オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
秋のアムステルパーク 2017
at 2017-11-20 04:16
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
外部リンク


2017年7月15日

f0275876_02394117.jpg


Simon Leveltにコーヒーと紅茶を買いにいって、帰りにベートーベンのスタバへ。

アントワープで、ある出版社の方が「読み終わったら世界が変わる」と情熱的に勧めて、すぐに送ってくれた本をさいごまで読むつもりだったのだが……

結局ほとんど隣の席のおばあさんとおしゃべりしていた。

84歳で、きれいでとてもしっかりしたおばあさんだったけれど、きっとおしゃべりしたいのだろうな、と思って。

いろんな、老人ゆえの問題について、ユーモアを交えて話してくれた。

いま訳してる本そのままの世界!


会話がキャッチボールになっていそうで、やっぱり噛み合わない。

それでもべつにかまわない。

「あなただって落ち込むことはあるでしょう? そういうときはどうするんですか? 帰る前によいアドバイスをしていって(笑)」と聞いてみたら、とにかく外に出てさんぽに行くことだそう。

そうすれば誰かと話もできるし、健脚も保てる。

あとは、見た目も大切にすること。ちゃんと時間をかけておめかししているそう。

どれも新しく聞いたことではなかった。

年老いて、体も心も元気でいることにとくべつな秘訣はなくて、地道な積み重ね、ということ。


おばあさんと話しているとき、外をティンカが歩いていくのも見えて、手を振ったが気づかなかった。

ちゃんとした姿勢で歩くのにものすごく集中している、とこの間、言ってたっけ。


みんながんばって今日を生きている。



晩ごはんは夫が和風パスタを作ってくれた。


f0275876_03000531.jpg


野菜たっぷり、ぷっくりげんきな目玉焼きもおいしかった。


ちなみにスタバの袋に入っているのは、燻製アーモンド。


読み終わると世界が変わる本は、明日の朝、ラストを読むことにした。






[PR]
by orandanikki | 2017-07-16 02:38
<< 2017年7月20日 2017年7月14日 >>