オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年1月19日
at 2018-01-20 03:39
テレヘンさん
at 2018-01-15 22:48
2018年1月14日
at 2018-01-14 18:24
エルセヴィア誌
at 2018-01-13 04:38
55歳の誕生日
at 2018-01-07 18:59
外部リンク


クリスマスのコマーシャル

スーパーマーケットPlus(プルス)のクリスマスコマーシャル。

〈よい食事は、共に食べること〉というキャッチフレーズ。

両親が離婚した女の子が、パパもいっしょにクリスマスを祝いたくて、作戦をたて、グルメット(オランダの鉄板焼き)のミニ鉄板をパパの小さなクリスマスツリーのもとに置いてくる。それをもってパパがママの家に来ると、一同、戸惑いつつも歓迎してくれ、みんなでグルメットを楽しむ、というもの。


これを見て、〈両親が離婚していてこんなふうにいっしょにクリスマスを祝えない子どもが傷ついてしまう〉〈そんな子どもを見る親もつらい〉、という意見が出て、論争を引き起こした。


たしかにそうだけれど、それを言うなら父の日や母の日もそうだし、傷つく要素は社会のなかにいくらでもあると思う。

「コマーシャルが意図するのは、人々の心に触れ、どんな状況であってもとくべつなクリスマスにしよう、というインスピレーションをあたえること」とプルス側は言っているそう(AD紙より)。


勇気のあるコマーシャルだと思う。

そして女の子がとてもステキ。

バスルームでひとりで作戦を練っているところ、物語にぐっとひきこまれてしまう。


オランダ語にはvechten(闘う)と echtscheiding(離婚)を合わせたvechtscheidingという造語があるくらい、親の離婚問題は子どもを苦しめることもあるけれど、親が離婚していなくて温かな家庭で育っても、どこかちがうところで人生がつらくなることもある。

離婚していない家庭が温かいともかぎらない。


それでも、子どもは、人間は、たくましいものだと思う。


いっぱい悲しい想いをしても、楽しい人生にしていけるはず。


2分の動画、よかったら見てみてくださいね。


ちなみに、グルメット。こんな小さな鉄板で個人々々好きなものをのせて焼いて食べるところに、個人主義的な文化があらわれているようで面白い。




[PR]
by orandanikki | 2017-12-16 01:25
<< 2017年12月17日 リスくん >>