オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月24日
at 2017-09-25 02:37
2017年9月23日
at 2017-09-24 03:41
2017年9月22日
at 2017-09-23 03:58
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
外部リンク


2013年 06月 25日 ( 1 )

Nothing but literature

f0275876_319268.jpg


アルバートハインでサクランボが2e gratis (2つ目タダ)。

2,79ユーロでたっぷり1キロ分、おいしいサクランボが買えた。


マークス&スペンサーのジンジャークッキー、やっぱりおいしい。

ミルクティーは最近、また買うようになった

Simon Leveltのアンブーシア・セカンドフラッシュ(夏摘みダージリン)。

やっぱりわたしはダージリンのミルクティーがいちばん好き。


f0275876_327624.jpg


コッテージパイとなにを合わせようか、と

とりあえず冷凍食品のコーナーでグリンピースをえらんでいたら、

となりにジェイミー・オリバーのフィッシュケーキがあったので

イギリス特集にすることに。


f0275876_3302848.jpg


コッテージパイはなんと、

紙箱の中にむき出しで、イモが干からびた状態で入っていてビックリ。

オーブンで焼いたら汁けがたっぷりなのに不思議な感じ。


f0275876_3342719.jpg


どちらもおいしかった。

コッテージパイは機内食っぽい感じなのだろうけど、

わたしはふつうにおいしく食べました。


フィッシュケーキもおいしかった。

ジェイミー・オリバーはアルバートハインと提携していて

消費者は名前に乗せられてる感じだが

あまり馴染みのないイギリス料理っぽいものが

手軽に楽しめていい。


何年もヨーロッパ大陸から撤退していた

マークス&スペンサーも戻ってきてくれたし

イギリス好きには嬉しいかぎり。


ちなみに、マークス&スペンサーは

カルファーストラートのV&Dの前あたり、ムントの塔近くにあります。


コッテージパイが3,85ユーロ、

フィッシュケーキが4個で4,85ユーロでした。



* * *

f0275876_3504182.jpg


2年前にプラハで買ったカフカの絵はがき。

数日前に壁に貼ってみた。


もう文学なんて、と絶望していた時期もあるけれど

やっぱりここに戻ってくる。


いま、まわりに文学がいっぱい集まってきている。

ほんとうに好きなものは一生、だいじにしよう。



(故郷の芦屋川の絵はがき、

祖母が亡くなる1年前に描いた

わたしの送った球根から咲いたチューリップの絵、

母がいつか置いていってくれた御守りとともに。)
[PR]
by orandanikki | 2013-06-25 04:02