オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
小川洋子さんとのトークイベント②
at 2017-04-27 23:07
小川洋子さんとのトークイベント
at 2017-04-26 21:07
2017年4月23日
at 2017-04-24 02:16
2017年4月19日
at 2017-04-19 18:39
本屋大賞 翻訳小説部門
at 2017-04-12 17:16
外部リンク


<   2014年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

4月29日

毎年、この木が楽しみ。

f0275876_2574317.jpg


ちらっと見えるピンクがかわいくて。

f0275876_2584260.jpg


f0275876_2594776.jpg


f0275876_331477.jpg


f0275876_354683.jpg


ジムの行き帰りに立ち止まってほれぼれ見てしまう木や花がたくさんある。


晩ごはんは、きのうアルバートハインで買って

一晩、塩に漬けた塩鮭。

f0275876_3105169.jpg


ヒマラヤ岩塩をたっぷりすりこんでおくだけで

とってもおいしくできる。


夫も今日はジム。

2人して、ジムに行ったあとは特においしく感じるねぇ、と言って食べる。

おいしいものがますますおいしくなる――

ジムは色んな意味ですばらしい。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-30 03:40

ホワイトアスパラ

バジルが収穫できるようになった。

f0275876_2183425.jpg


見るたびに変化があって、飽きずにじ~っと見てしまう。

植えかえて育てるのが楽しくてハマってる。


さて、グリーンアスパラに次いでホワイトアスパラも家で食べてみることに。

f0275876_2382985.jpg


夫が絶妙の茹で加減に仕上げてくれたので

この間、ごちそうになったちょっと茹ですぎのものよりずっとおいしかった。

ソースはクノール。

半熟卵とともに。


ハンバーグは生タマネギとコーンを混ぜたわたし作。

バジル、キュウリ、トマトのサラダもおいしかった。


このアスパラ、ユンボウのもので

アルバートハインのバーゲン品より2ユーロも高く、

またまたユンボウに行く意味な~し! だったのだが、

質はユンボウのほうがいい気がする。


アルバートハインの安売りは前の週から宣伝しているから

おそらく何週間か前に企画が決まって

大量に仕入れているのだろう、と夫が言っていた。

だからそういうことをしないスーパーのほうが

質がよかったりするのかも。


物の値段がしっかり頭に入っていないので

無駄なく賢い買い物ができるには

まだまだ修行が必要だけど、

おいしいホワイトアスパラが食べられて

夫もわたしも大満足。

息子もおいしそうに食べていた。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-29 03:58

uとjeのむずかしさ

ひさしぶりにおじいさんから電話がかかってきて――

「やぁ、サキ、ウィレムだよ」と言われて、

「ウィレム、元気ですか?」と言ったのとかぶって

「元気かい?」と聞かれ、

「元気です。あなたは?」と言うとき、

一瞬、頭のなかで考えて、こう言ってしまった。

「En met jou?」


すぐに「ごめんなさい! met u?」と言い直したが

汗、汗…だった。


いつも「ウィレムだよ」と言われるから、

わたしも名字でなくウィレムと呼んだほうが嬉しいだろう、

でも人生の大先輩としてu(ていねいな〈あなた〉)を使おう、と

自分で決めていたのだが。


えらい人、年上の人から

「名前を呼んで、jeと言って」と言ってもらうとハッキリするが

こちらとしてはuと言って敬意を示したい人であると

je(フランクな〈あなた〉)と言うたびに

居心地悪く感じたりする。


そういえばきのうアジア系の親子の息子さんと話しているときには

ずっとuで話されたので、心のなかではずっと「jeと言って」と思いつつ

話に夢中で言い出せなかった。

とても面白い話をしているときに腰を折るのもどうかと思って。


わたしは彼に対しjeを使い、お母さんにもjeで話していたのだが

お母さんがわたしにuを使うので、途中からわたしもuに変えた。

ああ、ややこしい。


テレビのトーク番組でゲストに

「わたしたちはおたがいjeを使うと決めたので」と言ってjeで話しかけていたのに

途中でふと忘れてuと言ってしまうのもちょっと気まずい。

親しい間柄でいこう、と決めたのに、

やっぱり親しく思えていなかったのね、とバレてしまうようで。


頭のなかで一瞬、迷い、

まちがったほうを使ってしまうこと――

誰もが体験することだ。

ややこしいけど、興味深い。



おじいさんはこれから短い旅行に出ることを知らせてくれた。

わたしもちょうど明日の朝、電話をして進行を伝えるつもりだったので

グッドタイミングで気持ちが通じたような感じだった。


数年ぶりの娘さんとの旅、

楽しんできてくださいねと言って、

さいごは友だちのように「Daag!」と言い合った。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-27 18:29

4月26日

ウィレム=アレクサンダー王になってはじめての国王の日。

そして従来どおりの形式でおこなわれるのはこれで最後のよう。

(来年からどういう形でおこなわれるのかはまだ発表されていない。)


