オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月24日
at 2017-09-25 02:37
2017年9月23日
at 2017-09-24 03:41
2017年9月22日
at 2017-09-23 03:58
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
外部リンク


2013年 06月 22日 ( 1 )

きのう気がついたのだが……

なんと、また痩せてしまっていた。


ストレスで胃を壊したときから

5~6キロ太ったので

最近はむしろこのまま太りすぎないように、と

心配するようになっていた。


でも、元から痩せ型の人は

太りすぎと同時に痩せすぎにも気をつけつづけないと

いけないのだ、とわかった。


豆乳は、痩せてしまったときに

栄養士に勧められて以来、

イソフラボンも摂れるのでずっと飲んでいたのだが

最近は体重を増やす必要はないのだから、と

飲む量が減っていた。


あとは仕事とか、ジムのタイミングで

パン1枚で済ませたり。

そうしていると、あっという間に

体重が減ってしまう。


そこに、おとついのフラペチーノ攻撃。

あんな暴飲が胃にいいはずがない。

(タダほど高いものはない、とはまさにこのこと。)


今日は1回に食べすぎないよう、気をつけながら

また体重を増やすようにしてみた。

(手っ取り早く、ポテトチップスを食べてみたり。)


f0275876_381314.jpg


家族には申し訳ないけど、2日目も胃のために

サラサラカレーにしてもらった。

アルバートハインのオーガニックの肉団子をプラス。

(時間がなかったので、火が通りやすいよう半分に切ってある。)


ちなみに、きのうも写っているケースは

フムス(ひよこ豆のペースト)。


f0275876_311117.jpg


イチゴを食べてからベン&ジェリーのアイス。

クルミの入ったバナナ味。


* * *

アルバートハインでデヴィ発見。

きのうデヴィのことを書いたばかりだっただけでなく、

デヴィも「たったいま、あなたにメールを送ったところ」と

ニコニコしていた。


(何回も書いた話だけど)

息子が赤ちゃんのとき、

HEMAの前に座って、できたての写真を見ていたときに

話しかけてきたデヴィ。


わたしは高校の卒業アルバムに

インドへの想いをつづったくらいインドが好きだった。

ヨーロッパに1人旅に来たのも

インドの練習のつもりだったし、

大学の卒論はアムステルダムの大道芸の研究で

大学院ではインドの大道芸の研究に行くはずだった。


この間、書いたように、

大学院の試験は時間割に魔法がかかっていたために

受けそこねて失格。

そのとき、泣きながら

「なんとかなりませんか?」と聞いた先生が

実はデヴィの知り合い、と知ったときにはビックリした。


わたしはインドには縁がなかったようで

いまだに行ったことがないけれど、

デヴィからはなにかにつけて

インド的な知恵を授かっている。


「あなたはわたしの娘みたいなもの」とも言ってくれる。


わたしにはお母さんがいっぱいいるなぁ。

そして、縁のある人とはほんとうに

テレパシーで連絡を取り合っているように

ばったり会うなぁ。


そして、今日は本物のお母さんとも電話でゆっくり話した。

楽しみにしていたことが急に不安になってきたので。

やっぱりこういうときは母と話したくなる。


母も応援してくれているから

元気で楽しくがんばろう。
[PR]
by orandanikki | 2013-06-22 03:40