オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
小川洋子さんとのトークイベント②
at 2017-04-27 23:07
小川洋子さんとのトークイベント
at 2017-04-26 21:07
2017年4月23日
at 2017-04-24 02:16
2017年4月19日
at 2017-04-19 18:39
本屋大賞 翻訳小説部門
at 2017-04-12 17:16
外部リンク


2016年 04月 02日 ( 1 )

2016年4月1日

f0275876_3345889.jpg


ひさしぶりにデヴィとお茶。


インドから来たデヴィと、

オランダで生まれたミタ。

息子がミタの高校のずっと年下の後輩だったので、

オランダに生きる移民どうし、

お手本にしてきた。


でも、わたしはデヴィとミタの中間の年齢なので、

デヴィに共感すると同時に

ミタの気持ちもよくわかる。


(これも何回も書いた話ですね。)


わたしは理不尽な大人がニガテな子どもで

なぜ対等に意見を言ってはダメなのか、

なんで「生意気な口を利くな!」と怒鳴られたり、

力でねじ伏せようとしたりするのか、

なんでそんなに幼い考えを平気で口にできるのか、と

心の中で大人に呆れて

口なんて利くもんか、と黙っていた。


いまでも理不尽な大人を見ると

その記憶がよみがえってきて

かならず大人じゃなく子どもの味方をする。


「大人には大人の事情ってもんがあるんだ!」

っていうことなんだろうけれど、

やっぱり、対等に話し合える関係がいい。


デヴィとミタ、

1世と2世で意見が合わず、

デヴィもやっぱり、わたしが息子に時折されるように

キョウレツな批判をされるよう。


でも、デヴィからミタに視線を変えると、

わたし自身は親にいっさい、意見を聞いてもらえなかったから

自由に意見の交換ができる関係性はうらやましいな、と思う。


デヴィもミタをたいせつな友だちと思えるそうなので

70歳を過ぎているのに開けた考え方。


前にも書いたけど、わたしは自分が1世と2世の中間、

〈1,5世〉のような感じがするのだが、

デヴィもそんなふうかも。


f0275876_3494447.jpg


急にお花が満開になってきた。

去年は日本からスカイプで見ていたので

オランダの春がうれしい。


晩ごはんはーー

f0275876_3513552.jpg


アルバートハインで薄い豚バラが安売りだったので

数時間、ヒマラヤ岩塩に漬けて焼き塩豚。

レタスにごはんと豚をのせて

サムジャンをぬって巻いて食べる我が家の定番。


f0275876_443710.jpg



夫が息子の好きな朝日スーパードライを買ってきてくれたのだが、

息子は首をかしげて「日本みたいにおいしくない」


じ〜っと缶を見ていた息子……


「なにこれ、チェコでつくってる!笑」

というオチでした。
[PR]
by orandanikki | 2016-04-02 04:11