オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
2017年10月3日
at 2017-10-04 03:51
外部リンク


<   2013年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

寄り道

ジムでひさしぶりに新しい体操を習う。


しばらく机にかじりついている間に

やばい、このままではまたひどいことになりそう、

というくらい調子が悪くなったりしていたのだが

もう休もうかと思った日にジムに行ったら

どんどん調子がよくなって

できなかった体操もできた、という話をしていたら

それはマッサージの効果、ということだった。


マッサージって翌日とかにほぐれているだけかと

思っていたら、もっと深いものなんだ。


新しい体操のなかに

フィジオテラピーで習ってやって

調子悪くなった体操があったので

それはやりたくない、と言うと、

でも、腹筋もそう言っていたけど

できるようになったから、

とりあえずやってみるよう言われる。


わたしの体の状態を理解してくれている存在は

心づよい。


更年期に強力な助っ人、

やっぱりスーパートレーナーだ。


その後、どうしようか、

道を引き返したりして迷いつつ

やっぱり行こうと思って

1人スタバ。

f0275876_4224284.jpg


夫がきのうの残りに鶏団子を入れてくれることに

なっていたので。


まかせちゃってゴメンね、ありがとう……

そう思えるとリフレッシュできる。

1時間でできる気分転換。


f0275876_4243256.jpg



「ただいま~っ」と言うと

「おかえり~。みなさんもうはじめてますよ~」という夫の声。

なんだかかしこまった感じ。


そういえば今日は彼女が泊りに来るんだった。

まったく忘れてました。

(先週も泊ってたし。)

f0275876_4262147.jpg


みんなでおしゃべりしながら。


中学生の弟がちゃんと勉強しなくて

12月中に〈不可〉が減らないと

他の学校に転校しないといけないそう。


お父さんとお母さんは怒って怒鳴るだけで

なんの役にも立たないので

彼女が勉強を見ているらしい。


自分の勉強もタイヘンなのに

えらいなぁ。


テレビでは子どもを学校に行かせず

家で授業をしている親のルポルタージュをしていて

おかしいよね、と話す。


息子は「ぼくたちの親たちはぼくたちより頭が悪いから

できないね」と毒舌を吐いて彼女にたしなめられていたが、

「ほんとだね、あなたたちがわたしたちに授業をできるね」と笑う。


息子の毒舌はよくないかもしれないけれど

事実は事実。


彼女の弟はお父さんとお母さんに似て勉強ができないのに

怒鳴っても仕方ない、ということが

頭がよくないのでわからない。


親のことも弟のこともうまくなだめて

お母さんが健康でいられるように、

弟がちゃんと勉強するように、

がんばっている彼女。


息子の存在が支えになり

うちに泊るのがホッとできる時間でありますように。


支えたり、支えてもらったり。

暮らしのなかに両方あることが、嬉しいと思う。
[PR]
by orandanikki | 2013-12-08 04:45

ワガママ

ネルソン・マンデラさんが亡くなりましたね。

オランダではちょうどシンタクラースの日で、

ズワルテ・ピット問題に関わる人たちからは

この偶然は〈しるし〉のようだ、との声も聞こえてきた。


黒い人たちが奴隷制度を思い出すことなく

シンタクラースの祭りを楽しめるように、

白人も有色人種も

煙突のすすがついて黒くなったような

メークにしよう、という運動に

わたしも賛同している。


ゴードンの〈39番 ライス付き〉発言もあって、

最近、あらためてオランダの人種差別について

考えるようになった。


以前、「雑誌を開くと白人のモデルばかりで

ヘンだと思わない?」と聞かれたときには

それが自分にとってはあたりまえだと思っていたのだが

だんだん不自然に思うようになってきた。


26年も住んでいて遅すぎかもしれないけれど、

テレビの授賞式が白人オンリーの世界だと

気づいたのは、つい最近。

有色人種の大臣がいないことは

ずっと気になっていた。



アジア人も黒い人も

テレビの授賞式にも内閣にもいて、

雑誌のモデルも市長も

色んな肌の色、文化背景の人が

ふつうにやっている国に

変わっていくといい。


わたしがなにかしたところで

社会が変わるわけではないけれど

きちんと自分のことを話して

相手に理解してもらうことだけは

マルチカルチャーな社会で心がけている。


マンデラさんのようなすばらしいリーダーだけでなく

1人ひとりの意識も

それが集まって大きくなったときに

大切だと思うので。


とりあえず、小さな存在として

自分のまわりを少しでもよくしていきたいと思う。


……なんて言ってるわりに

家族という小さな社会でもワガママが出てしまう。


「しばらくおりこうさんしてたから

ちょっとあそんできてもいい?」と夫に言ってるわたし。


おりこうさんしてたって、

2週間弱、留守を守ってただけで?!

