オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
最新の記事
2017年8月20日
at 2017-08-21 02:07
2017年8月16日
at 2017-08-17 03:05
読売新聞、テレヘンさん
at 2017-08-15 03:10
2017年8月13日
at 2017-08-13 18:06
アントワープ小旅行
at 2017-08-10 03:47
外部リンク


2017年3月19日



Gerard Reveの名作、De avonden

(〈夜〉の複数形…なんと訳せばいいんだろう)、

読み終わるころにやっと面白くなってきた。


何度か読もうとしてくじけてしまっていた本。

息子に読むように言われていたし、

最近、イギリスで出版されて評判なので

とうとう読んだ。


戦後すぐのオランダの様子なのだが、

わたしが留学してきたころ、

70年代の終わりの雰囲気も感じられる。

(夜、アポなしで誰かの家にふらっと立ち寄るところとか……

なつかしい!)



レーヴェも主人公のフリッツも

息子が通った高校の卒業生という親しみもある。


今朝、読んでいたのは

木炭ストーブの火の付け方について

揉めるフリッツと母親のやりとり。


息子に批判された母が

「わたしはもう30年以上もこの方法でやってるのよ」と言うと

フリッツが、「だったら30年以上、まちがった方法で

やってるっていうことだね」と言うのが、

あまりにも息子と自分に似ていて

息子に読み聞かせてしまった。


(似てるよね?! と言うと

あ、そう? と照れ笑いしていた。)


こういう伝統のオランダで育ってきたから

息子のような口を利くようになるのは

あたりまえなんだ。


「そういえば、フリッツと自分が似てるって言ってたっけ?」と訊くと

「いや、それは『坊っちゃん』だった」 

――英語で読んだ坊ちゃんと自分が似てると感じたのだそう。



この作品、イギリスでは

カミュの『異邦人』と比較されているのだとか。


そして、わたしはテレヘンさんを思い出した。

あの独特の、自分との対話はレーヴェの影響もあるのかも。

昔、レーヴェのこの作品がいちばん好きな本、と

テレヘンさんに聞いて読んだ本も

もう1度、読み返してみよう。


文学はやっぱり、かぎりなくワクワクするもので

長い時間を経てやっとわかったり、

つながったりすることもある――


そんな想いで、今日も仕事をしよう。











[PR]
by orandanikki | 2017-03-19 20:48
<< 三角形 2017年3月16日 >>