オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月28日
at 2017-05-28 23:53
2017年5月26日
at 2017-05-26 22:29
2017年5月25日
at 2017-05-26 02:52
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
外部リンク


はたちの夜に

昨夜は4人でお好み焼きでお祝い。


いつもは夫がキッチンでまとめて焼くのだが、

きのうはこんなふうに――


f0275876_20121180.jpg



ゆっくりと、焼いては食べ、


スローに楽しんだ。


夫の出番かと思ったら、

息子が楽しんで焼いてくれた。

大人になった自分を祝うかのように。


準備をしているときに

トラさん(義兄)から電話があって……


夫か息子に替わろうとしたのだが、

めずらしくわたしと長話になった。


なんと彼はわたしが切迫流産しかけて

ワタナベ病院に入院していたとき、

柳川からお見舞いに来てくれたのだった。


まったく忘れていたのだが、

思い出すと涙が出そうになった。


いまは一人暮らしで家が広すぎて寂しそうな義兄。

いっしょにお好み焼きが食べられたらよかったな。



焼き上がったお好み焼きを4等分して食べながら、

わたしや夫のはたちのころの話をする。


わたしは成人式の振袖代わりに

スペイン・ポルトガル旅行に連れてきてもらい、

経由地のアムステルダムの街角で

英語が通じたのが楽しくて、

オランダ、いいなと思った。


帰ってきてしばらくして

母が新聞の〈オランダ語講座〉の小さな切り抜きを取っておいてくれて

オランダ語を習ってみることに。


2月、スペイン・ポルトガル旅行

     ↓

4月、オランダ語を習いはじめる

     ↓

7月、ヨーロッパ1人旅でますますアムステルダムが好きになる、


そんな流れのはたちだった。


「母が切り抜きをくれなかったら、

いまこうして4人でここにいなかったかも!」と話す。


夫のほうは調理師学校を卒業して

はたらきはじめたところ。

上司にアムステルダムに行く気があるか、聞かれたが、

まだなにもできないのでいまはまだ行きたくないと断ったそう。


「もしはたちでオランダに来ていたとしたら……」

「やっぱりわたしたちはいまここで4人でいなかったんだ!」


人生はほんとうに不思議。


わたしはその後、どうしてもオランダに留学したくて、

オランダ政府の奨学金に1回目のトライで落ちたとき、

わ~っと泣いて、う~んと考え、

とりあえず大阪の民博にいたフリースラント語が専門の

先生に会いにいったら、

ちょうどそこにオランダ人の人類学者が来ていて――


「さきさんの目を見たら、

この人を助けないといけないと思いました」と後に言ってくれたように、

彼のおかげで留学することができたのだった。


だから、すごくなにかを望んで、

それが起こるべきことであれば

きっと実現するはず……


将来の夢をもっている彼女に話すと、

わたしもきっとそうだと思っていると言っていた。


色んな話ができて、とてもいいお誕生日でした。



デザートは、

f0275876_20182982.jpg


ホットプレートをきれいにしてスライスしたリンゴを

バターとシナモンで焼き、

さっとひとっ走り、アルバートハインで買ってきたシナモンアイスと合わせて。


f0275876_20342090.jpg



さっぱりとおいしかった。


ほろ酔いの息子の横で彼女がフフッと笑いながら

赤ちゃんの息子のアルバムを見ていて、

「ほんとうに機嫌のいい赤ちゃんでかわいい!」と言ってくれたのもうれしかった。

(子どもができたらあなたに似るといいね、と後で言ってくれたそう。)



きのうのことも家族のアルバムの1ページ。

未来のある日になつかしく思い出せるといいな。
[PR]
by orandanikki | 2014-08-29 21:00
<< 9月1日 8月27日 >>