オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年6月24日
at 2017-06-25 02:39
2017年6月22日
at 2017-06-22 16:35
FLANDERS LITER..
at 2017-06-18 19:03
2017年6月16日
at 2017-06-16 22:09
2017年6月1日
at 2017-06-01 15:49
外部リンク


2017年 02月 24日 ( 1 )

2017年2月23日

f0275876_04145322.jpg

息子のはじめての下院選挙の投票カードが届いた。


4年前の選挙の直前に18歳になり、

誕生日にオランダ国籍の申請に市役所に行ったが、

選挙までに国籍取得はならなかった。


「あと4年も投票できなくて残念」という息子に

担当者が「4年もつづかないかもしれないよ」と言っていたが

第2次ルッテ内閣は結局、無事任期を全うした。


この4年に市議会やEU議会などの投票はしたけれど

念願の下院ははじめて。


わたしの方が(ほんとうにオランダ人になったんだ!)と

感動しているかも。


息子が無事オランダ人になるまでは

ぜったいに死ねない、

もし夫と2人で死んでしまったら

息子は5年ごとに更新の滞在許可が切れたところで

国外退去になってしまうからーー


毎日ではないけれど、常にそのことが頭の片隅にあり

どこかで張り詰めていた18年だった。


オランダ国籍が無事取れたとき

嬉しいだけでなく、脱力して

空の巣症候群のようになったことも

以前、書いた。


投票をとてもだいじにしていて

オランダの将来を真剣に考えている息子。


ほんとうによかったね。


「見た? 台所……」とわたしに言われて見にいく息子。

「おぉ!」と聞こえてくるのを楽しみにしていたのだが

夫が上にお皿を置いていて見えなかったところに

わたしが入ってきたので、

「わっ、ビックリした〜!」

……思い描いていたような感動の瞬間にはならなかった。




今夜はなぜかわたしもいっしょに

ひさしぶりにサッカーを見ている。


アヤックスとワルシャワ・レギア。

レギアに「おじいちゃん」と聞こえる名前の選手がいて

それだけで笑いが止まらなくなるわたし。


こんなふうな家族3人の穏やかな夜は

もう終わりに近く、貴重なものに感じる。


大げさかもしれないけれど

投票カードはやっぱり

〈オランダ人〉というアイデンティティーをもつように

育ててきたことの証のようで、

息子よりもわたしが嬉しいようだ。






[PR]
by orandanikki | 2017-02-24 04:55