オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
2017年8月30日
at 2017-08-30 20:11
2017年8月28日
at 2017-08-29 03:54
外部リンク


2016年12月11日

f0275876_356716.jpg


今日はアンケの本の出版記念会へ。


バッハのクリスマスオラトリオをモチーフに

夫婦のすれちがいを描いた短編小説。


アンケの参加する合唱団のメンバーによるオラトリオと

朗読が交互におこなわれる。


途中でアンケが泣き出して……


まさか、まさか、と思ったのだが

終わってから聞いたら、

思ったとおり。

ご主人に別れを告げられたのだそう。


夏にアンケの家にあそびに行った帰りには

街でやっていたご主人の展覧会にも寄って

昔と変わらない2人だと嬉しく思っていたのに。


この小説に情けない芸術家として描かれたからなのか……

それとも、偶然のタイミングだったのか。

今日はゆっくり話す時間はなかったので、

また今度、ということに。



息子が小学校のとき、

1度も離婚していない夫婦の子どもは

クラスにほとんどいなかった。

(お母さんは初婚でもお父さんは再婚だったり。)


アンケのところはうちの夫婦とちょっと似ているような気がして

まだつづいている仲間のように感じていたのだが。


この小説を読んでいるとき

我が家もギクシャクしていたので、

あるある! と思いながら読んでいた。


こんなふうに書けるのは

それだけ関係が安定しているからなのだろう、と

思っていたけど、そうではなかったんだ。


離婚は、いつ誰に起こるかもしれない、

紙一重のことなのだな、とあらためて思った。


ひさしぶりに会った別のクラスメートのお母さんは

当時の2番目のご主人とは別れて

3番目の人ととてもしあわせそうだった。

彼女も彼女の息子も、当時はタイヘンそうだったけれど、

いまはいい感じに落ち着いている。


人生はほんとうにどうなるかわからないものーー


小説の内容よりも現実のインパクトのほうが強すぎて

茫然としながら帰ってきた。


偶然、となりに座った知的なおばあさんと

人生について心の通い合う

一期一会のいい会話ができたのがうれしかった。


色んな人が、ハリネズミの日本での展開に

興味を示し、喜んでくれたことも。
[PR]
by orandanikki | 2016-12-12 04:36
<< 2016年12月13日 2016年12月7日 >>