オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年6月24日
at 2017-06-25 02:39
2017年6月22日
at 2017-06-22 16:35
FLANDERS LITER..
at 2017-06-18 19:03
2017年6月16日
at 2017-06-16 22:09
2017年6月1日
at 2017-06-01 15:49
外部リンク


2014年 01月 06日 ( 2 )

光の道

51歳になりました。

嬉しい言葉をありがとう!!



母に買ってもらった虹色のピアスをして、

父にもらったおこづかいでケーキを買いにいった。


なんて子どもみたいな51歳(苦笑)


f0275876_228165.jpg



去年のパーティーでホールで買っておいしかったケーキ。

この際、胃の調子が、などというのはやめて

ど~んと食べました。


ティーポットはなんと、

息子からのプレゼント!

ワ~イ、ワ~イ!!


アントワープでいいのがなかったからと

アムステルダムで探してくれたもの。


去年は「(あんたの誕生日に)プレゼントする習慣はないから

なにもあげない」と言われて

それはそれは悲しかった。


ちゃんと色々考えて探してくれたのがうれしくて、

ケンカをしたらこのポットを見て気を静めよう(無理か 笑)


友だちが去年、プレゼントしてくれたティーカップと

雰囲気がいい感じ。


母はうれしかったよ。


ふと窓の外を見たら、

(光の道だ!)と思った。


f0275876_22155917.jpg




雨の降ったあとにできる

光の道が大好き。

こんな輝かしい道を1歩ずつ……


おじいさんの本を訳していたら、

おじいさん本人から電話があった。

相変わらず元気な朗らかな声。

わたしと行くお店をえらんでくれたそう。

誕生日プレゼントみたいだ。


さて、またがんばろう!
[PR]
by orandanikki | 2014-01-06 22:17

息子が帰ってきたので

純和食。


f0275876_532416.jpg




アントワープで買ったステキなセーターを着て帰ってきた。


「ごはんが温まってるか、見てみて」と

電子レンジのごはんチェックを頼むと……


じ~っと電子レンジを見つめて

笑わせてくれた。



アントワープでは中華、

昨夜はお義父さんの作った

味のないビーフンだったそう。


スーパーに売っている切った野菜と

鶏のささみのビミョウなビーフン。

「体にいいねぇ。

なかなかおいしいよね?」というお義父さんに

頷けなかったとか。


料理がまったくできない妻に代わって

いつもなんとか努力をしてくれるお義父さんも

気の毒なら、

ガマンして食べる息子も気の毒。


でも楽しい2泊3日だったようなのでなにより。


f0275876_5385544.jpg



EkoPlazaのおいしい絹ごし豆腐で湯豆腐。

納豆、そしてパパの卵焼き。


さて、Boer zoekt Vrouw internationaalが終わったので

さっと歩いてこよう。


3人から2人に候補者をしぼる際の理由を

女の子たちと司会のイヴォン・ヤスパースに

きちんと説明できる人とまったくダメな人。

息子と前者に感心し、後者に呆れながら見た。
[PR]
by orandanikki | 2014-01-06 05:44