アムステルフェーンには王女たちもかわいい姿を見せて

盛り上がっていたよう。

日本の方たちの太鼓の熱演と空手のデモンストレーションの様子も

ちらりとニュースに出ていた。


わたしたちはのんびりとフリマ。

f0275876_354092.jpg


そばにいたアジア系の親子と仲良くなってずっとおしゃべりしていた。

おいしい茹で卵をごちそうになる。

殻をむくと薄っすら茶色くてほわっといい香り。

どうやって作るの? と尋ねると、

今度、家に来たら教えてあげる、と笑顔で言ってくれた。


この間のコンセルトヘボウといい、

最近、不思議とアジア系の親子と縁がある。

それもちょうど必要なタイミングで。


ぼちぼち売れたので3時間ほどで引き揚げた。


今年はおいしいものを売っていなかったので

アルバートハインでおやつにドーナッツを買った。

f0275876_4212100.jpg


けっこう疲れていたのだが、

思いついて寿司太郎を作ることにした。

そういえば、この家に越してきてちょうど20年だったのを思い出して

マテアにお寿司を届けたいと思ったのだ。

晩ごはんの2時間前ではもうメイワクかもしれない、と

とりあえず電話してみたら、ちょうどよいタイミングだったので。

喜んでもらえてよかった。


f0275876_462487.jpg


わたしたちは鶏手羽とサトイモの具だくさん味噌汁とともに。


20年もここに住んだのだなぁ。

あのときおなかの中にいた息子が

今夜はアルバイト。

しっかりした大人に育って

嬉しくて、でもちょっと寂しい……


そんなふうに思えるのは

とてもありがたい、贅沢なことなのだろうな。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-27 04:19

Koningsdag(王の日)のフリマ

フリマで本を処分するついでに

寿司太郎が1袋あるのでスシを売るかどうか迷って

規則を確認してみたら、

やっぱり袋に入れたチップスなどの乾き物以外はダメだった。

こちらに説明あり

みんなやってるから自分も、っていうのはやっぱりダメだ。

潔く、本とガラクタだけにしよう。


テープやチョークで場所を取ってあっても

行ってみたら他の人がいたらそれはしょうがない、と書いてある。

場所を取って寝坊しようなんて虫がよすぎるから、

話し合って解決してね、って。


昔、グラシエラが遅く来て、場所を取られて揉めていたのを思い出す。

いまは子どものためではなく、物を減らすためなので

てきとうに天気を見て、

あいてる場所に並べるつもり。


日本の雑誌がほしいので、

そのためになるべく早く起きるかな。

あんまり高くなく、良心的な値段だといいな。


12時にアムステルフェーンに王が来るので

例年より日本人の方たちはだいぶ少ないだろう。


楽しい王の日になりますように!
[PR]
by orandanikki | 2014-04-25 18:45

シュークリーム

わたしは子どものときからあんまりシュークリームが好きではなくて

シュークリームとエクレアがあればまだエクレアのほうがよかったけれど

エクレアもそれほど好きではなかった。

チョコレートパフェやフルーツパフェもニガテだった。

好きだったのはウニとかカラスミ、スルメなど。

お酒も飲めないのにいまでもそんなものが好きだ。


ユンボウにがんばって買い出しにいって

これを買ってみたのだが――

f0275876_232521.jpg


パンを買い忘れてアルバートハインに寄ったら

トムプース4個2ユーロで売ってた。

悔し~い!

これ4個で2ユーロ50セントだったのだ。

ユンボウに行く意味な~し!(笑)

まぁ、いいけど、食べてる間ずっと

トムプースのほうがおいしいのに…と思っていた。


シュークリームといえば、高校の調理実習で

力作のシュークリームを学校に忘れてきてしまい、

ちょうど週末で取りにいくこともできず

月曜に泣く泣く捨てたことがあった。


シュークリームはあんまり好きじゃないけれど

シューアイスは好き。

パフェはいまも食べることはなく

ウニは永遠に口に含むとトリップしてしまう

夢の味だ。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-24 23:30

4月23日

さいしょに植えかえたバジルが大きくなってきた。

f0275876_2543350.jpg



晩ごはんは――

f0275876_2552770.jpg


グリーンアスパラのベーコン巻きを息子がリクエストして

夫が作ってくれた。

パンガシウスのソテーとともに。

スープは日本で買ってきたインスタントのコムタンスープ。

ワカメだけたっぷりプラス。


f0275876_2564365.jpg


見えにくいけど、ウサギが3羽、食事中。


雨が降って、どんどん緑が深まっている。

f0275876_320147.jpg



本が増えすぎたので、王の日に売ろうかと整理してみた。

ついでにちょっといい物も売ってしまおうかと思ったのだが

息子に止められて戸棚に戻す。

少ないものでスッキリ暮らすのはむずかしいな。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-24 03:22

イースター2日目、ライデン

きのうはまず、なつかしのブルフト(要塞)を見にいって、

f0275876_1655455.jpg


f0275876_17223112.jpg


昔はこんなレールついてなくて、落ちそうだった。


それからラプラスでみっちゃんとお茶。

f0275876_17235938.jpg


楽しい話、真剣な話、いろいろ語り合う。


2時間たったのでそろそろマルテンの両親宅へ行こうと

ラプラスのあるV&Dのなかを歩いていたら

傘がないことに気がついて……


ラプラスとトイレに聞きに行くも

なかったと言われる。

サービスカウンターにも届いていなかった。


神戸で母に買ってもらっただいじな傘をなくして

悲しくなってしまった。


「もう1度、キティちゃんのとこ見にいこう」とみっちゃんが言って

お茶の前に子どもたちにおみやげを買った売り場のレジに行き

「傘をなくしたんですけど…白くて…」と話しはじめたら

レジのおねえさんの背後に傘があった!


