オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月26日
at 2017-05-26 22:29
2017年5月25日
at 2017-05-26 02:52
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
2017年5月20日
at 2017-05-21 02:43
外部リンク


2013年 08月 05日 ( 1 )

本でつながる

土曜日。

友だちが「おかえりなさい!」と迎えてくれた。

f0275876_2155021.jpg


手巻き生春巻き。

暑いときにさっぱりと、いろんな味が楽しめて

とってもおいしかった。

ごちそうさまでした!


またまた話が楽しくて

遅くならないように、と腕時計を見たら

すでに11時40分。

12時半に帰ってきて、翌日、息子に怒られた。


共通の友だちの家ではじめて会って

今日でちょうど丸1年。

初対面ではぜったいに話さないようなことも

さらっと話せてしまう彼女のまっすぐさ、

強さ、他人との向きあい方がすごく好きで

一気に仲が深まった。


おとついの近況を聞いて

あらためて、まわりとの関わり方が

自分とよく似てるな、と思った。


自分を取り巻く社会での役割

――人が深い話を心を割ってしてくれるところ――が

同じである人間は、

ふつうはそれぞれの領域で別々に活動しているので

(神さまに与えられた担当地区がちがうので)

なかなか出会えない気がする。

だから、彼女といると〈同志〉という気がして

ホッとするのだ。


そんな彼女との出会いのきっかけは

『残念な日々』を読んでメールをくれたことだった。

本のなかのある箇所が

当時、彼女の抱えていた問題への答えとなって

救われた、と言ってくれた。


著者も訳者も予期しない

その人だけの特別な効果がある、というのが

本のもつすばらしい力。

土曜日にまたその話をしてくれ、

ありがとうと言ってくれて

思い出させてもらった。


アントワープに日本からパリ経由で来てくれた友だちも

偶然、クレヨンハウスで『だれも死なない』を手にとってくれて

うろ覚えだったわたしの名前に驚いて

母と連絡を取ってくれたのだそうだ。

本は彼女の妹さんも読んでくれて

メールをもらったこともあった。


どこかで誰かが手に取って

なにかを感じてくれているかもしれない……

そう思うと、心があたたまる。


本に関わることの意味、原点を

いろんな形で思い出させてもらう夏になった。


f0275876_21344873.jpg


アントワープでいっしょに見た空。

(こんなところで会ってることがとても不思議で

前世は姉妹だったのかな、と言いながら。)



不思議な縁でつながる人たちを大切に、

本との関わりも大切にしてゆきたい。

それはつまり、

大切にわたしの人生を生きる、ということなのだと思う。
[PR]
by orandanikki | 2013-08-05 21:46