いつもどおり、驚くほどキャパシティの小さい自分。


晩ごはんは塩鶏の鍋と

里芋としめじの炊き込みご飯。

f0275876_5404584.jpg


オレンジページに載っていたものだが

やっぱり肉が入っていたほうがおいしい、ということで

息子と意見が一致したので

次回は塩豚入りで作ってみよう。


デザートはさいごのカステラと川下りせんべい。

f0275876_538586.jpg



息子といちばん大きなカステラをめぐって争って

「何歳?!」と言われて笑っていられる――


そんな暮らしができることのありがたさは

ちゃんと忘れずにいなくては。
[PR]
by orandanikki | 2013-12-07 05:59

一休み

一区切りついて

ものすごく疲れているので

ちょっと今日はゆっくりしよう。


おやつは文明堂のカステラ。

(これは昨夜の写真だけど。)

f0275876_2212274.jpg


夫のおみやげのおいしいものがたくさんあるのに

胃の調子を壊しているので

味がみんなちがってる(涙)

ゆっくりと調子を整えよう。


仕事が一段落ついて

夫も帰ってきて

ホッとしたわたしは

いつもどおり調子に乗りすぎてしまい

息子とギクシャクする。


ホッとしたときに起こる

自然現象のようなもの。


あんなに仕事を助けてくれたし

夫のいない間やさしくしてくれた息子に

悪かった、とはげしく反省しました。


親が子どもよりエラいだなんて、

ぜったい無理があるよなぁ、と思う。

自分に関してもそうだし、

まわりの友だちとその子どもたちの

やりとりを聞くにつれても

なんかもう、

ぜったいに子どものほうがエラいでしょう?! と

確信をもって言えるくらい。


子どもに対して自分がはずかしくて

落ち込むこともあるけれど

そう思えること=

子どもがちゃんと育ち

頼りになる人間になっていることは

とてもありがたいことなのだと思う。


さて、今日はものすごい嵐だけど

ちょっくら買い物に行ってこよう。


(息子とは冷やしうどんと

ミルクティー&カステラで

仲直りしました。)
[PR]
by orandanikki | 2013-12-05 22:26

励まし

昨夜は勉強・交流の会へ。

f0275876_3592994.jpg


夫が帰ってきてホッとしすぎたのか

体調がものすごく悪かったのだが

これだけはサボりたくなくて

昼寝をして、

夜はしゃきんと行ってきた。


今年はきのうが最後だったので

「楽しい祝日を」とあいさつしあう。

手をぎゅっと握って

覚えたてのわたしの名前を言ってくれる

あたたかな人たちに励まされる。

「あなたたちがいてくれて嬉しい」と伝える。


今日はジムで仲良しのおばあさんが

「はじめてのことだからむずかしい」と

仕事の話をすると、

「なんにでも〈はじめて〉はあるんだから

心配しなくていいのよ。

プレゼンテーションするときもむずかしいと言ってたけど

ちゃんとできたでしょう?」と

笑顔で言ってくれた。


あたたかな人たちがいてくれて

ありがたいこと。


晩ごはんはパパごはん。

f0275876_414022.jpg


おいしいお肉を焼いてくれた。


やっぱり、

こんなにおいしく焼けるプロといると

わたしが焼けなくても

仕方ないな、と思う。


自分でできるようにもなりたいけれど、

作ってもらうのも嬉しいし、

う~ん、むずかしいところだ。


ジムのあと、仕事をもって寄った

Coffee Company。

f0275876_4164429.jpg


「きれい!」と言ったら

「カンペキにはできなかった」と言ってたけれど

色んなデザインのできる

ステキなおねえさんだった。


f0275876_4191862.jpg


スケートリンクもできて

12月の楽しい雰囲気にあふれていた。
[PR]
by orandanikki | 2013-12-05 04:26

おかえり!