お金を払うときに台に置いて忘れてしまったのを

見つけた人が届けてくれていたのだ。


オランダにはないかわいい傘。

もらってしまうこともできたのにちゃんと届けてくれたことに感謝。

「オランダで失くし物が見つかるなんて奇跡!」と

みっちゃんがビックリしていた。

またまたみっちゃんパワーのよう。

この傘、ずっとだいじにしよう。


f0275876_17342330.jpg


おじいちゃんとおばあちゃん、

息子と娘、孫たちのいる家族の時間に

すぽんと混ぜてもらった。


f0275876_17401665.jpg


ホワイトアスパラガスは息子が嫌いなので、ひさしぶり。

大混乱のなか、これだけ用意してくれたおかあさんはすごい。


わたしも娘のようなものなので、

まだリハビリ中のお父さんの肉を

片手で食べられるよう小さく切り分けたりした。



食後、わたしは子どもたちと別室で

子どものための企画を本気でプレゼンさせてもらった。

りあなの感性を信じて、さいしょに聞いてほしいと思ったのだ。

とてもいい反応をしてくれて嬉しかった。


大人とか子どもとか関係ない。

通じる人とは通じるのだということを再確認できた。


おとうさんとおかあさんとは別の話をゆっくりしたかったので

「今週、電話して。約束しよう」と言ってもらってうれしかった。


マルテンが車で駅まで送ってくれる途中、

後部座席でりあなとれおんにはさまれて

人気者だったわたし。


2人のバラバラの話におなじように返事をしながら

ふと、聖徳太子が頭に浮かんだ。


車を下りて手を振っていると、れおんが

「さきちゃ~ん、かわいい~!」って言ってるよ、と

みっちゃんが爆笑して教えてくれた。

なんて嬉しい!

ちっちゃいオバちゃんが手を振る姿がかわいかっただけかもしれないが

51歳で4歳の子どもにかわいいと思ってもらえたことを素直に喜ぼう。


楽しい楽しい1日でした。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-22 18:09

おだやかなイースター、カップ戦決勝

昨夜は息子が帰ってきたので和食。

f0275876_2591582.jpg


彼女宅は金曜はシャワルマと決まっているそうなので。

鶏手羽と西洋ネギをコトコト甘辛煮にしたのがおいしかった。

サトイモの味噌汁、インゲンのオリーブオイル炒めと。


f0275876_315678.jpg


今朝はイースター用にアルバートハインのパーティーミックスを買ってあったので

夫の出勤時間に合わせて焼いて、みんなで食べた。

卵はなにもなし。


f0275876_342440.jpg


アルバートハインがイースター1日目も開いているとは、画期的。

20リットルの土をえっちらほっちら抱えてきて

またちょっと植えかえてみた。


f0275876_385612.jpg


晩ごはんのポトフに双葉を散らせてみた。

明日はカレーに変身する予定。


f0275876_311121.jpg


みっちゃんのくれたイースターの飾りに

本物のタマゴも入っている。


f0275876_313666.jpg


かわいい!


* * * * *

サッカー、カップ戦、アヤックスが1点取ったあとに花火が投げ入れられて

試合の流れが変わってしまったよう。

まさかの5対1でPECズウォレの優勝。


監督のRon Jansさん、ググッてみたら

選手をやめてから高校のドイツ語の先生になり、

後に監督になったそう。

選手時代には日本のマツダでオフト監督のもと

プレーした経験もあるそう。


「今夜は酔っ払わない。すべてを覚えていたいから」と

インタビューで言っていた。

マジメでステキな人だな。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-21 03:49

寒いイースター

f0275876_18443818.jpg


国立博物館前、せっかくチューリップできれいにしたのに

冬に逆戻りしたような寒さ。

サンダル履きの人もいて、気の毒。

いちばんビックリしたのが

マフラーを巻いて足元がビーチサンダルだった地元のおばさん。

夫と首をかしげてしまった。


さて、昨夜は息子が彼女宅に行っていたので

急きょ、ひさびさのバーガーキングデートになった。

最近は週末は我が家だったので

きのうもなにを作ろうか、考えていたのだが

「むこうの親も満足させないといけない。

こっちばかり来てるとやきもちやくから」と

大人な息子だった。


f0275876_18503381.jpg


ポテトはできたてで熱々だったけど

バーガーはもうちょっと熱いほうがよかった。

でもひさしぶりに堪能した。

f0275876_18521257.jpg


アムステル駅のほうがクオリティーは高いのだが

やっぱり出会った場所でいっしょに食べるのがいい。


昨夜も今朝もあまりに寒くてヒーターをつけた。

晴れているので今日は暖かくなりそうだ。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-19 18:54