オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
2017年5月20日
at 2017-05-21 02:43
2017年5月18日
at 2017-05-19 04:36
2017年5月17日
at 2017-05-18 02:22
外部リンク


2017年 03月 20日 ( 1 )

三角形

f0275876_05225079.jpg


夕方、3人でアップルストアに行ったので

ひさしぶりにバーガーキングで晩ごはん。


彼女は南駅で名残惜しそうに

ひとり、家に帰っていった。

(いつも〈彼女宅〉と書いてるけど

正確には〈彼女の両親の家〉のこと。)


この週末は彼女のことで

息子と揉めることもなく

和やかでよかった。



バーガーキングの窓の外を見ながら、

「あそこがおじいちゃんと

20歳のときに泊まったホテル、

あっちがハリー・ムリシュの家で、

ここがパパと出会った場所」と

息子にまた話しておく。



何度も書いたけれど、

父がいなければわたしは生まれてこなかったし、

ムリシュさんがいなければ『天国の発見』を

日本語に訳せなかったし、

夫がいなければ息子は生まれていなかった。


人生で大切な3人の男性にまつわる場所が

ライツェ広場のまわりに集まって、

三角形を成しているのが不思議。

パワースポットみたいな感じ。


f0275876_05344101.jpg


帰るとき、「ちょっと待って。

この辺……

この辺でパパと出会ったの!」と

27年くらい前に夫とはじめて会った

バーガーキング2階の正確な場所も

また教えておいた。


何度か話してきたはずだが、

「すごい、とくべつなことだね」と

いままででいちばん感心してくれた。


思わず、その地点を囲んで3人で立ってしまった。


アムステルダムはやっぱりいつまでたっても

単なる日常ではなく、

不思議な運命的な場所なのだ。







[PR]
by orandanikki | 2017-03-20 05:46