オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年7月26日
at 2017-07-27 02:52
2017年7月22日
at 2017-07-23 05:43
2017年7月20日
at 2017-07-21 03:28
2017年7月15日
at 2017-07-16 02:38
2017年7月14日
at 2017-07-14 23:52
外部リンク


2016年 11月 26日 ( 1 )

2016年11月26日

f0275876_2074147.jpg


きのうはひさしぶりにライデンのお母さんと

ごはんを食べてきた。


お父さんは会合があったので

出かける前にちょっとだけ話した。

日本でのこと、喜んでもらえてよかった。


いつもは3人で話していると

お父さんとお母さんが軽く揉めて、

3人でうまくバランスが取れるのだが、

きのうはお母さんとわたしが何度か

意見がちがってめんどくさいことになりかけた。


息子の彼女のご両親のおかしなところを

相談していて、思い出した。

この人たちも、わたしにはとてもいいけれど、

自分の子どもたちにはそうでない面もあったのだ、と。


それはたぶん永遠の法則。

わたしの父だってわたしには信じられない暴言を吐いても

他の誰かには恩人のような位置づけの

やさしい人だったのだ。


それで世間はうまく回っている。

実の親、血のつながり以外に

お父さん、お母さんと慕える存在を

つくれば、みんなが嬉しくてちょうどいい。


plascontract(ナーシングホーム入居時に

トイレに行く時間を決められ、

同意のサインをしないとけない、という社会問題)について

話していたとき、

ちゃんとわからずに施設側を擁護する発言がはじまったので、

もうめんどくさくなって

「わたしはいま、トイレに行きます。

もしそれが許されるなら」と冗談を言って

さっさとトイレに行ってしまったわたし。


オランダ人か?! っていうような冗談を

言ってるよなぁ、と思いながら。


でも、そうやって意見が合わないことや

ちょっとイラっとくることも含めて

自分の家にいるみたいな感覚だった。


そして、思っていることを

のびのびと言えるオランダの人間関係が

やっぱりいいなと思う。


いっしょにキッチンに立つのも楽しかったし。


ほんとうにありがとう、の気持ちを

いっぱい伝えて帰ってきた。


ちなみに、お料理はモロッコ風の

おいしい鶏とクスクスでした。
[PR]
by orandanikki | 2016-11-26 20:27