オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年12月17日
at 2017-12-18 04:41
クリスマスのコマーシャル
at 2017-12-16 01:25
リスくん
at 2017-12-13 05:03
韓国ラーメン鍋
at 2017-12-11 05:03
嬉しかったこと
at 2017-12-11 04:22
外部リンク


2015年 01月 09日 ( 1 )

2015年1月9日

パリのテロについて。

ロッテルダムの市長アブターレプが

「我々のもっと大きな声を聞かせていかねばならない」と

3回繰り返してスピーチしているのを聞いて、

「大きな声を出さなくても伝わるもっといい方法があるんだけどね…」と

夫に言っていた。


言論の自由と他人をむやみに傷つけないことの線引きがむずかしい。


De Wereld Draait Dootの終わりにマタイス・ファン・ニューケルクが

「マタイス、あなたはどうなの?」と出演者に聞かれて

「正直な話、いつも放送後、自転車で家に帰るんだけど

きのうは(恐くて)いつもより速く自転車をこいでいた」と打ち明けていた。


安易にJe suis Charlieと掲げて集まっているのを見ると

簡単すぎる、思うつぼだよ、と思う自分がいる。

これで極右に傾かずよりよい社会に向かえばいいが。


でも、もしマタイスになにかあってDWDDの放送がなくなったとしたら、

それはものすごく身近に感じる。

そうしたら言論の自由のために集会に行くかも。


トークショウの警備もずさんだから

テロをおこそうと思えば簡単そうだ。

コンセルトヘボウでも同じような気持ちになる。

おたがいの信頼関係で警備も緩く

こうしてコンサートが楽しめる世界――

もしそれに終わりがきたら――

そのときには遅すぎるのだから、

とにかく自分にできることはしていこう。


少なくともきちんと社会の動向を知っていること。


ニュースだけでなく、どれか1つでいいから

トークショウも見て、人々の意見を聞き、

自分の意見をもち、機会があればまわりの人と話し合う――


そんなふうでありたいと思うし、あってほしいと思う。
[PR]
by orandanikki | 2015-01-09 19:10