オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
2017年8月30日
at 2017-08-30 20:11
外部リンク


2014年 04月 04日 ( 2 )

ドーナッツ

今日のおやつはドーナッツ。

f0275876_21582756.jpg


アルバートハインの割引で、6個で1ユーロ。

ふわっとおいしかった。


バジルが目に見えて大きくなり

1センチほどに茎が伸びているのもある。

毎日、楽しみ。


ひさしぶりにおじいさんに電話をしたら

今日はあまり元気がなかったのだが

本の進行を聞いたらどんどん声が明るくなってきた。

おじいさんも、わたしも楽しみだ。


今夜は塩豚を焼こうと昨夜から仕込んで

キャベツも買ってきたのだが、

息子は大学の女の子たちと食事をしてから

彼女宅に泊まりにいくそうで

どうしたものかと思案中。

わたしも明日は外食なのだが

今日もバーガーキングに行っちゃおうか……

やっぱり塩豚を焼こうか……

う~ん。。。
[PR]
by orandanikki | 2014-04-04 22:05

オランダの老人のゆくえ

長く楽しめたお花もそろそろおしまい。

f0275876_2475773.jpg


真ん中は若いマグノリアの木です。


* * * * *

財政削減により5年以内にオランダにある2000の老人ホームのうち

800が閉鎖されることになっている。


(老人ホームにはverpleeghuisとverzorgingshuisがあり、

前者はナーシングホームと訳されている。

前者は治療もしてもらえるタイプで、

後者は家に住みつづけられなくなった人が

体を洗って服を着せてもらったり、食事をさせてもらったり、

ベッドに寝かせてもらったりするタイプ。

こちらに両タイプの簡単な説明あり


今日のニュースで、アムステルダムで薬剤師として働き、

戦後の復興を支えてきた94歳のおばあさんが

4年以内に強制的に引っ越しさせられることになり

途方に暮れているという話題をしていた。

夜中に目が覚めて、不安で眠れないこともあるという。

義理の娘さんも涙目で悪夢のようだ、

計画が中止になってほしいと言っていた。


いままでは年を取れば誰でも老人ホームに入居できたのに

これからはほんとうに必要な人だけにして、

なるべく長く自宅に住まわせ、

できるかぎり家族やご近所さんのお世話になってもらう、という政策。


福祉国家から参加型社会へ、というきれいなうたい文句だが

現実はなるべく国のお金でなく、人々の善意を使おうということ。


ニュースを見ていて、

94歳のおばあさんがとても元気なことと、

4年後に自分は生きているものと想定していることにも驚いた。


ほんとうにこんな年になってから

慣れたホームから追い出されて

新たな暮らしを余儀なくされるのはお気の毒。


わたしたちが老人になるころにはどんな社会になっているのだろう?

いまより良い社会になっていることは期待できないので

いまから体に気をつけて、

社会がどうであろうと最低でも自分の足で歩けて

おいしく食事が食べられるようにしたいものだ。



* * * * *


我が家の今夜のごはんは手抜き。

f0275876_332398.jpg


アルバートハインのチキン・ピリピリで済ませた。


f0275876_3333951.jpg


バジルから芽がいっぱい出てきて

小さな小さな双葉も見えてかわいい。


息子がちょっと羨ましそうに

「(1,5ユーロとは)安いねぇ!」と言っていた。

(右が、食べさせてもらえない息子のバジル。)
[PR]
by orandanikki | 2014-04-04 03:42