オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
2017年8月30日
at 2017-08-30 20:11
2017年8月28日
at 2017-08-29 03:54
外部リンク


2017年 08月 31日 ( 1 )

2017年8月31日

f0275876_17343327.jpg


前日まであんなにいい天気だったのに、雨の日に久しぶりのライデン。


オランダのお父さんとお母さんに30年のお礼に行ってきた。


忙しくてライデンが遠くなってしまったり、気持ちもちょっと離れてしまっていたりした。


楽しくなるかな? とちょっぴり不安。


案の定、昔のように素直になれなくて、お父さんがおかしなことを言うのを聞き流せない自分。


(ハーグの文学博物館に行けば、どんな作家の本を訳せばいいかわかるよ! とか……いらないアドバイス。

ロシアに移民していたオランダの商人の話もわたしのほうがよく知ってるので、まちがいを聞き流せず。)


もっと優しくしてあげればいいじゃない! とあとで反省したけど、向こうは気にしていないはず。


お母さんは目を真っ赤にして喜んでくれ、送りにきてくれて別れるとき、「わたしたちはあなたのことを誇りに思ってるよ!」と言ってくれた。


晩ごはんはーー

f0275876_17460682.jpg


日本みたいなやさしい味の卵のスープ。


f0275876_17470944.jpg


ナスとモッツァレラのオーブン焼き。


とてもおいしかったのだが、炭水化物がほしいところ。



いつでもここでいっしょにごはんを食べさせてもらえたから、わたしはオランダで楽しく暮らしてこれたのだ。


ほんとうにありがとう、と心のなかで想う朝。


秋になったら、夫と4人でレストランであらためて、お礼のディナーにすることにした。



f0275876_17525150.jpg


炭水化物なしではきっとおなかが空くだろう、とスタバでミルクティーを買い、バッグでつぶれてたクッキーを食べながら帰ってきた。


やさしくない自分を反省したが、オランダ語はめずらしくオッケー出せました。


10年経ったときは…20年経ったときは…という話もして笑ってもらった。


30年経ったいまはどんなおかしなことを想って愕然とするのか……興味津々で待っているのだが、まだない。

このままないといいな。







[PR]
by orandanikki | 2017-08-31 17:33