オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年7月26日
at 2017-07-27 02:52
2017年7月22日
at 2017-07-23 05:43
2017年7月20日
at 2017-07-21 03:28
2017年7月15日
at 2017-07-16 02:38
2017年7月14日
at 2017-07-14 23:52
外部リンク


<   2013年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

地味な1日

そうじをしていたら雨から晴れに変わった。

f0275876_611865.jpg



アルバイトの前に晩ごはんを食べると言うので

ささっとパスタ。

f0275876_622531.jpg


味の決め手はチェリートマトの酸味。

野菜(今日はニンニク、タマネギ、セロリ、マッシュルーム)を

オリーブオイルで炒め、塩コショウで味つけし、

チェリートマトが柔らかくなったら

ツナ缶をオイルごと入れて

めんつゆ(韓国のもの)も回し入れる。


スパゲティを茹でてエクストラバージンオイルと

めんつゆ、こしょうを軽く和える。

トッピングに刻んだバジルとアンチョビーをかける。


息子には物足りなかったようで

「帰ってきたらおいしいものが食べたい」と

ガックリすることを言って出かける。


夫が食後に機嫌よく鼻歌を歌いながら

オムライスを作ってあげていた。

f0275876_69239.jpg


帰って来た息子がビックリしていた。

嬉しそうに、誕生日のときみたいに

ケチャップで「19」と書いて。

f0275876_6101988.jpg



できたてがおいしいよね、と早くにパスタを食べてしまったので

わたしはお夜食にカボチャのスープを飲みました。


ごはん日記、おしまい。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-11 06:15

秋の1日

仕事上の友だちとCoffee Companyへ。

f0275876_2434555.jpg


ここだと思いこんでいたら別の店舗だったので

せっかくのおいしいフラットホワイトをテイクアウトにしてもらい――

f0275876_2443935.jpg


こちらに移動。

待たせてしまったお詫びのミントティーとバナナローフで

楽しい話をたくさんする。


仕事上のつきあいから、

会うたびに親しい友だちに変わっていく。

通じ合っていることにおたがい驚きあいながら。


オランダに住みはじめたころはよく、

日本だともっと楽しいことがたくさんあるのに

人と会って話すくらいしかないなんて

つまんない国だな、と思っていたけれど

きっとほんとうはこっちのほうが面白い。


いや、会話を楽しめる自分に変わったからこそ

オランダを楽しいと感じられるようになったのだろう。


こんな秋の街を歩いて、

f0275876_2593377.jpg


f0275876_30841.jpg


バックグラウンドのちがう人と通じ合う会話ができるだけで

わたしは嬉しい気持ちになれる。



その後、めずらしくショッピング。

f0275876_374497.jpg


旅で使うためのもの。

マリメッコ風のポシェットが8,95ユーロで買えた。

(H&L SIERADEN SHOP, Kloveniersburgwal 40にて)

