オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年3月24日
at 2017-03-25 03:17
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
外部リンク


2016年 09月 22日 ( 2 )

秋のアムステルパーク

f0275876_4495539.jpg


夫とアップルケーキを半分つ。

ちょっとフルーツもついていてオシャレな感じ。

生地が甘くなくてしっかりした味わいで

なんだかとてもおいしかった。


ここは庶民的でとっても落ち着く。

おばあさん2人がアイスクリームを食べていた。

1人のおばあさんがもう1人のおばあさんの手を

ずっと握っていた。

アイスを食べながら、深刻な話をしているよう。


人生いろいろ大変だけど、

こんな気持ちのいいところで友だちとアイスを食べられて

それだけでもきっととてもいい時間なのだろう。

そんな感じが伝わってきた。


高校生のグループがタバコを吸いながら

談笑していて、

1人の女の子がグルグル回る遊具が楽しいらしく

男の子にずっと回してもらっていた。

ぜんぜんふざけてなくて、

おりたくなったらすぐに止めてあげて

女の子が楽しそうで見ていて気持ちよかった。


f0275876_4575760.jpg


図書コーナーものぞく。

『トムは真夜中の庭で』は相変わらずなかったが

1冊、気になった本をもって帰ってきた。


f0275876_459427.jpg




出口付近の林でめずらしいどうぶつに遭遇。


f0275876_513853.jpg



はじめてここでネコを見た(地面にまぎれて見えにくいけど)。


ミャーミャー鳴いてくれて迷子かと一瞬、思ったのだが

落ち着いてたので、きっと近所からあそびに来たのだろう。


f0275876_535471.jpg


狩りでもしたそうになにかを見ているので、

じっと見てみたらーー


リスが走ってきた。

f0275876_554034.jpg


ほとんどわからないけど、右の倒れた木のところに

黒いしっぽがぴんと立っているのが見えている。



リスに会えるのはフィーリングがいいとき。

ネコとリスに会えてうれしいおさんぽでした。


晩ごはんはーー

f0275876_583786.jpg


シャケ、おいしい卵焼き、大根おろしを夫が、

ごはんと味噌汁、サラダをわたしが作りました。
[PR]
by orandanikki | 2016-09-22 05:16

2016年9月21日

国会、新年度がはじまりましたね。

ウィレム-アレキサンダーのスピーチ、

抑揚がなくて熱意にかける、という意見が出ていた。

生放送をメモ取りながら聴いていたら、

出だしていきなり噛み、7回くらい噛んでいた。


国王としてとてもだいじな行為なのだから、

もうちょっと練習すればいいのに。


わたしもとってもニガテなので

少しでも聞き苦しくないよう、

練習してから臨むと、

下手なりにだいぶマシになるもの。


下手なことが問題なのではなく

毎度、噛んでばかりで進歩がないことが問題だと思う。


国民全員、経済状況がよくなるようだけど

大変な人はいつでも大変。


ホームドクターではなく病院の救急科にかかると

ただちょっと診てもらうだけで300ユーロ……

うちもいつだったか夫の腰痛でそんな目に遭うところだった。

(同じ病院内のhuisartsenpostに行ったほうが安いよ、と

教えてもらえて免れた。)


自己負担385ユーロが全額なくなることは望めないけれど

病院に行くのに300ユーロは低くなるといい。


学歴が低く、健康に対する意識が低い。

収入が少なく、医療費が払えない。

医者にかからず放置して病気が重くなる。

結果的に国が支払う医療費が増える。

……という図式が深刻な問題にならないといい。


来春の下院選挙に向けて

選挙活動がこれから盛んになっていく。

オランダ国籍を取っていないので

また投票はできないけれど、

自分たちの老後も考えつつ、

動向を追っていこうと思う。
[PR]
by orandanikki | 2016-09-22 04:48