オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
2017年5月20日
at 2017-05-21 02:43
2017年5月18日
at 2017-05-19 04:36
2017年5月17日
at 2017-05-18 02:22
外部リンク


2013年 04月 30日 ( 1 )

ウィレム=アレクサンダー即位式

無事に終わりましたね。

雅子さまの笑顔が見られたことも嬉しかったです。


雅子さまのことを知らない息子が

新教会でまわりの方たちと接するお姿を見て

「すごいね、握手してる、喋ってる」と驚いていたので

どういう方かを説明した。


ひさしぶりに本来の自分らしい場で、

生き生きと楽しまれていたのではないか、と思います。



ウィレム=アレキサンダーのスピーチの中にこんな1節があった。

(だいたいの訳です。)


国王になるにあたり、

妻マキシマのサポートが得られて如何に幸運なことかを実感している。

立場上、自らの自由が時に制限されることを知りつつ、

妻は我々の国を抱きしめ、オランダ人の一員となった。

これからも多くの才能を国王としての私とオランダのために

費やすことを心がけてくれている――

(あくまで、だいたいの訳です。)


マキシマのオープンな人柄が良かったからでもあるけれど

先代も先々代も外国人(ドイツ人)の夫だったし

王室にかぎらず国全体が外国人を受け容れるメンタリティーだから

ますますマキシマは輝いていったのだろう。


色々あってもやっぱり、オランダはいい国だと思える。

(アマーリア王女は将来、どこの国の人と結婚するのかも、興味深い)


まぁ、君主制に反対して1人で路上で抗議していた

共和主義者の女性が、また不必要に逮捕されたとか

おかしなことはあるけれど。

(昨夜のパウ&ウィッテマンでお祝いムードのゲストに取り囲まれ

1人で、もう君主制の時代ではないことを訴える姿はカッコよかった。

今夜も番組に出るらしい。)


セレモニーの笑いどころは色々あって、

息子と楽しんで見ました。


f0275876_2330034.jpg


国民の80%近くが君主制支持者だそう。

テロもなく、穏やかな1日です。
[PR]
by orandanikki | 2013-04-30 23:49