オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年3月24日
at 2017-03-25 03:17
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
外部リンク


<   2013年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オランダ語のコラム

やっと久しぶりにオランダ語のコラムを書くことができた。

(こちらからどうぞ)

安楽死の講演の準備に入るまでは

定期的に書けていたのだが

(もうこれでわたしはいつでも書ける!)と思ったのが甘かった。


少し間が空いてしまうと

カンが戻らず、

何度、書いても自分のなかでボツばかりだった。


そして、時事問題について書くには

まだオランダ語がついてこない、という

シビアな事実も発覚。


なにせ、脳の記憶機能が日本語モードだから、

オランダ語で書くには

日本語で記憶された事柄を

オランダ語に再度、翻訳せねばならない。

そのためには語彙が十分でないのだ。

それはこれからの課題。


ボツばかりで気が滅入り、

わたしがオランダ語で書く意味はあるのか、

必要なのか、

もう諦めてもいいんじゃないか、

考えあぐねた。


結果、

自分はこれからなにをして生きていきたいのか

真剣に考えることにまでなり

やはりオランダ語でも書いていきたい!

そう強く思った。


こんなにオランダ文学が好きで

ずっと読みつづけてきて

こんなに翻訳が好きで

何千ページも訳してきて

(発表されていないものもたくさんある)

こんなにオランダ語が好きで

いまだに毎日、勉強していて

こんなにオランダ人とコミュニケーションするのが好きで。


ぜったいにオランダ語でも書きつづけたい。

きっと、10年後にはもっとうまく書けるようになっているはず。


そのためにはまず1つのコラムを書き終えること。

もう途中で投げ出してはダメだ、と

強い意志で日曜日の午前中に

1時間で書き上げて、

これで安心、あとは直していくだけ、と

スタバに行ったのだが――


まだまだここから何度も書き直した。

長くなりすぎないように

まどろっこしい箇所を削っていく作業。


ああ、やっぱり今回も完成しないかも、という

ギリギリの線でなんとか仕上げたものは

ようやく納得のいくものとなった。


息子もいつもは毒舌なのだが

今回は内容にもOKを出してくれた。

編集長も仕事中にすぐに読んで

すごくいいよ! とメールをくれた。


あ~、よかった。


息子が「なんかキレイに書こうとしてるの?」と笑っていたけど

文学的な表現も少しできるようになった、と認めてくれたよう。


オランダ語で書く楽しさを思い出すことができた。


内容は――

この間、書いたオクラホマシティで過ごした夏のこと。


なぜ、日本語もまともに喋れないようなシャイなわたしが

ホームステイすることになったか(母のおかげ)、


農家で馬に乗るのを楽しみにしていたのに

オクラホマシティのサラリーマン家庭でガッカリしたこと、


軍人で横浜にいたことのあるお父さんが

銀座カンカン娘を聞かせてくれたこと、


オランダの音楽を聞かせてくれて

「ホラント、ぼくの両親はここから来たんだ」と

地球儀で教えてくれたこと、


そのとき、異文化について他言語で話すことの楽しさを知り、

文化人類学を学ぼう! と決め、

オランダに留学することになったこと、


お父さんの「ホラント」という声が

いまも頭に響いて、

まるで「いまにキミはそこに行くんだよ!」と

予言していたみたいだったこと……


そんな感じです。


だいじな思い出をだいじな言葉で

書くことができ、

オランダの人たちにも読んでもらえて嬉しい。


いつかもっと多くの人に読んでもらえるよう

これからも少しずつ書いていこう。
[PR]
by orandanikki | 2013-06-06 00:24

人間ウォッチング

買い物に出られなかったので、家にあったもので晩ごはん。

f0275876_15845.jpg


白菜のクリームパスタ。

ホワイトソースを作っておいて、

白菜、タマネギ、ニンジン、茶シャンピをオリーブオイルで炒め

(ヒマラヤ岩塩とコショウで味付け)

ひたひたの牛乳、醤油とだし少々を入れて煮ておく。

(この段階でホワイトソースを入れると焦げるよ、と後ろでプロが言うので。)


