オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月26日
at 2017-05-26 22:29
2017年5月25日
at 2017-05-26 02:52
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
2017年5月20日
at 2017-05-21 02:43
外部リンク


2013年 10月 12日 ( 1 )

エプケ

雨のなか、ジムへ。

雨とトレーナーのバカンスが重なって

みごとにガラガラだった。


わたしにとっては

雨もトレーナーの不在も

ジムを休む理由にはならない。

しずかなジムで充実した時間を過ごせた。


帰りに英語を話すかわいい女の子が

ロッカールームで「よい週末を!」と言ってくれたのが

うれしかった。


帰り道に(パパが栗アンパンを買ってくれるといいな!)と思い、

「やった~、買ってきてくれると思ってたの~!」

と言っている場面を想い浮かべながら歩いていたら、

思ったとおり――

f0275876_4403463.jpg


「ぜんぜん買うつもりじゃなかったのに買っちゃった」


ちょうどわたしが頭のなかで考えていた時間に

テレパシーが通じていたようだった。



晩ごはんは塩豚。

f0275876_4433840.jpg


今日のは豚自体がとびきり新鮮だったようで

いつも以上においしかった。


他はカボチャとブロッコリー、

ギョウザ入りスープ、センキムチ。



* * * * *


食後に楽しみにしていたテレビ番組、

エプケ・ゾンダーランドがゲストのCollege Tourを見る。

相変わらずの人柄のよさ、さわやかな笑顔、

聡明さ、きちんとした返答で

それほど驚きはなかったのだが、

いちばんさいごに

会場の大学生と視聴者に人生のアドバイスをしているとき

体操の金メダリストで医学部も卒業間近の彼が

HAVO出身なのをはじめて知った。

HAVOの4年で留年もしたのだそうだ。


HAVO→アテネウム→大学、と進学するのは

ストレートに大学に入るよりも強い意志が必要。

勉強も簡単にできて医学部進学したのだと思っていたので

意外だった。


体操の練習と医学を両立させるのは大変だろうと思われるけれど

彼にとってはトレーニングだけよりも

気持ちが切り替えられるものがあるのが逆によくて

それほど苦にはならないよう。


とにかく名誉とかではなく

自分が成長していると感じられることが

いちばんの楽しみでつづけている。

しあわせであることが最もだいじなので

しあわせだと感じられなくなったら

明日にでも体操はやめられる、と話していた。

f0275876_572295.jpg


カトリックでもあるそうで

試合の前には祈るけれど

優勝できますように、ではなく

よい演技ができますようにと祈る、というのも彼らしい。


世界の頂点に立ったからやめるのではなく

自分がまだ成長できているから、

楽しい、しあわせと感じられるからつづける――

ステキなことだと思う。


オランダの誇りだとか

国民のためにとか、そういう考え自体、

エプケ本人にもまわりの人にも一切なくて

国を代表しているんだというプレッシャーもない――

それもまたステキなことだ。
[PR]
by orandanikki | 2013-10-12 05:44