オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
外部リンク


2013年 09月 13日 ( 1 )

アムステルダム・キッチン

突然、冷蔵庫が冷えなくなって……

困って、

今日、料理するはずだったスカーデラッペン(牛肉)に

きのうのうちに火を入れてしまったりしていたら

あっ、と気がついた。


「これ、つければいいんじゃん!」

わたしがロッテルダムからもってきた

年代物の冷蔵庫。

キッチンのガスレンジの台になっていたので

新しい冷蔵庫を買ったとき

そのまま置いて、

ナベ入れにしていたのだ。

(新しい冷蔵庫は廊下に置くことに。)


スイッチを入れたら、ちゃんと冷えて

まだ使えた。


問題は、冷えすぎることだった――

野菜が半分、凍ってしまうから

新しい冷蔵庫を買ったんだった、と思い出した。


しばらくして、夫が温度調節のつまみをいじっていたら

この冷蔵庫、電源を切らなくても

調節のつまみを押せば

冷やすのを止めることがわかった。

なんだかわからない機能で面白い冷蔵庫だな。

(古いから、節電がマニュアルっていうだけですね。)


21年前、ロッテルダムの電器店で

ついて来てくれたオランダ人の友だちが

オランダの若者らしい発想で、

「お金がない、ということからはじめよう。

この小さいので十分でしょ」と

買うことを勧めた冷蔵庫。

(長く使うものだから多少、高くてもいいものを、という

日本的な発想が頭をよぎったけれど。)


上のガスレンジも彼女が

viaviaという売ります・買いますの雑誌で

誰かの家の地下室で眠っていたのを

探してきて、40ギルダーで買ってきたもの。

こちらはいまだに使っている。


なんでもボロくさい我が家だけど、

今回はこのオンボロ冷蔵庫に救われた。

来週の水曜に新しい冷蔵庫が配達なので

それまでがんばってもらおう。


新しい冷蔵庫は壊れたものと同じメーカーで

少し容量が大きい。

ちょっと楽しみ。


家の近くにExpertがあって

対応がとてもいいので今回もここに。

壊れた冷蔵庫は15年以上、

がんばってくれたことが

お店のデータでわかった。


f0275876_571389.jpg


鍋そのままは入らないけど、意外と色々入った。

〈トスティ―もどうぞ〉と書いてあるのは

ふだんトスティ―マシンを入れてあるので

留守中に泊る人にもわかるように。


冷蔵庫の写真を撮ると、

小林キユウさんの『トーキョー・キッチン』を思い出す。

自分のオランダでの暮らしのあやうさが

本のなかの若者たちのそれと重なって

何度も読んだ。


読んだときにはもう結婚して子どももいたのに、

いつまでたっても

ほんとうは1人で生きてるほうが

自分らしい気がしていた。


いまでもその気持ちが残っているから

夫がいなくなったらどうしよう、と

すぐに不安になるのかもしれないな。


晩ごはんは――

f0275876_5195116.jpg


明日の夜、いないので

2日分、作るつもりだったのだが

冷蔵庫に入らないので

スカーデラッペンとヒヨコ豆、ニンジン、マッシュルームでシンプルに。


いつもこれでもいいと思うくらい、

これだけで十分おいしかった。
[PR]
by orandanikki | 2013-09-13 05:28