オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
2017年10月3日
at 2017-10-04 03:51
外部リンク


シンクロニシティ

日曜日、シルバーネットのふゆこさんの講演会に行ってきた。

f0275876_16103566.jpg



西洋と東洋が繋がるところ

―シンクロニシティの不思議な世界と

日本伝統詩歌の魅力―

というタイトル。


シンクロニシティは意味のある偶然の一致。

〈共時性〉と日本語に訳されるが

わたしがいつも起こるたびにここに書くようにしている

〈偶然ばったり〉のエピソードもそれにあてはまる。


ふゆこさんにお誘いいただいたのだが

おたがい同じようなシンクロニシティ体験で

人生が成り立っているので

逆に聴かなくても知っている話、という感じもしていた。


聴いてみると、ほんとうに同じような

可笑しなエピソードで人生が満載。

でも結局、それがすべて必要なことであり

自然と正しい方向に向かっているのも

わかるわかる、と聴いていた。


さいごにふゆこさんが振ってくださったので

ちょっとだけ、相変わらず緊張しながら

『よい旅を』が出版できたいきさつを話させてもらった。


それからシンクロニシティが起きているときの

フィーリングの良さと

前髪がぴんとアンテナのように立っていることも話して

笑ってもらう。


シンクロニシティに気づくことが第一歩、

もっと進んでいくと知らずによいものを引き寄せられる――

その方法をふゆこさんもわたしも

みんなと共有したいと思っているのだ。


詩歌のお話も興味深かったので

またふゆこさんといっしょになにかをやりたいね、と

はじめて会った方と盛り上がって話していた。

この方もすっと話しかけてくれて

帰るときにはすっかり友だちのようになっていた。


それから、本のことを聞かせてほしいと

お年をめされた男性の方に声をかけていただいた。

以前、安楽死の話をさせてもらったときにも

いらしていた方で、ちょっと恐いイメージだったのだが

お話ししているあいだにやわらかな笑顔を見せてくださって

とても楽しい会話となった。


大阪の民博でわたしの留学したいという熱弁を聞いて

「さきさんの目を見たら、

この子を助けないといけないと思いました」と言ってくれた

人生の恩人のヤン。


実はヤンは昔々、このKさんのところに相談に言って

日本語を習いはじめたのだそうだ。

「じゃあKさんがいらっしゃらなかったら

わたしが大阪でヤンに会うこともなく

わたしはいま、ここにいなかったのかもしれませんね」と話す。


「ヤンのあのひょろっとした姿がなつかしいねぇ。

ほんとうにいい人だったね」という言葉を聞いて

頭のなかにありありと姿が浮かんできて

涙が出そうになった。


「これもなにかの不思議な縁だね。

これからもよろしく」と言っていただく。

嬉しい出会いだった。



奥さまやご主人、ご主人のお父さまなどが

日本軍抑留所にいた、という話も

数人の方が聞かせてくださった。

ほんとうに身近な、重要なテーマであるのだと

あらためて思う。

本という形にできてよかった。


シルバーネットの会に参加させてもらうのは

新年会以来だったけれど

今回もとてもいいエネルギーに満ち溢れていた。

また次回が楽しみだ。



これはきのう買い物にいくときに見た空。

f0275876_16425310.jpg



三角な感じが好きだったので。


これからも〈偶然ばったり〉を追求していこう。


ふゆこさん、ありがとうございました!
[PR]
by orandanikki | 2014-09-23 16:56
<< ダジャレ 9月21日 >>