オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
2017年10月3日
at 2017-10-04 03:51
外部リンク


2014年 01月 15日 ( 1 )

夫の歯医者

やっと……

心から「おいし~い!」と言いながら

ごはんを食べられるようになった。


きのうはベジタリアン。

f0275876_310486.jpg


いつものValessのシュニッツェルなのに

とってもおいしく感じた。


今日は買い物に行けなかったので

冷凍庫の豚バラ、残り野菜のダイコンなどで炒めもの。

f0275876_3134830.jpg


ジム後でおなかがすいていて

「おいしい!」を連発していた。


ずっと、おなかがすくことがなかったので

おなかがすくこと自体に感動。


しかもなんと、

何年も飲みつづけていた胃の薬を

止めることができました。


何年も、起きたらまず

オメプラゾールを飲む生活だったのだが

ホームドクターに出された他の薬が合わず、

この際、オメプラゾールに戻るのではなく

徐々に減らして止めよう、と決めたのだ。


胃酸過多の胃にはなにがいいのか、

いままで誤解していたけれど

発酵食品のヨーグルトとザワークラウトは

救世主だった。


f0275876_3262693.jpg


梨にヨーグルトとハチミツをかけてデザートに。


この数年、胃の調子がよくなったり悪くなったりを繰り返していたけれど

常にオメプラゾールを飲んでいた。


これから老後に近づいていくにあたって

なるべくよけいなものを体に入れず、

食物のいいものを摂り入れるようにしたいと思う。



さて、今日は大嫌いな電話をたくさんかけた。

夫が歯医者のレントゲンでたくさん虫歯が見つかり

500ユーロ以上の見積もりをもらってきたので、

歯医者の保険をかけたほうが得かどうか調べるために

保険会社に電話。


月に25ユーロの歯医者保険を払うと、

最大500ユーロまで、

治療費の75%まで保険が下りるとのこと。


計算すると、やはり月に25ユーロ払ったほうが

得なよう。


それから歯医者に電話。

親知らずを抜くことになっていたのだが

日本で歯医者をしている友だちに

レントゲン写真を見てもらったら

このタイミングで抜く必要はあるのかな? という

反応だったので、

話し合いをしてからにしてもらおうと思って。


夫は歯医者の椅子に座ると

催眠術にかかったようになって

オランダ語もよく聞き取れなくなってしまうそうで、

予約の入れ方にも無理があったので

仕事後に歯医者にかけつけないでいいように

無理な予約はキャンセルした。


あとは歯医者についていって

きちんと話し合い、

納得のいかない治療がされないようにしよう。


ふだんはボ~ッとしているわたしだが

いざとなればパパッと脳みそがはたらいて

プロブレムに対処できる。

とっても便利。

「さきちゃん、頼りになるねぇ」と

夫も感心してくれた。


きのうは落ち込んでいたわたしを

夫が元気にしてくれたし、

チームワークが取れている感じ。


肝心の自分自身の仕事のほうの電話は

「今日、あなたは運が悪いですね(笑)」と

受付の人に言われるくらい

ちぐはぐだったけれど

とりあえず、懸案の夫の歯医者問題に

着手できてよかった。


電話嫌いは遺伝のようで

この間、息子が戦争資料館に電話するとき

「唇が渇いて、Gの音がうまくできなかった」と苦笑していたのが

可笑しかった。


「日本の歯医者の意見を聞いたら

いま抜く必要はないとのことだったから

話し合ってからにしたい。

次回、抜くのはなし、ということでいいですね?」と

穏やかにビシッと言えるのは快感。

誇らしい気持ちになりました(笑)
[PR]
by orandanikki | 2014-01-15 04:28