冬晴れの今日。

f0275876_359371.jpg


ふたたび、スキポールへ。

f0275876_41457.jpg


早めに行って、

お茶しながら飛行機、見たり

仕事をしたり。


f0275876_402277.jpg


いちばん向こうのasiaと書いてあるのが

ちょうど移動してきたので、あれじゃないかと思う。

f0275876_4111635.jpg


無事、再会できて

ホッとしてスタバへ。


f0275876_413153.jpg



あ~、ホッとした。


晩ごはんは――

f0275876_414957.jpg


メンタイコ!

柳川のおいしい味噌汁と海茸粕漬(↓)

f0275876_4264980.jpg


(海茸はこりっとした貝。)



とにかく嬉しい再会でした。


パパ~! と呼べば、返事がある。

あたりまえのことが嬉しい。


「もう、さきちゃんの役目は終わった。

またこれからがんばってね。

あはは」とスタバで笑ってました。


息子と2人の時間もとても楽しかった。

みんな、ありがとう!
[PR]
by orandanikki | 2013-12-03 04:30

KLMで流れる〈Birds〉

この間、毅然とした態度がカッコいい、と書いた

アヌークのユーロヴィジョンソングフェスティバルで歌った

Birdsを貼っておきます。

(2番目は歌詞つき。)


KLMの離陸前、着陸後のBGMが

この曲のメロディーだったので、

なんだかうれしくて

いっしょに口ずさんでいたことを

思い出したので。。。







[PR]
by orandanikki | 2013-12-02 04:21

スナックバー名物?〈カップサロン〉

いつも、わたしがいないときに

夫と息子が楽しみに食べていた

カップサロン。


1度、食べてみたかったので

ちょっと後ろめたかったのだが

忙しいいま、食べてみることに。

f0275876_352361.jpg


フライドポテトにドネルケバブをのせた上に

チーズをのせてとかして、

最後にドレッシングをまぶしたサラダをかけたもの。


まだ歴史は浅く、2003年に

ロッテルダムの床屋さん(=カップサロン)が

顔なじみのスナックバーで頼んで

作ってもらったのが広まったらしい。

英語の説明はこちら

なかなかおいしかったし、

ジャンキーなもののなかでは

わりとヘルシーのような気分になる。

たまに食べるならいいかも。


豪華なだけあって

値段も1つ7ユーロするらしい。

息子が雨の中、

自転車で買いにいってくれました。

(わたしはアルバートハインに買い出しに。)


とりあえず、なんだか楽しい晩ごはんでした。


明日の晩ごはんは指折り数えて待ってた

おいしいものが食べられる予定。


楽しみに、もうちょっとがんばろう。
[PR]
by orandanikki | 2013-12-02 04:05

冬空

ジムの階段を上がろうとしたら

そろりそろりと下りてくる人がいて……

メルセデスだった。


またちょっとギクシャクしていて

おとついはショッピングセンターで

ばったり会ったのだが

むこうは電話中、

わたしは仕事でいっぱいいっぱいで

手を振っただけで立ち去ったのだった。


この距離では話さないわけにはいかなくて

近況報告ができてよかった。


おとついはショッピングセンターで

角を曲がったらばったり、

今日はジムの階段の踊り場でばったり。

不思議なタイミングだなぁ。


そろりそろり歩いていたのは

体のあちこちが痛いからだそう。

わたしも2週間ほとんど

机にへばりついていて

疲れた者どうしの会話が可笑しかった。


ジムではトレーナーに腰のケアをしてもらう。

ほっとできるひととき。


家に帰ると息子たちが出かけるところだった。

今夜は息子の学友がチェリストとして

コンセルトヘボウの舞台に立つ日。

そんな友だちがいるなんてステキなこと。

彼女と2人、おめかしして出かけていった。


f0275876_3321873.jpg


ジムに行く前に見たきれいな空。


メルセデスとのタイミング、

トレーナーがいてくれること、

息子が彼女とコンセルトヘボウ……

色んなことがうれしい夜。


さて、この週末で終えてしまえるよう

今夜ももう少しがんばろう。
[PR]
by orandanikki | 2013-12-01 03:38