オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月24日
at 2017-09-25 02:37
2017年9月23日
at 2017-09-24 03:41
2017年9月22日
at 2017-09-23 03:58
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
外部リンク


2014年 12月 03日 ( 2 )

勉強会 2014年12月

今日は4回目の翻訳講座。

わたし自身、毎回、勉強させてもらっている。

機会をあたえてもらったことに感謝。


午後、ジムに行き、

夜は寒いなかがんばって勉強会に。

今日はわたしに直接、関係のないテーマだったので

眠くなってしまった。


でも毎回、出てくる外国人として

みんなに歓迎されていると

主催者の人が話してくれてうれしかった。


個人的な深い話をする人も増えたし、

毎回、励ましてくれる人もいる。


わたしがいれば、他の外国人も入ってきやすいかもしれない。


自分なりの社会参加として

これからもつづけていきたいと思う。


f0275876_639172.jpg



神戸での1枚。

ようやく振り返る心の余裕ができた感じ。
[PR]
by orandanikki | 2014-12-03 06:43

オランダの人種差別を考えるドキュメンタリー

昨夜、見たドキュメンタリーが興味深かったので

貼っておきます。

Zwart als roet


ズワルテ・ピットは人種差別かどうか、ということについて。


人は肌の色にどれだけ先入観をもっているか……


公園で自転車の鍵を壊そうとしている人が白人だと、

自分の自転車の鍵がはずれなくて困っている人だろうと

助けてもらえるのに、

黒い人だと警察に電話をかけられて尋問を受ける、という現実。


ぜひ見てみてください。


番組内でやっているテストを

息子がすかさず自分でやっていたので

わたしもやってみた。

多くの人同様、わたしも

〈軽度の自動的に白人を好む傾向〉と出た。


番組内で黒人女性が

「白人を好む傾向という結果にならなくてホッとした。

潜在的に自分は、

白人であるほうが社会で有利と思っているんじゃないかと

心配だった」と言っていたし、

人種差別の心がないという息子も

結果がそれに合っていてホッとしていた。

そのホッとする感じも興味深い。



息子は色にとらわれず

人間の中身を見るのがむずかしい、ということ自体が不思議なそう。


どうしてそう育ったのか?

物ごころつく前から白人黒人、色んな友だちがふつうにいたから?

だとしたら、それが理想の環境だと思う。


わたしは子どものとき、幼稚園にいた白人の子どもがちょっと恐かったし、

「あの子、イジワルなんだって」という噂もたっていた。


でも同じ幼稚園で弟のほうはぜんぜんふつうに

言葉もつうじないままデンマーク人の女の子と友だちになっていた。


おなじ環境で育っても人によってちがうようだ。


とても印象的だったのが

ドキュメンタリーをつくった監督の白人女性Sunny Bergmanが

幼なじみの黒人に

「きみはまったくracismeの心なしに

ぼくのことを見られる?」と聞かれて

言葉につまって

「でもあなたのことが大好き」と言っていたこと。

「ぼくだってきみのことが大好きだけど、

そんなことを言ってるんじゃない」と言われていた。


色覚異常ではないのだから白と黒のちがいは見えてしまう。

それでも息子のように人を見られるようになるには

どうしたらいいのだろう?

いまからでは無理なのだろうか?


いろいろ、これからも考えていきたいと思います。
[PR]
by orandanikki | 2014-12-03 00:37