オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
2017年10月3日
at 2017-10-04 03:51
外部リンク


2016年3月27日

今日はトーン・テレヘンさんの朗読を

リルヤといっしょにDe kleine komedieに

聴きにいった。


f0275876_3371582.jpg



小さな子どもがいっぱいで、なつかしいね、と話す。


Het Wisselende Toonkwintetという名前のクインテットの演奏と

テレヘンさんの朗読。

Het geluk van de sprinkhaan(キリギリスの幸福)という

なんでも売っているお店をやっているキリギリスのお話。


いつもは本のしずかな世界で味わっているものを

朗読と音楽で楽しむーー


スタイルに慣れるのに少し時間がかかったけれど

若い作曲家でギタリストの

Corrie van Binsbergenさんは

こういうふうに感じて、

こんな音楽にしたんだ、というのを知るのも楽しかったし、

テレヘンさんの朗読を聴くのも楽しかった。


これで、あとがき執筆の要素がすべてそろったから、

楽しいあとがきになるようにがんばろう。


f0275876_3474366.jpg



「わたしはいいから、リルヤに2回、サインしてあげて」とお願い。

リルヤは詩を書くので、友だちにプレゼントしてもらった

テレヘンさんの本を持参していたのだ。

(リルヤが手にしているのが今日とおなじ内容のCD。)


「サキはぼくの本を日本語に訳してるんだ」と

クインテットのメンバーに言ってくれてるところ。


f0275876_3512478.jpg



写真を撮ってくれた女の子が「好きなのをえらんで」と

いっぱい撮ってくれていたので、

自然な写真が撮れていてうれしかった。

今度、自分が頼まれたらこの方法を真似よう。



とっても楽しかったね〜! と言いながら歩いているとーー

f0275876_356308.jpg



きれいな二重の虹が見えた。


興奮さめやらぬ2人。

「これはなにか意味があるのかな?!」

「わたしたちのお父さんが空から見ててくれるんじゃない?」


そんな時をリルヤと共有できました。


テレヘンさんにはまた会える。

テレヘンさんも楽しみにしてくれているのがうれしい。

がんばらなくては!
[PR]
by orandanikki | 2016-03-28 03:57
<< 2016年3月31日 2016年3月26日 >>