オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
秋のアムステルパーク 2017
at 2017-11-20 04:16
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
外部リンク


2015年 02月 07日 ( 2 )

第二言語と脳の老化

f0275876_20102168.jpg


きのうは寒いなか、あそびに来てくれたアンドレのために

オーガニックの鶏ミンチでふわふわ団子鍋を作った。

食べやすいようにごはんといっしょにスープ皿で。

キムチも食べさせてみた。

サラダを作ろうと思ったらトマトしかなかったので

塩コショウ、お酢、めんつゆ、オリーブオイルで和えて。


お鍋はおいしいと2杯たっぷり食べてくれ、

キムチは辛くてニガテだったみたい。



さて、きのうも自分のオランダ語について一人反省会。

腰が炎症をおこして…と説明しようとしたのだが、

いつもはすんなり出てくるontstekingという言葉が

そこまで出かかっているのに出てこない。


「あ~オランダ語が下手になってる。気まずい…」

「それを描写できない?」

「できない」

なぜならそのときのわたしの頭には日本語で〈膿む〉という単語しか

浮かんでいなかったから。

日本語でも〈炎症〉という言葉を失念していたし、

頭がなんだかぽかんとなっていて〈炎症〉を

説明することもできない。


でも脳のどっかから突然ontstokenという言葉が出てきて

「ontstokenだったっけ?」

「そうじゃない?」

「いや、ちがう」

……と、せっかく思い出した言葉を今度は正しい言葉だと

認識できなかったのだ。


そこでいったんトイレに行って、一呼吸置いて考え直してみたら、

それで合っていたことがすんなり腑に落ちたのだ。

ontstoken(炎症をおこした)とか

ontstekingspijn(炎症による痛み)と言いたかったのだ、と。


「いや~、ビックリした。言葉が思い出せなくて

それから言葉を思い出したのに、

それが正しいと認識できなかったなんて、はじめて!

でも、オランダ語だからじゃなくて日本語でも起こるような気がする」

と言ったらアンドレもそうだね、と言って

映画を3本つづけて観たら、最初になにを観たか思い出せなくなって

いまは最後になにを観たかも忘れてる、という話をしてくれた。


50を過ぎたわたしたちの記憶力が悪くなっているのはまちがいない。

たとえ何語を話していても。

でも、わたしの言ったことはちがうかも。

いやでも、〈炎症〉という言葉も実は思い出せなくて

〈化膿〉の同義語を探したくらいなのだが。


でもでもやっぱり、日本語で〈炎症〉と思い出して

それが正しい単語だと認識できないことはないよなぁ。


あ~、やがて哀しき外国語。


記憶力の衰えをフォローするのは会話のクオリティー。

きのうも政治から更年期まで色んな話をした。

Wie is de Mol?やDe wereld draait doorの話でも盛り上がった。


あと、わたしはやっぱり自宅でリラックスした状態だと

オランダ語力が落ちる。

仕事だったり他人の家におじゃましたりすると

脳がきちんとしているのだが、

いちばん初歩的なミスをしやすいのが

自分ちでリラックスした状態なのだ。

悲しいけれど、真にリラックスして

文法をまったく考えずにオランダ語を話せることはないのだ。


きのうは文法のまちがいはなかったし、

オランダ語の記事も面白かったから

お姉さんと友だちにも読ませた、と言ってくれたけど……。

あ〜、ふつうのオランダ人みたいなオランダ語が話したいんだよなぁ。


リラックスしていても第二言語のレベルが同じであるのは

母国語であるかブロークンであるかのどちらかなのではないかと思う。


こんなことをその場で考えたわけではないけれど

けっこうインパクトがあったので、

きのうの夜が楽しかったかと聞かれれば

ちょっとちがうビミョウな感じ。


でもきっとわたしはこれからこのエピソードを

オランダ人の友だちみんなに話してネタにするだろうな。


自分のオランダ語がこれからどうなっていくのか

とても興味深いことだけはまちがいない。

これも〈異国で死ぬまで暮らしてみたら〉という

わたしのごく個人的なプロジェクトの一環として

楽しみつつ体験していこう。

いつかそんな余裕がなくなる日まで……


[PR]
by orandanikki | 2015-02-07 20:50

おたがい

f0275876_23591577.jpg



きのうはとても楽しくお話しさせていただいた。

いままでオランダでお目にかかったことのある年上の方たちのなかで

いちばんすてきな方でした。


自分なりにすべきことをきちんとつづけている人はすてき。

お別れするとき、「おたがいに刺激を得られる会話でよかった」と

言ってくださった。


こちらが言ったことを即否定する年配の方は

わたしは受け付けない。

「それはあかんわ」とか「そんなのダメよ」と言われたら、ガッカリ。

だれかがだいじにしていることを、なんでそんなふうに

決めつけられるのかがわからなくて。

人が悲しい気持ちになるネガティブな言葉を

わざわざ口にする必要性もわからない。


日本人に会うたびに、またそんな不快な想いをしないように

身構えてしまうクセがあるが、

それが必要でなく「おたがいに」と言ってもらえたら

それだけでわたしはうれしい。


年上の人とも年下の人とも

〈おたがい〉でいたいな、と思う。


f0275876_0115479.jpg



さ〜て、アンドレが来るからごはんの用意しよう。
[PR]
by orandanikki | 2015-02-07 00:14