オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
秋のアムステルパーク 2017
at 2017-11-20 04:16
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
外部リンク


2016年 11月 19日 ( 1 )

2016年11月18日

今日はテレヘンさんの75歳のお誕生日。

ケリド社でパーティーがあったはずだけど、

テレビのニュースや子どもニュースには出てこなくて

テレヘンさんらしく、なるべく目立たぬようにしているよう。


朝の生放送のラジオで、物語を1つ、朗読されていた。


『だれも死なない』にのっている

「ぼくはカメ」というお話。

よかったらこちらから聴いてみてくださいね。


ラジオでのおしゃべりは必要最小限。

(お誕生日おめでとう、と言われて)「ありがとうございます」


朗読後、(ケーキはありますか? と聞かれて)

「後で届きます」と照れ笑いして、

「さようなら」でおしまい。


……テレヘンさんらしいなぁ。



以前、観にいき、ハリネズミのあとがきにも書いた音楽家たちとのユニット

Het Willselend Toonkwintetの新たな公演

〈Wij weten wie wij zijn(ぼくらは自分が誰だか知っている)

がはじまるので、当分はとてもお忙しそう。

(ちなみに、このタイトルは〈ぼくはカメ〉の中のセリフからとったもの。)


明日がアムステルダムの図書館で、あさってがアントワープ。

その後もいろんな街で公演がある。

とっても楽しいので、機会があればぜひ行ってみてくださいね。


数日前、また増刷になったことをお知らせしたところ、

とっても喜んでくださって、

「ほんとうに(日本での展開を)すごいことだと思っています。

みんなにそう伝えて!」とメールをくださった。

――ということを、ここで伝えさせてください。


啓文堂書店の文芸書大賞のことも、

テレヘンさん、ケリドの方たち共にとても喜んでくださっています。

ほんとうにありがとうございます!


春ごろに、いま訳している本のゲラができてきたら、

またテレヘンさんに会ってもらおう。

それを楽しみに、

いまはいつもどおり地味~にがんばります。



* * *



きのう届いたすごいプレゼントーー

f0275876_5504154.jpg


祖敷大輔さんが「素晴らしい作品との出会いに感謝しています」という

お言葉を添えて、送ってくださった。

宝物にします!


1冊の本をきっかけに

嬉しさの輪が日本とオランダで広がる、ということに

しみじみと喜びを感じる。


これもすべて、

75年前の今日、テレヘンさんが生まれてきたからこそ!


そう思うと、ちょっとクラクラするくらい

とくべつな日に思えてきた。
[PR]
by orandanikki | 2016-11-19 05:43