スパゲティを投入し、薄切りのソーセージとホワイトソースを入れて

混ぜれば出来上がり。

適度にこってりしていて、とてもおいしかった。


ガラスのおちょこには白ワイン。

何年か前にアフタヌーンティーで買って

だいじに持ち帰ったものなので

食事が終わったらすぐに洗って拭いて

割れないように仕舞っている。



今夜はデクスターの前にLevensliedもあるので

色々済ませてしまわねば。


デクスター、いまやっているのはシーズン7。

わたしは6からときどき見るようになり、

クリフハンガーが気になって

7から真剣に見はじめた。


もうすぐアメリカではラストのシーズン8がはじまるらしい。

「いっしょに見ようか?」

試験が終わったのでいっしょに7を見ている息子に言うと、

思ったとおり、「嫌だよ、1人で見たい」との答え。


大好きな番組は1人きりで見て

思いきりその世界に浸る――

わたしも同じなのだ。


Levensliedと言えば、

土曜日のジムにディランにそっくりな人がいて

気づかれないように観察してしまった。

どうやら本人ではないようで、

気弱で情けないディランを

カッコよく、渋くした感じで

なかなかステキだった。


ジムで色んな人を観察するの、

楽しい。

もちろん、こちらも観察されているのだけれど。


去年、「キミは27歳くらい?」と言ってくれた人は

もう見かけなくなったけれど、

あれは歴史に残る褒め言葉だったなぁ。
[PR]
by orandanikki | 2013-06-04 02:27

気持ちのいい日曜

今日は頭が冴えていて、

やらねばならないことが一気に進んだ。

f0275876_217144.jpg


だいたいできたのでスタバへ。

このままの調子で進めよう。


不思議なことに、

きのう立てた目標にぴったりの人が

何年ぶりかでフェイスブックで探して

覚えてる? と今朝、メールをくれた。


息子よりも年上の子どもたち2人は

ニュージーランドとニューヨークにいるそう。

息子より下の子は

家具職人になる勉強中らしい。

それぞれに、らしいなぁ。

今度、会っておたがいの積もる話をする予定。


まるで神さまが、

そっちの方向に進んでいけばいいんだよ、と

言ってくれているような気がした。



気分がよくて

晩ごはんもおいしいものができた。

f0275876_2223985.jpg


塩豚の炊き込みご飯の応用で

塩鶏手羽の炊き込みご飯。

漬けこむ時間は2時間で十分。

あとの味付けはお米3合+押し麦に

今日は醤油大匙3、オリーブオイル大匙2で。

(日本酒は鶏手羽にヒマラヤ岩塩とともに

すりこんであった。)


ちょっと洋風にしたくて

ニンニクを4粒ほどスライスして入れた。

(炊きあがりにバターも混ぜるつもりだったのだが、忘れた。)

あとはいつもどおり、西洋ネギ1本と茶色マッシュルーム。


鶏鍋の予定で白菜が買ってあったので

白菜とギョウザのスープと

白菜とキュウリの浅漬け風サラダも。

(浅漬けの素、お酢、オリーブオイルを混ぜたもの。)


ぜんぶ、とってもおいしかった。



窓の外はこんなに緑になった。

f0275876_2311521.jpg


しばらく気持ちのいい天気がつづくようだ。


f0275876_2482597.jpg


デザートは1日遅れでドイツから届いた栗アンパン。

やっぱり夫と半分つがちょうどいい。

ふわっとやさしい味でした。
[PR]
by orandanikki | 2013-06-03 02:54

目標

きのうはひさしぶりの方とお茶。

f0275876_237153.jpg


天気がよかったので、書店内のカフェは空いていてよかった。

f0275876_2373752.jpg


長く日本に住んでいたけれど

日本人の友だちはいない、と淡々と話してくれたのが面白かった。

長くオランダに住んでいるけれど

オランダ人の友だちはいない、という日本人と会ったそう。

じゃあ、友だちになりましょうか、というわけでもないところが

淡々としていていいなぁ、と思う。


今日はジムに行く前にマテアのところに。


f0275876_2431666.jpg


わたしの買ってきたユニクロをいつも喜んで着てくれている。

アイシャドーを同じ色にしていておしゃれ。

さすが、現役のエステティシャン。


わたしのことをいつも気にかけてくれていて

最近の色んな話を聞いてもらう。


こういう人たちがいてくれるからこそ

安心して楽しく暮らせる。


40年住んでいてもオランダ人の友だちがいない――

でも、きっと、遅すぎるということはない。

その人にも1人でもいいから

いい友だちができるといいだろうな。


f0275876_2512536.jpg


晩ごはんはパパパスタを4人で。

ちょっとワインが入っているそうで

いつもよりずっとおいしかった。

小食な彼女もとってもおいしいと言ってくれた。


弟が進級できるか、むずかしそう。

両親よりも彼女のほうがみんなのお母さんのようなのに、

両親はなかなか彼女の言うことを素直に聞こうとしない。

優等生で勝手に育った娘とはちがう息子の育て方も

よくわかっていない。

わたしならすぐ先生と話しにいくのにな。


おせっかいでもいいから

いつでもわたしが弟と話すよ、と言って喜んでもらった。

ほんとうに、ちょっと頑張るか、頑張らないかで

VWO、HAVO、VMBOと

中学高校のレベルが変わり

将来の可能性が狭まってしまうのは

勿体ない!


おせっかいなアジア人のおばちゃんでいいから

わたしの得意の〈友だち感覚〉で

嫌がられないようにうまく

いまちょっと頑張ると将来の可能性が広がるよ、と

話ができるといいのにな。


いままで何度か弟と話して

ふつうに話してくれたから、できそうな気がするのだ。



ジムではいつも穏やかなトレーナーがめずらしく、

ある人のことをこそっと

「いつも愚痴ばかり聞かされてイライラする。

愚痴言ってないでトレーニングしろよ、と思う」と言って

眉をしかめ、ため息をついていたので

「あともうちょっとがんばれば

明日は休みでしょう!」と言うと、

「そうだね、あと1時間だ!」と笑顔になっていた。


話を聞いたり聞いてもらったり、

いっしょに考えたり。


オランダでちゃんとそういう

ふつうの関係性があることが

わたしはとても嬉しい。



f0275876_3265587.jpg


夫のくれたバラ。

葉っぱはぜんぶ落ちてしまったけれど

3週間たってもまだきれい。


f0275876_3283184.jpg


雲がきれいだったので。


今日はひそかに目標を立てて、マテアに聞いてもらった。

形にしていけますように。
[PR]
by orandanikki | 2013-06-02 03:41