スカーフは友だちがプレゼントしてくれたお気に入り。

今日、会った友だちにも褒めてもらった。


晩ごはんは――

f0275876_3153076.jpg


アルバートハインで安売りしていたソーセージ。

牛と豚ではダントツ、豚がおいしかった。


カボチャのスープはニンジン、ジャガイモ、セロリ、

そして先日の鶏じゃがのおいしい濃縮スープ入りで

とてもおいしかった。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-10 03:25

ベジタリアン

きのうの晩ごはんはクリームソースのパスタ。

f0275876_38394.jpg


牛乳と白菜を消費したかったので、このメニューになった。


スモークサーモンでなくパンガシウスにしてみた。

Honig社のtagliattele roomsausの素を使って

野菜たっぷりソースができたところに

一口大に切ったパンガシウスを入れるだけ。

ぷりっとしていておいしかった。


鉢植えのバジルはアルバートハインで1,99ユーロでした。


今日は――

f0275876_3125470.jpg


ベジタリアンというとたいていファレッスのシュニッツェルなので

これを試してみることに。

f0275876_3142621.jpg


インゲンと炒め、めんつゆと砂糖で息子が味をつけてくれた。

白菜のサラダ(バジル入り)と

冷蔵庫で寝かせた鶏じゃがとキムチと。


味噌汁も作りたかったのだが

ひさしぶりにジムでフルメニューこなして

余力がなかった。


ちなみに、gegrilde stukjes (グリルした小片)には

大豆タンパク質が48%、

小麦のタンパク質が14%、含まれているそう。


こんな不自然な肉まがいのベジタリアン製品……

人工的な味がするし

ほんとうに体にいいのか、ということが

ふと頭をよぎる。


そういえば昔はベジタリアンといえば

アルバートハインのピュアなオーガニックの豆腐を

野菜と炒めるものだったのに。

わたしはアルバートハインの豆腐が好きなのだが

息子が嫌がったので買わなくなっていた。


EkoPlazaのドイツの豆腐は

味噌汁にしてもそのままでも大好きだから

また買いにいこう。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-09 03:44

日常のなかのコンセルトヘボウ

先週がブラームスのヴァイオリン協奏曲で

今週がチャイコフスキーのピアノ協奏曲。

2週つづけて好きな曲を聴いてきた。

f0275876_18313284.jpg


始まる前にチャイコフスキーについてのミニ講演&コンサートもあった。


f0275876_18332841.jpg


めずらしく空席が目立ったのは3日公演の2日目だったから?

両隣りも前も空いていたので

いつもより大胆にハモることができて楽しかった。


あたたかな秋の夜のおさんぽに

コンサートに行けるなんて

贅沢なことだと思う。


わたしが聴きたい曲はほとんどが

ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団のもので

それをひっそりと後ろのほうで聴くのが好きなので

たったの18ユーロで行ける。

トラム代もチケットに含まれるので

とても良心的だと思う。


わたしがアムステルダムに引っ越したとき

あの子はコンセルトヘボウのそばに行ったんだと思った、と

母が言っていた。

音楽を聴くためにそこに導かれて。

それはほんとうかもしれない。


わたしだけのたいせつな時間。

おばあさんになるまで、

ずっとそんな時間がもてますように。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-08 18:47

夜のアムステルダム

昨夜はダムのOriental Cityで

おいしい魚料理をごちそうになった。

f0275876_241796.jpg


ひさしぶりにお目にかかった仕事関係の方と

ゆっくりいろんなお話しができてうれしかった。


1つ、「?!」とビックリだったのが

クレジットカードでの支払いの際、

料金の下に〈fooi(チップ) 11.00〉と書かれたレシートが出てきたこと。


「この額を払いたくなければ問題ないですよ。

払ってくれるなら(器械の)イエスを、

そうでないならノーを押してください」と

日本の方に言っている。


まぁ、いいか、と払ってしまいそうだったけれど

「ノーを押してください」と言い、

わたしが現金でチップを払った。


まぁ、いいか、と払ってしまう人や

わからぬままイエスを押してしまう人が

観光客にはたくさんいるだろう。


11ユーロはあまりにも高すぎる。

オランダ人と観光客は別扱いなんだろうか……?

とても疑問が残った。


Oriental City、おいしいけれど

お会計は気をつけてくださいね。



我が家の日曜の晩ごはんは――

f0275876_2135422.jpg


いつもの鶏じゃがだけど、

この間からアルバートハインに登場した

オーガニックの鶏手羽で。

f0275876_2152012.jpg


しっかりと筋肉がついていて

ブロイラーより噛みごたえがあっておいしい。

ブロイラーが同じ値段で9つ入っているのに対して

こちらは6つ入りだけど

その価値はあると思う。


ちなみに、アントワープにいたときには

スーパーの鶏がオランダよりずっとおいしくて驚いた。


小皿のトマトはバジルの鉢がやっと手に入ったので

オリーブオイル、酢、ヒマラヤ岩塩とバジルを和えた。


* * * * *

f0275876_219163.jpg


我が家の窓から見える小さな秋。

これだけでも紅葉がきれい。


f0275876_220421.jpg


きのういっしょに歩いた飾り窓地区。

たくさんの観光客が写真を撮っているのを見て

わたしも1枚。


ユトレヒトでは外国人売春婦の人身売買が問題になり

市営の安全な売春街が閉鎖されたために

ホテルで危険を冒して売春せざるをえなくなったり

稼げるお金が減って子どもが養育できなくなったり

べつの問題が発生しているよう。


日本も含めて世界じゅうどこにでもある問題について

とてもきれいで強そうなおねえさんたちの横を歩きながら

しばし考えてしまった。


これもまた、アムステルダムの姿なんだ。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-07 02:45

