オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月26日
at 2017-05-26 22:29
2017年5月25日
at 2017-05-26 02:52
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
2017年5月20日
at 2017-05-21 02:43
外部リンク


デヴィと地蔵菩薩

きのうはひさしぶりにデヴィとゆっくり話して

日本でのことや仕事のことを聞いてもらった。


オランダ語の記事のコピーももっていって喜んでもらった。

ぜったいにできると思ってたよ、と言ってくれた。


息子の記事の載った雑誌も見てもらった。

親子で1ヶ月以内にはじめて雑誌に掲載されたのは

やっぱり不思議な偶然。

〈はじめて〉は1度しかないのだから貴重な、意味のあることだと思う。

子育てと仕事がぎゅっと凝縮されたようなできごと。

それをデヴィもわかっていっしょに喜んでくれた。


マイナスなできごとに関して、デヴィはなんというかな、と

ちょっと不安だった。

お説教めいたことを言われるかもしれないと思っていたのだが、

もうあなたにできることはないのだから、それでいいんだよと

言ってくれた。


そして、バッグの中からきのうの栞を出してプレゼントしてくれたのだ。

熱心にサンスクリット語での名前とか、

いつも棒を手にもっていることとか、

子どもを助けてくれることとか話してくれるのを

ふんふんと聞いていたら突然、あっと気がついた。


「これ知ってる!

……父方の霊園にあって、いつもかならずおまいりしている!」


そういえば秋に撮った写真もあるはず、と探して

デヴィに見てもらったのがこちらーー


f0275876_1944510.jpg



そう、これのことよ! というデヴィと

あぁ、これだったんだ、と納得するわたし。


いままでの〈インド人〉〈日本人〉という関係を超えて

根っこのところが繋がった瞬間だった。


若いころ、インドの文化に興味をもっていたけれど

自分とは異なるものとして捉えていた。

歴史の授業で大乗仏教が…と習ったことも

暗記しただけで、日常のお寺で手を合わせることとは

自分のなかでつながっていなかった。


デヴィをとおして生身で文化を感じ、

時の流れの壮大さを俯瞰したようなひとときだった。


f0275876_19113014.jpg



書いてくれたサンスクリット語。


f0275876_1913918.jpg


ウィキペディアに載っていた。


地蔵菩薩はサンスクリット語ではクシティ・ガルバ。

クシティは「大地」、ガルバは「胎内」「子宮」の意味で、

意訳して「地蔵」としているそう。


「菩薩」をウィキペディアで調べると、

デヴィの書いてくれた〈ボーディ・サットバ〉といういう言葉が出てくる。

サンスクリット語だったんだ!



不思議だな。

(また何度も書いた話になるが)

インドで大道芸の研究をするはずが

大学院の試験の時間割を見まちがって失格。

オランダに留学することになり、

ショッピングセンターで声をかけてくれたデヴィは

わたしが大学院でお世話になるはずだった先生の知り合いだった。


インドに行く縁はなかったけれど

オランダで出会った〈インド〉がデヴィで、

栞をとおしていちばん身近な原点のような

地蔵菩薩に再会したーー


たった1枚の栞だけれど、

デヴィのわたしへの気持ちによって

壮大な世界と小さな自分が繋がっているようで

しずかにワクワクしている。


……そんなお話でした。
[PR]
by orandanikki | 2015-02-10 19:56
<< マス料理 地蔵菩薩 >>