オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
最新の記事
2017年8月21日
at 2017-08-22 03:23
2017年8月20日
at 2017-08-21 02:07
2017年8月16日
at 2017-08-17 03:05
読売新聞、テレヘンさん
at 2017-08-15 03:10
2017年8月13日
at 2017-08-13 18:06
外部リンク


2015年 01月 15日 ( 1 )

2015年1月15日

きのうは近所の友だちにおでんをごちそうになる。

f0275876_2064846.jpg



手作りのちくわぶも入っていて、いつもどおり茶飯もあって

満喫させてもらいました。


実はきっとおでんを食べさせてくれるだろう、とテレパシーで感じていた。

「茶飯もある?!」
「あるよ!」
「うれしい~!」

という昨夜の会話が何日か前にわたしの頭のなかで

とてもリアルに繰り広げられていたので。

(ずうずうしいテレパシー。)


なんせ、韓国の店の床に屈んでうどんをえらんでいるとき、

ふと背中に彼女の気配を感じて

立ちあがって振り向いたらほんとうにそこに彼女がいた、というくらい

不思議なつながりのある友だちなので、

今回もあそびに行く日をメールで聞いたら

返事のメールをもらう前にばったり会えてビックリしたのだった。


だれかにばったり会う話はよく書いているけれど

背中に気配を感じたのは彼女だけ。

そういえば、アルバートハインでふと横を見たら、

スカートと靴の感じで(見覚えがあったわけではないのに)

彼女だ! とわかったこともあった。


波動が合っているのだろう、と夫は言っていたけれど

不思議で楽しい関係だ。



さて、きのう、おでんとともに楽しみにしていたのは

娘さんのボーイフレンドに会うこと。

思っていた以上にステキで

かわいい! と何度か言ってしまったけれど

ポイント高かったのはとてもしっかりした会話ができるところ。

はじめて会う日本人のおばさんとも垣根をつくらず話してくれた。


育ってきたバックグラウンド自体もとても興味深かった。

いいものがにじみ出ている人。

ボーイフレンドとしてとか男の子として、というのを超えて

人間的に魅力的な人だったので

姪っ子のように娘さんのことを見てきた

おばさんはとってもうれしかった。


はじめてのおでんに驚きつつも楽しみ、

日本語の単語も積極的に覚えて話す彼。

垣根のなさに感心した。


温かなごちそうと楽しい会話で心がぽかぽかになった夜でした。

ありがとう!
[PR]
by orandanikki | 2015-01-15 21:02