オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年3月24日
at 2017-03-25 03:17
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
外部リンク


<   2013年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

落ち込み

どんより、落ち込み中。

仕方ない、こんなときもあるさ。

f0275876_22352994.jpg


中庭はきれいで気持ちいい。


おやつは実家そばのコープで買ったカステラ。

f0275876_22371750.jpg


牛乳をたっぷりかけて。


さて、あれこれ考えず

やらねばならないことをどんどんやっていこう。
[PR]
by orandanikki | 2013-11-10 22:39

ユニクロのおみやげ

息子の彼女におみやげ。

f0275876_22424931.jpg


ユニクロのフリース。

これは彼女の色だなぁ、と思ったとおり

よく似合ってうれしかったので写真を撮らせてもらう。

息子がふざけて変顔でピースするので

笑いのとまらない彼女。

f0275876_22465833.jpg


ごはんと味噌汁を食べる2人。

(散らかりすぎなのは見逃してください。

ちなみに、日本から買ってきたものを

手洗いして干しています。)


「ゴメンね、わたしヘンで」と言いながら

後ろから忍び寄ってまた写真を撮るわたしでした。


息子のものより彼女のほうが好みがわかる。

母とえらんだポーチも

まちがいなく彼女の好みと思ったソックスも

増上寺の天然石の御守りも

みんな喜んでくれてよかった。


マテアにもユニクロの長袖Tシャツを

色の注文を聞いて買ってきたので

届けなきゃ。


自分や家族のおみやげも含めて

ユニクロでの買い物は大きな袋にいくつも。

それでもダウンジャケット1着分の値段くらいなのがすごい。


手持ちのジーンズではけるものがほとんどなくなっていたので

(太りました!)

替えのパンツをもたずに日本に行って

早朝の成田のユニクロで

友だちがはいていたのと同じようなパンツを

まず買って、ホッ。


銀座のユニクロで

自分のダウンや息子に頼まれていたジャケットを買い、

元町のユニクロで夫と息子のルームウェアを買い、

自分のジーンズも買い、

さいごの成田でもやっぱりユニクロで

ヒートテックのキャミソールを1枚、買った。


帰りの飛行機を降りて薄着だったRくんに

「ユニクロでジャケットとか買わなかったの?

あっ、ロンドンにはユニクロあるもんね」と話していると、

前を歩いていたおばさんが振り返って

自分のダウンを指さして「ユニクロ!」

「わたしも!」と言って、笑い合った。



今日のおやつは――

f0275876_22581824.jpg


味噌煮込みとともに名古屋の友だちのくれたういろう。

勿体ないので栗のほうだけをだいじにおいしくいただいた。


今夜は息子は彼女宅泊りなので

わたしはさっとある集まりに行き

そのあと、夫とまったりするつもりだったのだが、

疲れがピークなので

家でゆっくり体を休めようと思う。
[PR]
by orandanikki | 2013-11-08 23:12

味噌煮込みを食べていたら、

今日はそうじの日なのだが、

まずその前にウォルフレンさんに電話。

おじいさんの本のことを報告したらとても喜んでくれて

「嬉しい知らせで今日1日、元気でいられる!」と

こちらが嬉しくなることを言ってくれた。


おじいさんの本はウォルフレンさんとのプロジェクト。

わたしの日本行きで進めることができてよかった。

がんばらなくては。


お昼ごはんは味噌煮込みうどん。

5年ぶりに会った名古屋の友だちがくれたもの。

f0275876_224416100.jpg


はふはふと味わいながら食べていたら電話が鳴って……

なんと、窓ガラス屋さんがいまから30分後に

窓を取り換えにきてくれることに。

だいたい食べ終わっていたからよかったけれど、

大急ぎで味噌煮込みの匂いを部屋から消すのに苦労した。

(たぶん、消えてなかっただろう。)


そんな苦労も持ってきた窓のサイズがちがっていて

無駄になってしまった。

このあたりのアパートの窓が老朽化で

よく取り換えているのだが、

この通りのものだけがサイズがビミョウに異なるのだそうだ。


ちゃんと測ってから持ってくるのではなく、

持ってきてから測るっていうのが

オランダらしいなぁ。


「ゴメンね」って言ってくれたけど、

めったにない味噌煮込みうどん、

ゆっくり味わわせてくれよ~、と思った。

(ちなみに、講義が3時過ぎからの

息子も、窓を取り換える彼の部屋で

味噌煮込みを食べていて、

30分後に来ると聞いて焦っていた。)



