オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年7月26日
at 2017-07-27 02:52
2017年7月22日
at 2017-07-23 05:43
2017年7月20日
at 2017-07-21 03:28
2017年7月15日
at 2017-07-16 02:38
2017年7月14日
at 2017-07-14 23:52
外部リンク


2016年 11月 16日 ( 1 )

2016年11月15日

EenVandaagでやっていたルポルタージュがとてもよかったので。

Scholier als buddy voor een vluchteling←こちらよりどうぞ。


難民の高校生に1人ずつバディがつく、という試み。

難民全員にバディがつけばいい! と担当者が言っているのを聞いて

ほんとうに! と思った。


わたしも常々、温かな食卓をオランダ人家庭でいっしょに囲ませてもらうたびに

これがあれば、人はまちがった方向に進まない、と思っていた。


どんどんオランダが好きになる→オランダ語がうまくなる→

社会に居場所を感じられる……というように

小さなことから社会全体としてよい方に向かっていける。


ライデンのお父さんお母さんに感謝するたび

〈おたがい〉ということを言ってくれた。

いくら与えても、わたしからなにも返ってこなければ、

こんな関係は生まれていなかった、と。


温かな食卓の風景は永遠の宝物。

ユーケスさんの笑顔も頭のなかにしっかりとある。


多くの難民があたたかなオランダ人に出会えて

オランダがもっとステキな場所になっていくことを祈りつつ。
[PR]
by orandanikki | 2016-11-16 05:24