オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年7月22日
at 2017-07-23 05:43
2017年7月20日
at 2017-07-21 03:28
2017年7月15日
at 2017-07-16 02:38
2017年7月14日
at 2017-07-14 23:52
2017年7月12日
at 2017-07-13 02:17
外部リンク


翻訳の仕事

ウィレム・ユーケス著『よい旅を』が

新潮社から刊行されました。


書きたいことはたくさんあるのだが

またいつの日か、時間を経てから。


日本で読んでくださる人たちの気持ちも考えたし

ユーケスさんの気持ちが誤解されないように

ということも考えて

話し合いを重ねて、言葉をえらんだ。


よい翻訳者がするのは筆者の言葉を正確に伝えることだけだから

そんな必要はない! とオランダのある方に言われたときには

日本人であるわたしが日本の友人の気持ちを考えないわけにはいかないし、

このままでは読者に誤解されるとわかっているのに

そのままにしておくこともできない、

よい翻訳者でなくてもいいからそれだけは譲れない、と思った。



いちばんに読んでくれた広島の友人は

苦しい気持ちを正直に伝えてくれたし

それでも読んでよかったと言ってくれた。

その言葉を大切に、忘れずにいたい。


谷川俊太郎さんの帯はほんとうにうれしかった。

この仕事のわたし個人にとっての意味合いが

谷川さんからお言葉をいただけたことで変わったし、

別のところからす~っと光をあてていただいた感じがした。


色んな偶然が重なって、

多くの人に読んでもらえる本に仕上がった。


翻訳はやっぱりわたしにとって大切なこと。

『天国の発見』や『ヨーロッパの100年』のような大作だけでなく

この本を訳すこともわたしがオランダにいる意味だったのだと思う。



これからも地味~に、

感謝の心とともに

自分なりに仕事をしていこう。



f0275876_1929611.jpg

[PR]
by orandanikki | 2014-08-03 19:34
<< 子離れの夏 7月31日 >>