おやつはマークス&スペンサーのダージリンで

成田空港のタリーズのワッフル。

f0275876_22515040.jpg


前夜は2時ごろまでスーツケースを詰めては重さを量り

タイヘンだったのだが、その甲斐あって

23キロまでのところを22,9キロでチェックインでき、

ようやくホッとできた時間。

f0275876_22585726.jpg


アボガドソースののったホットドッグ。

このあと、ウォールナッツのドーナッツまで食べて

おなかが苦しくなってしまった。


それでもわたしは機内での2度の食事のあいだに

アイスクリームだけではおなかがすいてしまうので

非常用にワッフルを買っておいたのだ。


行きの機内でも夜中におなかがすいて、

ロンドンから朝早く出てきたRくんは

わたしよりひもじい思いをしていた。


「わたし、すごくヘンなものをもってるんだけど……

タヒニっていう練りゴマとハチミツを塗ったパン。

息子にはピーナッツバターの匂いがニガテな人もいるから

そんなもの飛行機で食べたらメイワクだって言われたんだけど

よかったら食べる?」と聞いたら

素直に食べる、と言ったので、

出会ったばかりのRくんといっしょに食べることに。

おいしい、と喜んでくれた。


そういえば、別れるときには

エルテンスープが1箱、残っていたので

それもプレゼントしたのだった。

ロンドンでエルテンスープ、

飲んでくれたかなぁ。


ちなみに、Rくんは昔、

日本の小学校と中学校で英語の先生をしていたそうで

日本語がペラペラ。

楽しい会話はすべて日本語でした。


飛行機を降りておしゃべりしながら歩いていたら

「もう日本語が下手になってきた!」と

言っていたのがかわいかった。

そして、その感じがよくわかる! と思った。
[PR]
by orandanikki | 2013-11-07 23:29

楽しかった日本

日本での濃い時間、

すべてのスケジュールを無事こなして

昨夜、雨のオランダに戻りました。


日本で会ってくれた人たち、

会えなかったけれど電話やメールでつながり、

わたしの事情を察して

会うのは次回にしてくれた人たち、

あたたかな友だちと家族に

心から感謝。

ほんとうによい旅でした。


着いた朝早くには

小学校からの友だちが

忙しいなか、成田に会いにきてくれ、

その夜はもう1人の小学校からの友だちと食事。

東京を離れる前夜はまたこの2人がそれぞれ、

お寺詣りと晩ごはんにつきあってくれた。


神戸でバタバタしているとき、

気がついたらその日の昼食が1人ぼっちで

高校の友だちに電話してみたら

たまたま仕事の忙しくない日で

かけつけてくれてお蕎麦屋さんに連れていってくれ

ユニクロでの試着、

ごちゃごちゃのホテルの部屋での船便の箱詰め、

郵便局行き、めずらしいチョコレート探し、と

めいっぱい手伝ってくれた。


あたらしい友だちもできた。

イギリス人のRくん。

なんと、行きも帰りも飛行機が同じだったのだ。

まだ会ったばかりなのにすっと友だちになっていた不思議。


スキポールからロンドンに乗り継ぎで別れるとき

彼の後ろ髪がぴんとまっすぐ空に向かって立っていて――


そのときには気づかなかったのだが

わたしと同じようなアンテナをもっている人だから

縁があったような気がする。


昔からの友だちも新たな友だちも

会えた友だちも会えなかった友だちも

ほんとうにたいせつな存在。

ありがとう!


家族ともとてもいい時間がもてた。

「なんかまるで仲良しの親子みたいだね」

そんなことを父と母、弟と

おいしい中華を食べながら笑って話した。

「いままででいちばん楽しかったね」と

さっき父とも電話で話した。


母のことをフォローしつつも

まだムスメの時間を楽しませてもらった。

わたしたちの関係性を

鋭い、的確な言葉で説明してくれた。

いつか書いてみたいと思う。


軽井沢行くはずで計画した日本行き。

出発前に軽井沢がなくなって

〈わたし、なにしに日本に行くんだろう?!〉状態だったのだが

着いた翌日に答えがはっきりした。


出版社の友だちにおいしいお昼をごちそうになりながら

ぜひとも出したい小説について力説していると、

「でもまず、おじいさんの本を出したほうがいいと思うの」

という、予想だにしなかったことを言ってくれた。


どうしても形にしたくて

出版社が見つからなくても訳すつもりだった本が

突然、訳せることになった。


f0275876_23363072.jpg


赤坂の菊乃井。

いちばんおいしかったのは

ブリの炊き込みご飯。

作り方を惜しみなく、詳しく教えてくれたので

ぜひ参考にして魚の炊き込みご飯を作ってみようと思う。


美しくおいしい数々のお料理と

楽しいおしゃべり。

おじいさんの本を訳せること。

忘れられない時間になった。


帰り道はわかる? と気にかけてくれたけど

道なんてどうでもよかった。

「ほんとうはすごく嬉しいことなんだけど

ビックリしすぎて実感できない。

これから嬉しさを噛みしめます(笑)」と言って

お別れする。


ようし、これからまたオランダでがんばろう!


さて、まだ旅の片づけが残っているので

このへんで。

書きたくてしょうがないのに

家のインターネットの調子が悪いので

ラプラスにおじゃまして書きました。


まだまだ書きたいことがあるので

またぼちぼちと。


とりあえず、元気で帰ってきました!
[PR]
by orandanikki | 2013-11-06 23:56