

フレンドリーだけどきちんと感がある。

KLMのほうが打ち解けた感じだと思った。

どちらもそれぞれにいいなと思う。


お国柄が感じられるから

飛行機は面白い。


機内食もおいしかった。

f0275876_22222556.jpg


和風味の魚介。

コンソメみたいな具なしの味噌汁にビックリ。



シャルルドゴール空港にはエクスキがあった。

f0275876_22244117.jpg


乗り継ぎターミナルにはオランダの新聞も山積みされていて

自由にもらえるのがうれしかった。


f0275876_22262729.jpg




ちなみに、機内での映画はーー


f0275876_22401036.jpg



バンクーバーの朝日を観た。


移民の話はいつも他人事とは思えず、

きれいな英語を話す宮崎あおいさん演ずる女子学生の

カナダ人との心の触れ合いや

進学できない悲しみに心をわしづかみにされた。
[PR]
by orandanikki | 2015-05-05 22:35

戦没者追悼記念日 2015年

今年の戦没者追悼記念集会でのマルク・ルッテ首相のスピーチを聴いていて、

2年前のペーター・ファン・ウーム元将官のスピーチを思い出して

もう1度、聴いてみた。

やはりとてもすばらしいと思ったので、ぜひこちらを読み、聴いてみてください。
ペーター・ファン・ウーム元将官のスピーチ

(動画はこちらから


ルッテ首相は両親が日本軍抑留所にいたという方。

さすがに今日は使っていなかったけれど、

ヤッペカンペンという蔑称を連呼されていたときには

現在では貿易上の重要なパートナーでもあるのに

あんまりのような気がした。


ルッテのスピーチを聴くと疎外感を受けるけれど

ファン・ウーム元将官のスピーチを聴くと、

〈彼ら〉〈我々〉と分け隔てないことの大切さを

あらためて考える。


その差はとても大きいと思う。


『よい旅を』のあとがきを書くときに

いままでは知らなかったことを知ってから

ますますオランダ人の立場からの戦没者追悼記念に

ちがう見方もあることを意識せざるをえないが、

それでもどちらの視点にも偏らず

戦争についてあらためて考えることは忘れずにいたい。


これからもずっとファン・ウーム元将官のスピーチを聴く日にしよう。


今日は父が亡くなって50日目でもあった。

仏教では生まれ変わる日。


疎開先で妹2人を亡くした父が

わたしのいる場所の戦没者追悼の日に転生するのも不思議な偶然。


「オランダに生まれ変わったら会えるかも」

「赤ちゃんを見たら声をかけてみたら」

……そんな話をしながらの追悼になりました。
[PR]
by orandanikki | 2015-05-05 04:11

2015年5月4日

f0275876_2352458.jpg


ジムの帰り、はじめてこのベンチに座ってみた。


こんな景色が見られる――

f0275876_2365963.jpg


大好きな桃色の木がこれから色づいていくところ。


鳥の声を聴きながら色んなことを考えていると、

よたよた走ってくる人が……


ジムで知ってるおじさんだった。

いま考えていたことをそのまま話して

おじさんの体験談を聞かせてもらった。


きのうはアルバートハインに買い物に行ったら

ひさしぶりのメルセデスにばったり会って

やっぱり話を聞いてもらった。


どこに行ってもちゃんと支えになってくれる人が

現れるのが不思議。


晩ごはんは得意料理の、

f0275876_2105554.jpg


vullenしない(満腹感の得られない)もの。

オーガニックの鶏と大豆、タマネギ、ジャガイモ、ニンジン、

赤パプリカ、西洋ネギ、干しシイタケ入り。

ごはんには押し麦とブルガ―を混ぜて。

味付けはコショウとヒマラヤ岩塩、オリーブオイル。

食卓にしょうゆとめんつゆをスタンバイ。

最近ますます、こういうシンプルなものがいちばんおいしく感じる。


キュウリのサラダにはオーガニックの玄米酢を混ぜて。

日本の実家で期限切れの玄米酢濃縮カプセルを飲ませてもらったら

お肌や腰によかったので、

Genmai SuをEkoPlazaで買ってきたのだ。

f0275876_230061.jpg


どちらもおススメです。



今日のウサギは――

f0275876_2311952.jpg


毎日、写真を撮ってるヘンなおばさんを見ているよう。


* * * * *


戦没者追悼記念日なので、8時から2分間、黙祷します。
[PR]
by orandanikki | 2015-05-05 02:45

2015年5月1日

日本で28年ぶりに桜を見たら

どんなにか感動して涙が出ることかと思っていたのだが、

なんだか淡々としていた。


どの季節にもきれいで見惚れてしまう木や花がオランダにあるから。

わたしにとってはいつのまにか、そちらのほうがだいじな風景になっていたようだ。


f0275876_343387.jpg


「元気で帰ってきてね」とメッセージと桜の写真を送ってくれた友だち。


f0275876_3443110.jpg


訪ねたときにはもう散ってしまっていたけれど、


f0275876_3452683.jpg


成田で彼女を想って買ったプレゼントをとても喜んでくれた。



f0275876_3464989.jpg


この道も大好き。


f0275876_347379.jpg


ジムの帰りに見つけたこの子もかわいい。


わたしは無理をして、日本への想いを抑えているのかな?

桜を見て泣き出したら止まらなくなるのが恐いから?

それともほんとうにオランダで平気になった?


ジムの帰りにそんなことを考えながら、

試しに〈ふるさと〉を口ずさんでみたら

すぐにウルッときました(笑)


日本とオランダ……

どっちも大好き、ということで。


* * * * *


今日はとっても嬉しい日。

ぜひ日本に紹介したかった本の版権獲得が決まったのだ。

オランダの出版社の担当者からも

心のこもったお礼のメールをいただいた。

著者も東京から出したはがきに

すぐに返事をくれたし

みんなが喜んで楽しみにしてくれている。

さいしょに読んで、面白さを語り合った夫も。


ここで、わたしがひとりで楽しんでいるものを

多くの人と共有できる――

やっぱりとても不思議でうれしいこと。


f0275876_43254.jpg


父の写真も食卓に飾って、いっしょにお祝いした。


四十九日を前にした父からのプレゼントだ、という気がしたので。


すばらしい大往生だったし、

さいごにわたしにもプレゼントをくれて、

これできっとよいところに生まれ変わっていくのでしょう。


いただきもののマグロのたたき漬けがとてもおいしかった。
[PR]
by orandanikki | 2015-05-02 04:15