オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年4月30日
at 2017-04-30 22:06
2017年4月29日
at 2017-04-29 23:57
小川洋子さんとのトークイベント②
at 2017-04-27 23:07
小川洋子さんとのトークイベント
at 2017-04-26 21:07
2017年4月23日
at 2017-04-24 02:16
外部リンク


2016年1月21日

体に問題があってきのうはホームドクターへ。

体調はいいのに問題はある……

健康ってなんだろう?! とあらためて考えている。


最近、1時間ウォーキングにはまっていて

今日も夫とひたすら1時間歩いた。


今日は霧が出ていて寒くて写真は撮らず。

日曜日にひとりで歩いたときは

薄っすら氷がはりはじめてきれいだった。


f0275876_0263773.jpg




夫と歩きながら生真面目な夫と自由人だったわたしの

ちがいについて話した。


自分がやりたいか、やりたくないかを物差しに動いていたわたしは

ゼミ旅行は途中参加で帰りは自分だけ居残る、とか

自由気ままに行動していた。

(前にも書いた大学院のときの話。)


みんなとちがう時間にお風呂に入っていたら

学部の女の子がひとり入ってきて

こんな自分を「センパイ」と呼んで話しかけてくれるのが

新鮮だったり。


途中参加なので、みんなとちがう時間に

ひとりだけバスのなかでみんながすでに食べ終わったお弁当を

取っておいてくれたので食べたり。


帰りはまたみんなとおなじ電車で帰るのがイヤで

「お墓参りしてきます」とひとりで残ったり。


だれになんと思われてもぜんぜん気にならなくて

〈自分は自分〉をひたすら貫いていた。


(最低限、みんなにメイワクにならないかは考えて

発表に穴を開けないようにはしていたけれど。)



いまはさすがにそんな人ではなくなってしまったので、

その潔い女の子ってほんとうに自分?! と

不思議に感じたりする。


〈変わり者〉でとおっていたのでラクだったな。


よし、オランダに行こう!

よし、プラハに行ってこよう!

真冬で極寒でもぜんぜん平気!

……そんなふうに生きていたころがなつかしい。


わたしは一生、そうやってひとりで

自由で寂しく、そして楽しく生きていくのだと思っていた。


体が弱っているせいか、ひさしぶりにおセンチ(昭和の表現)に。


でも1時間、歩けるんだよなぁ。


体も心もフクザツだな。
[PR]
by orandanikki | 2016-01-22 00:49
<< 2016年1月23日 2016年1月15日 >>