オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
2017年11月11日
at 2017-11-12 04:30
外部リンク


愛おしい街

我らがアムステルダムの市長、エイバーハルト・ファン・デル・ラーン(Eberhard van der Laan)さんが62歳の若さでお亡くなりになった。

この夏のZomergastenでの名セリフが何度もテレビで流れている。


「あなたのアムステルダムへの遺産はなんですか?」と訊かれて、

「この愛おしい街が愛おしい街でありつづけること」。


「あなたがアムステルダムをより愛おしい街にしましたね」と言われ、「そうだとしたら嬉しい」と涙をこらえておっしゃっていた。


この街でまだテロがないのは、偶然運がよかったからだけではなく、ファンデルラーン市長が市民と誠意をもって向き合ってきたから。

パン屋さんや犯罪者だった若者とも人間どうし、心を通わせていた。


Zomergastenの中で、アヤックスの若いモロッコ人選手、ヌーリが再起不能になってしまった悲劇について話していた。

とても悲しいことだが、それによってモロッコ人と年間パスをもつ白人のアヤックスファンの心がひとつになったのはすばらしいことだ、と。


その言葉どおりのことが、市長自身の死をめぐっても起きている。

あらゆる市民が彼の死を惜しみ、心をひとつにして、この愛おしい街をまもっていきたいと思っている。


どうかこれからも大好きなアムステルダムが'lieve stad'でありつづけますように。


ファンデルラーン市長、ありがとうございました。



(Zomergastenは今夜、再放送があります。)





[PR]
by orandanikki | 2017-10-07 18:55
<< 2017年10月9日 2017年10月5日 >>