オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
秋のアムステルパーク 2017
at 2017-11-20 04:16
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
外部リンク


2015年3月11日

f0275876_4213123.jpg


東日本大震災から4年。

毎年、この日は日本の友人が言ってくれた

〈適材適所〉という言葉を思い出す。


それぞれの人が自分にいちばん合った形で

社会になにかをしていくしかないのだ、ということ。


わたしにできることはだれにも訳せないものを訳すこと。

読むことによって少しでも考えたり感じたりしてもらえるように

橋渡しをすること。


それからここできちんとまわりの人と

コミュニケーションを取ること。

異文化間の相互理解につながるように。


直接的には震災とまったく関係ないけれど

震災の直後に感じた深い無力感を忘れずに、

自分にできることを大切にするしかない。


今日は作家のおばあさんのお宅で

ひさしぶりにゆっくりお話しした。

何年か前に会ったときは議論がヒートアップしてしまったので

少し心配だったのだが、

穏やかななかにも深い話ができて

いっしょに大声で笑い合うこともできて

楽しい訪問となった。


再会のきっかけは息子がつくってくれたのだった。

自分の研究でおばあさんの記事を読んで

すごくいいから読んで、と教えてくれたのだ。


昔、息子が幼稚園児だったころに

いっしょにおばあさんの家に行き、

お孫さんたちとあそんだこともあったのだが

記憶になかった息子はビックリ。


おばあさんにも息子がこのあいだ書いた記事を読んでもらい

成長をよろこんでもらった。

この2人はいつかきっと会うことになるだろう。


帰るときに、震災からちょうど4年の日だったので

よい時間を過ごせてうれしかった旨をつたえた。


* * * * *


南駅から歩いて帰るとちゅう、

後ろから走ってきた人に「わっ!」と言われて

おどろいて振り向いたら

このあいだ、傘がおなじだった友だちの笑顔があって

ますますうれしい気持ちになった。


しかも、彼女がわたしにメールして

うれしい話を伝えようと思っていたら

またいつもどおり、ばったり会えてしまったという。

ほんとうに不思議な友だちだ。


5分ほど楽しい話をしながら歩き、

震災の日だから会えてよかったねと言って

ハグしてお別れした。
[PR]
by orandanikki | 2015-03-12 05:22
<< 2015年3月13日 2015年3月10日 >>