カレーの日

ひさしぶりにカレー。

f0275876_2232898.jpg


ジムの帰りに家の前を通り過ぎて、

2分歩けばカレーのルーを買える……


小さなことかもしれないけれど

(そして何度も書いたけれど)

日本食の店が近いのは

心の安定にいいし、

とても贅沢なことだと思う。


「カレーはおいしいよねぇ。

子どものときに食べて育ったから

なつかしい味なんだよね」と夫。


ウナギの漁師さんの家で

「またウナギ?!」というくらいウナギや

おいしい魚を食べて育った夫には

カレーがごちそうだったそう。


一瞬、カレーをうれしそうに食べる

少年時代の姿が

頭のなかに浮かんできた。


誰でもなつかしい記憶のよみがえる

カレーはそんなやさしい食べ物。



f0275876_2255083.jpg


木曜の夕方、ドイツから届くパン。

やっぱり栗あんぱんを買ってしまった。

夫と半分つ。

息子にはチョコレートパン。


カレーがおいしく食べられるよう

食後のデザートにしたので、

これから栗あんぱんをいただきます。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-05 02:37

世界動物の日

今日は世界動物の日でしたね。

オランダでは来年から動物をショーウィンドウで売ることは

禁止になったそう。(こちらからどうぞ

ショーウィンドウを見て「かわいい!」と思って

突発的に買ってしまうことを防ぐためらしい。


我が家のかわいかったZazaは春に天に召されました。

何日も苦しんで亡くなり、見ているのがつらかったけれど

「Zaza、よく頑張ってるね」という息子の言葉に

ほんとうだね、というしかできなかった。

f0275876_254660.jpg


人間以上に動物といっしょにいられる時間はかぎられているけれど

出会えたこと、来てくれたことに感謝して

たいせつに育てるしかない。


* * * * *

アントワープ滞在中に夫と動物園に行ったのだが……

小さな子どもなしに冷静に見てみると、

ゾウもキリンもペンギンもサルも

こんなところに連れてこられて

狭いところに容れられて

おかしいんじゃないか、と思った。


人間だってこんなところに閉じ込められて

見つめられたら嫌なのに。


人間のしていることは

自分も含めて矛盾だらけだな。

f0275876_2153955.jpg


昔はここでペンギンを見るのが大好きだったのだけれど、

こんな室内で狭い空間で気の毒に感じた。


f0275876_218253.jpg


それにしても暑い日で

5分おきに日陰に腰をおろしていたっけ。

なつかしのアントワープ。。。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-05 02:20

嬉しいことがたくさん

ジムに行ったら、トレーナーが突然、

おとうさんに会いにアメリカに行くことになってて

2週間後にマッサージしてもらうはずだったのが

いきなり、いまからになった。


いつもはやっぱり緊張してしまうのだが

緊張する時間もないままにしてもらったマッサージは

いつもよりも効いて

あまりにも腰が軽くなったので

今日はトレーニングを途中で止めた。

(なんじゃ、そりゃ。)


