オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
2017年8月30日
at 2017-08-30 20:11
2017年8月28日
at 2017-08-29 03:54
外部リンク


2017年8月23日

f0275876_03440972.jpg


今日は突然ジムのロッカールームで深い会話がはじまって、こちらからお茶に誘って人生について話していた。


挨拶くらいはするけどニガテなタイプだった人。

深い話になったきっかけは共通のジム友だちの近況をたずねたこと。


彼は病気ですっかり弱って年を取ってしまったと聞いて、そこから人生や孤独についての話になった。


彼がわたしたちを繋げてくれたんだろうね、と話した。


正直、まだニガテ意識は消えていないのだが、また機会があれば話してみよう。


10年前に恋人が心臓発作で亡くなり、子どももいないという彼女。


おなじ〈孤独〉という言葉を使っていても、わたしのそれはぬるま湯のようでもあり、状況はちがってもおなじ〈孤独〉のことを言ってるようでもあり……

話しているあいだずっと既視感もあって、なんだかシュールなお茶の時間だった。




晩ごはんはーー


f0275876_04084250.jpg


夫が息子のリクエストで作ってくれた野菜たっぷりな豚の生姜焼き。


おいしくて、温かく、いつも以上にありがたく感じた。


(1枚目の写真はきのうのアムステルパーク。)




[PR]
by orandanikki | 2017-08-24 03:43
<< 2017年8月24日 2017年8月22日 >>