オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
2017年8月30日
at 2017-08-30 20:11
2017年8月28日
at 2017-08-29 03:54
外部リンク


<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

戦没者追悼記念日

いつもどおり夜8時から2分間、黙祷。

オランダ領東インドで日本軍統治下に命を落とした方たちへの花輪もあるので、

やっぱり日本人としてフクザツな想いを感じずにはいられない瞬間。


5年前にオランダ軍の司令官に就任した翌日、

アフガニスタンに派遣されていた息子さんが爆弾で命を落とし

それでも強い意志で任務を務め上げた

ペーター・ファン・ウーム(Peter van Uhm)元将官のスピーチが

とても簡潔で力強く、人間愛に溢れていて、

終わったあと、拍手が沸き起こった。


紹介したかったのだが、記憶力が悪すぎて。

(インターネットにもまだ出てなかった。)


この間の即位式のテーマ〈samen 共に〉に重なることが述べられていた。

今日だけでなく、残りの364日も考え……

〈私〉〈彼ら〉ではなく〈私たち〉で……(記憶があやふや)


なぜなら、〈私たち〉という観点からこそ、良いものが生まれてくるのだから――

という言葉で結ばれていた。


万人の心に響くすばらしいスピーチ。

息子を失ってまで軍人をつづけることの意味を問うていた

自らの苦しみと向き合い、そのことにきちんと触れていたからだろう。


f0275876_421246.jpg


雲がきれいだった。

f0275876_4261421.jpg


影もきれいだった。

f0275876_4293375.jpg


晩ごはんは2日目ポトフのカレー。

f0275876_4312834.jpg


ベランダで日向ぼっこしながらランチを食べる夫。


この光景も、ジムで新しい体操を習って筋肉痛の体も、

すべては戦争でなく平和だからこそ得られる貴重なものだということ。

明日からも忘れないようにしなくては。
[PR]
by orandanikki | 2013-05-05 04:36

Pica Picaでパエリャ

天気がとてもいいので、夫とデート。

まずは新たにできたMarks & Spencer に行きたかったのだが、

見つからなかった。

f0275876_5212235.jpg


即位式の名残り。

王宮は一般公開しているようで、

長蛇の列になっていた。


なぜ、即位式の翌日にダイヤが乱れるのかぜんぜんわからないのだが、

トラムがなかなか来なくて……


停留所で隣り合わせたおばさんとおしゃべり。

きのうの即位式の話から

(ウィレム=アレクサンダー、緊張していた。

いきなり噛んでしまったバルコニーのスピーチは

放送でカットされるようになってしまった。

ミュージアム広場は大混雑のようにテレビでは見えたが

実際はそうでもなかった)、


あちらはお兄さんに晩ごはんを届けるところで

晩ごはんの内容はカリフラワーとジャガイモとベーコンを巻いた豚肉、

うちはこれからマークス&スペンサーに行ってから

スペイン料理のパエリャを食べに行く、

という個人的で具体的な話まで。


結局、街ではなにもせず、トラムとメトロを乗り継いでレストランへ行った。

Pica Picaにて。

f0275876_530169.jpg


2回目だけど、海老のエキスたっぷりの濃厚なソースで

前回よりもおいしかった。

f0275876_5354713.jpg


わたしのティラミスはマスカルポーネたっぷりのちょっと重たい感じのもので

ぜんぶは食べられなかったけれど、素朴でおいしかった。


スペインの音楽が心地よくて、

Rosario Floresという歌手だと教えてもらった。


You Tubeの動画がうまく直接、貼れないのですが

よかったら聴いてみてください。

〈Aqua y sal 水と塩〉

というタイトル以外、意味がわからないけれど

愛の歌なのだろうか……?


ときどき、日本語のように聞こえるのが不思議。

メロディーも馴染みやすくどこか日本的な感じがして

家に帰って、何度も聴いてみた。
[PR]
by orandanikki | 2013-05-02 06:05