トレーニングから、仕事から、ストレスから

古傷から、はたまたプレ更年期から……

わたしの腰はすぐに固まってしまうのを

トレーナーもよく知っているので

「1日だけ、軽い腰のままでいたい」と言うと

「楽しんで」と笑顔で言ってくれた。


トレーニングだけじゃない人間的なつながり、

それもヘンなこと一切なく。

そういうのをもっていることが

宝物のように感じる。


自分にとって大切な人たちがいて

誰かにとって大切な自分がいる――


きのうはおもいきりネガティブだったけど

人生の意味はそんなところにあるのだと思う。


それを実感できた嬉しい日。


帰ったらうれしいメールが2つ来ていた。

ジムや新しい人間関係や仕事の機会や……

いろんなところに自分の居場所があるから、

わたしはきっと大丈夫。


トレーナーがアメリカにいるころ

わたしも旅に出ている。

おたがいのよき旅を願って

笑顔でお別れした。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-05 00:07

今日のあれこれ

デヴィとラプラスで人生について語り合う。

72歳のデヴィと50才のわたし。



人生は結局のところ、出会った人全員と別れることの連続――

いままでもわかっていたけれど

アントワープで1人になってみて

その想いが強まった。


だからこそ、楽しめるときを大切に、

出会いを大切に生きるっていうこともわかっている。

でもやっぱり人生はせつないよなぁ。


今朝、夫を見送って

「ほんとにいい人だよね。

いいお父さんがいてよかったね」と息子と話す。


まぁ、いつかはかならずお別れがやってくるのだけれど

いまこれだけ絶賛していたら

(もっと感謝の気持ちをつたえておけばよかった!)とだけは

思わずに済みそう……ということが

小さな救いかもしれない。


デヴィにいっぱい励ましてもらい

今度また会う約束をする。

1つのことを終えたときに。


その後、ETOS(ドラッグストア)へ。

1ユーロでホテル仕様のタオルが買えるシールが

タオル2枚分、たまっていたので。


まちがったタオルを取ってレジに並んでいたので

おねえさんが正しいタオルを取りにいってくれたのだが

おまけについてくるフェイスタオルは別の色にしたくて

「青色もある?」と聞いたら

ニコニコともう1度、取りにいってくれた。


振り返ると、5人くらいのお客さんを待たせてしまっていたのだが

おねえさんはぜんぜん気にしていないし

めずらしくメイワクな客になっていたわたしも気にならなかった。


いつも列ができていても気長に待っているから

たまにはいいよね、と思える。

おたがいさま、とみんなが思うから

怒り出すお客さんが少ないところが

オランダのいいところ。


「何度も取りにいってくれてありがとう!」と言うと

ピカピカの笑顔で「よい1日を!」と言ってくれた。


* * * * *

晩ごはんのスカーデラッペンの元はこんなふう。

f0275876_4271217.jpg


コラーゲンたっぷりの立派なスジ。

安売りで6,35が4,44ユーロになっていた。

昨夜のうちにヒマラヤ岩塩を揉みこんでおく。

f0275876_4282021.jpg


味付けはヒマラヤ岩塩、コショウ、ローリエ、オリーブオイル、醤油少々。

明日はカレーにする予定。


せっかく体にいいものを息子のアルバイトに間に合うように作ったのに

「あっ、ぼくは食べ物もってるから」

仲良し女学生2人といっしょにお昼に飲茶を食べにいっていたそうで

持ち帰ったちまきを食べて出かけていった。

楽しそうでなにより。


昼間、デヴィとETOSのあいだに

ちょうどバイト先のオーナーに会ったのだった。


「息子を働かせてもらってとても嬉しい」

「わたしも彼が働いていてくれてとても嬉しい」

「そう言ってもらえるととても嬉しい」

とおたがい言い合う。


自分自身にはまだまだダメなところがいっぱいで

人生に迷ってばかりだけれど、

そんなふうに思ってもらえる息子が育てられただけでも

ほんとうによかった。


「こんなに育てるのがカンタンな子どもはいないよ!」と

息子に言われ、

悩みがあるとまずは息子に相談する

頼りな~い母だけど。。。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-04 05:47

ピザパーティーとワサビ・ルッコラ

アルバートハインでDr.Oetkerのリストランテが

2枚買えば1枚タダになっていたので

(3枚6,63ユーロが4,42ユーロ)

晩ごはんはピザに。

f0275876_253543.jpg


1枚目、マッシュルーム、

2枚目、ツナ、

3枚目、モッツァレラ。

はじめてのマッシュルーム、なかなかおいしかった。

がっつり、BBQチキンなどのない

ベジタリアン風のピザパーティーでした。


せめてサラダを作ろうと見ていたら

〈ワサビ・ルッコラ〉なるものを発見。

試してみたくて買ってみた。


一口、噛んでみると、

「うわぁ~っ、ワサビの味!」

そんなに辛くはないけれどまさしくワサビ。

ふつうのルッコラのほうがいい、と息子には不評だったけど

また買ってしまいそうだ。


今日はめずらしく昼も夜も手を抜いたので、

明日はスカーデラッペンとヒヨコ豆をじっくり煮ます。


ついでに最近の晩ごはん。

f0275876_38889.jpg


めずらしく、カボチャがほくほくでおいしかった。

夫が前の日に作ってくれた豚、ナス、キャベツの炒めものの

残りを使った焼きソバ風パスタもおいしかった。

f0275876_392117.jpg


ファレッスのベジタリアンシュニッツェル。

チンゲンサイが1ユーロだったので炒めものに。


2日連続の味噌汁は

EkoPlazaで売っている4ユーロくらいの

ドイツから来るおいしい豆腐入り。


豆腐の味噌汁なんてとてもひさしぶり。

まさしくソウルフード、

ほっとする味でした。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-03 03:19